FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 休止していた教室活動は6月から再開しています。
 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 08月06日(木)公会堂1号13:00~(共通)(7月からの日程)
■金曜教室
 08月07日(金)多目的S中10:00~(各自)(7月からの日程) (座間谷戸山公園は一旦中止となりました。後日改めて…とします。)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。8月4日から再開する予定です。

 

T教室:公会堂1号(共通)/鉄橋のある風景・夕暮れ時(柏尾川)(途中段階です)  

 本日は久しぶりに公会堂1号会議室。
 課題はこちらの風景です。

200806

 今日は、こんな装置を作って、動画撮影にも挑戦してみました(笑)。
 時代はどんどん変化していますから、乗り遅れてしまうわけには行きません(笑)。

200806 200806

 ところが、デモをしながらおしゃべりをしながら、しかも動画を撮影というのは一人でするには結構たいへんです。ついついスイッチを忘れてしまいます(笑)。
 何とか最終段階のデモ()では撮れていたものの、これを皆が見られるように編集する作業があります。これを覚えなければならないのです。これにはもう少し時間がかかりますから、いつになることやら…です。
 期待しないでお待ち下さい。


 というわけで、いつものように最初のステップです。
 下絵は、殆ど薄くて見えないほどのアタリだけですので省略です。

◆第一ステップ

200806

◆第二ステップ
写真を撮り忘れました。
 と思ったら、動画の中にありました。こんな感じです。

200806

◆第三ステップ

 風景が複雑ですから、いつものようには進みません。
 これは第三ステップと言うには、いつもほどには進みません。大雑把に「こんな雰囲気で」というのをわかってもらうために描いているようなものです。特に、右上の方は第二ステップのままですね。

 これから仕上げに向けてどのように絵が進むでしょうか。
 私も楽しみです(笑)。

200806

 皆さんも大分苦戦していたようですが、終了時にはご覧の通り。
 皆さんも、(もちろん途中段階ですが、ここまででも)なかなかの出来栄えです。私の絵は完全に埋もれています。

200806

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

久々の遊彩会:静物を描く  

 本日は久々の遊彩会でした。振り返ってみれば丸5ヶ月の空白です。
 しかし、開始はいつものように…でした。

 まず、この空白の期間の宿題。皆さんが描いてきた「茅葺の家(街)の雪景色」の講評です。
 ですが、掲示板での講評を始めてから私の講評の仕方が少し変わってきたような気がします。

 その後は、いくつかのテーブルに別れて、それぞれが持ち寄った静物を描いていきます。

 しばらく休止期間に絵を描いてきた方の作品を見せてもらったり、皆さんのテーブルを回ってアドバイスしたり、時にはデモをしながら、絵(今日は特に下絵)の描き方のコツのようなものをお話したり…でした。
 そんなわけで、今日は私が描いたものは無しです。
#せめて皆さんが描いているところを写真に撮っておけば良かったかもしれません。

 しかし、時は新型コロナ感染者の増大が話題になっているところなので、以前より終了時間も早めになりました。
 こんな状況をいつまで続ければ良いのでしょうか。


category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

佇むヨット:F6(江の島ヨットハーバー)   

200803

 先日、江の島ヨットハーバーへ絵を描きに行った時のこと。

 あいにくの雨でしたので、それを避けながらヨットの下で雨宿りをしながら描いていたら…案の定追い出されました(苦笑)。
 簡単な下描きだけは描いていたので、今日はそれに着色してみました。
 雨降り天候だからといって、そのまま描いては面白くないので、明るい日差しをうけているつもりで描いています。

200803


 以下は、いつものように私の水彩画法を紹介しましょう。

■第一ステップ

 第一ステップはベースとなる色を置きながら、ハイライトとして残すべき箇所を確かめて行きます。
 同時に、下絵は簡単なものですので、デッサンを確かめる意味もあります。

200803

■第二ステップ

 基本的にはどのような場所も、色の三要素である明度・彩度・色相は三段階まで表現できれば、絵は一応出来上がっていきます。
 この段階は2段階目の濃度を探して色を置いていくと考えていいでしょう。

 そうやってデッサンを確定しながら、全体の雰囲気を作っていきます。

200803

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

T教室:江の島/ヨットハーバーの風景:F6(江の島ヨットハーバー)  

ヨットハーバーの風景:F6(江の島ヨットハーバー)

 延期つづきの江の島スケッチでしたが、ようやく本日実施しました。
 ところが、本日は最初から雨模様。結局昼過ぎまで雨に降られてしまいました。ようやく雨宿りできるところを見つけて描きましたが…。

 「江ノ島駅」を降りて、集まったメンバーと「江の島」へ向かいます。今日は江の島ヨットハーバーで描こうというわけです。

200730 200730

 「江島神社」の参道の眺めを撮影して、ヨットハーバーへ。この辺りから雨が降ってきました。ちょっと早すぎます。
#お気づきでしょうか?発音は同じでも全部文字が違うのです。

200730

 陸上のヨットも見ながら、絵を描けそうな場所を探します。

200730 200730

200730 200730

200730 200730

200730 200730

200730

 そして、引き上げられたヨットの下で雨宿りしながら描くということにしたのですが…。
 しかし、(案の定ですが…)結局「そこは駄目だ」と関係者に注意され、スゴスゴとそこは引き上げました。
#下描きだけの絵も、いつか完成させられるでしょうか。

200730 200730

 その後、候補の場所を探したのですが、ヨットハーバーの展望台でならOKという聞くことができ、こちらで三々五々、描くことにしました。この写真は、私と一緒に固まって描いていた仲間です。別の場所で描いていた仲間が撮影してくれていました。
 描いている間も雨は降り続き、結局昼過ぎまで降っていたようでした。

200730 200730
200730

 帰り道、改めて江ノ島駅を見れば、駅舎も改装されたようできれいになっていました。オリンピックに間に合わせたのでしょうが…。
 水族館も(デジタルの窓でしたが)開設されていました。

200730 200730

*     *     *     *     *


 本日の私のスケッチスタイルです。パレット台の改造案をご紹介します。
 ダイソーのテーブルクリップ?に従来の○型に、新たに□型が加わったようです。○型は水、□型には(牛乳パックが入ります)筆を入れています。
 それぞれを左右に置けばバランス良さそうです。クリップのつまみが大きくて邪魔なので片方をカットしてしまっています。それによってコンパクトにすることもできました。パレット台さえ作れば、この方法は使えるんじゃないでしょうか。

200730

200730 200730

*     *     *     *     *


 さて、本日の成果です。
 こういう天気の時、しかも時間が限られてしまっている時は、私は欲張りません。描くものを選び、余計なものは省略して描こうと考えスタートしました。
 
◆第一ステップ

 いつものように大雑把な色を載せていきます。

200730

◆第二ステップ

 この段階に来ると、少し雰囲気ができ始めているのがわかっていただけますでしょうか。

200730

◆第三ステップ

 本日はここまで。(写真は自宅で撮影したものです)
 途中で空が明るくなってきたので、それに合わせて絵の方も光が強くなってきました。
 この後、仕上げとなります。

200730

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 1

F教室:旧住友家俣野別邸/初夏の俣野別邸:F6  

初夏の俣野別邸:F6

 本日は、旧住友家俣野別邸。
 このところ、天気予報がことごとく外れるかのような印象で、なかなか外スケッチが上手く実施できないでいたのですが、本日は何とかできそうな感じだったのででかけました。
 私がここを訪れるのは二度目。前回は快晴の天気だったのですが、今日は曇り空。空が明るくなって来たかと思えば小雨がパラついたり…と、なかなか難しい天気でした。

 交通機関の都合で、現地への到着時間も様々だったこともあって、本日は、皆さんもアチコチに分散して描くことになりました。
 私が選んだのはこちら。
#しかし、うっかりして他の場所の撮影を忘れてしまいました。この写真も、絵を描き終わってから思い出して撮ったものでした。

200724

 最近は、掲示板の方で私の水彩画法を紹介しているのですが、今日は以前のように、今日の段階までの絵を紹介しておきましょう。

◆下描き段階

 これも、後から他の人に説明するために表現を少し強めたもの。つまり鉛筆では<アタリ>程度にしか描きません。

200724

◆第一ステップ

 最初の下塗り段階。
 今日は湿気が多いので、あまり水は遣わずどんどん描き勧めています。水を多く使う描法だと、こういう日は時間ばかりかかって上手く進みませんから…。
 この段階で大切なのは、
①光を感じながら…ハイライトとして白残しすべきところをどこにするか考えつつ進めること。
②遠近感を意識しながら…色の色調を考え色を落としていくこと。

200724

◆第二ステップ

 本日は早い段階で、陰影の強さを加えてみました。
 陰影を強く描くということは、形を明確にすることです。鉛筆でのぼんやりしたデッサンをここで確定することになります。
 ここまで描くと絵にも大まかな雰囲気ができてきます。
 あくまでも明暗を意識することすることが大切、暗いところは暗く描くのです。例えば窓ですが、窓枠を描くより、窓の中を暗く表現することの大切さがわかってもらえるでしょうか。

 ここまで描けばあとは仕上げの段階。
 全体の色調、明暗のバランスやら、絵のメリハリやら、絵をより魅力的に見せるための工夫やら、絵全体の調和を考えながら仕上げていくことになります。

200724

 

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 1

T教室:多目的S(各自)/  

  6月以降、区民センターの多目的Sが使えるようになったのは嬉しいのですが、ソーシャル・ディスタンス確保のために定員を18名に抑えられしまい、いつも不自由をしています。
 前回は定員より多い人の希望があったのですが、希望を叶えることができませんでした。本日は定員ギリギリの人数でした。

 今日は各自のモチーフを描く日ですので、私の方は皆さんの希望に応じてアドバイスをしたり、補筆したりして回りました。
 そして、最後にこれほどたくさんの絵が並びました。
 短時間で、これだけの絵が並ぶのは圧巻ですね。

200716 200716

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

F教室:多目的S中(共通)/初春の境内:F6(京都南禅寺)  

初春の南禅院

 本日は、共通画題を皆で描いてみようという日です。
 相変わらずの定員制限の中だったのですが、本日は定員オーバーの込み方で、何人か帰っていただく羽目になってしまいました。私の不手際もあり、申し訳ないことをしてしまいました。
 それにしても、(免罪符のような)ソーシャルディスタンスのもとの飛び飛びの座席配置。活動内容も違うのに、こんなことに意味があるのでしょうか。最近の様々な情報、国の対応を見ていると疑問に感じることも多々あります。

 本日の画題は初春の南禅寺境内です。
 構図は単純ですが、柔らかな樹林としっかりした建造物、それに落ちる初春の光と強い影。いろいろ勉強するには良い画題かと考え選んでみました。

 200710

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 1

T教室:山下公園/停泊する飛鳥:F6  

停泊する飛鳥:F6

 九州の豪雨(線状降水帯)が各地に大きな災害をもたらしています。
#私も、36災害(昭和36年伊那谷集中豪雨災害)を経験しているので、その大変さは良くわかっているつもりですが…。
 横浜方面も雨模様の天気が続いており、天候を心配しながらも山下公園にでかけました。このあたりは、雨宿り出来る場所もあるので天気は不安でしたが、強行したわけです。

 当初、山下公園で描こうと思ったものの、このあたりには雨宿り出来る場所が乏しいので、皆さんとともに象の鼻パークの方に移動しました。
 もちろん、新しいスケッチポイントはないかと、探しながらの移動でした。

200709

200709

200709 200709

 最近は、みなとみらい地区もビルラッシュのようですが、新しいビルが建つ度に、景観が壊れていくようになったようです。ランドマークタワーへの長めを手前のホテルが阻害しています。

200709 200709

200709 200709

200709 200709

 そして結局いつものところに戻ってきました。

200709 200709

 今日は、雨宿りをしながら、この2枚の風景を合成するような形で描いてみようと思いました。

200709 200709

 幸い、雨は時折ポツポツとほんの小雨程度のものが落ちてきただけで、何とか続けることができました。
 本日は、このあたりでTVドラマの撮影をしていたようですが、なんと大掛かりな…と思わせるほどの大人数でした。

 本日の絵はここまでです。

200709

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

ガラケーをiPhoneSEに替えました  

 3年近く使ってきたガラケー(ガラパゴス携帯)ですが、周囲もスマホが多くなってきたようなので、(6月16日)「iPhoneSE」に変更しました。
 これで、iPhone、iPad(契約停止しましたが、iPhoneのテザリング機能をつかって見ることだけはできるようにしています)、iMacの環境になりました。
 ただ、すべてをMacに移行させることができず(お金をかければ可能なんですが…)、Windowsでないとできないこともいくつか残っていますので、当分はWindowsとの併用環境です。

 これを機会に、携帯(Mobile)とPCの連携環境を見直しましたので、それでも随分便利になりました。

 次は、動画撮影を…と、機会があるたびに試みているのですが、まだ決め手が見つかりません。
 大げさにならないように、気が散らずに絵を描きながら動画も撮れる…なんて方法を考えているのですが、なかなか思うようにいかないでします。結局は三脚(スタンド)を使うことになるのでしょうか。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

ちょっとしたトラブル  

 私のこのブログも、絵を始めたものの先がどうなるかわからないまま開始したものが今まで続いています。

 しかし実は、ネット上にこうした文章を載せるのは、このブログを始める以前からホームページを作ったりしていたので、恐らく1990年代からのことです。そこでは定期的に文章も書いていましたので、ブログにした方が良いような文章も、ブログが一般化する以前の2000年頃から始まっているようです。

 もっとも、その頃は仕事でやっていたことなのでレンタルサーバーを使っていたのですが、仕事をやめると同時に無料のサーバーやブログに切り替わっていきました。
 それも固定ではありません。プロバイダーが替わるなど何らかの事情があって、あちこちのサーバーやブログに書き散らすようになっていきました。リンクさえ張っておけばそれらが生きるわけですからそれで良いのですが…。

 ところが今回、ウィルス対策ソフト「ノートン」で、これらの中のあるサイト(「教室のスケジュール」や「自己紹介」)が「危険サイト」と表示される(見られなくなったのかどうかまではわかりません)ようになってしまったようなのです。
#実際には危険でもなんでもないと思うのですが、サーバーを提供している側の何らかのシステムが、ノートン側からはそう認識するのでしょう。

 いずれは、システム側も対策をすることになるでしょうが、だからといってそのままにしておくわけにはいかないので、急遽、別のサーバーを使うように改めています。
 とりあえず、これで、通常使う場面では問題ない程度に、最低限のものは救済できていると思います。

#まだ、検索画面ではしばらく影響が残ると思います。また、些細な文章のリンク先の変更までは手が届きにくいので、完全な改修には時間がかかるとは思いますが…。 

 皆様に影響が及んだ方はほとんどいないとは思いますが、取り急ぎお知らせ致します。

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: 0

F教室:芹が谷公園/林間の四阿(あずまや):F6  

 200627serigaya

 本日は、昨日の予定を順延した芹ヶ谷公園です。
 昨日が、途中からとても良い天気になったのに、本日は曇り空でスタート。終日曇り空の天気予報、しかも蒸し暑いです。

 芹が谷公園ももう何回か来ていますが、いい公園ですが絵を描くには(絵を描くポイントを見つけるのに苦労をするという意味で)なかなか難しい公園です。
 他のグループも絵を描きに来ていました。重○さんという方のグループのようでした。

200627 200627

200627 200627

200627 200627

200627 200627
 
200627 200627

200627

 本日は三々五々分散して、思い思いの場所を陣取って絵を描くことになりました。
 そして、私が選んだのがこちらの風景。下の写真は、終了間近で太陽の光を受け始めた頃の写真です。

200627

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

T教室:マリンウォーク横浜/対岸のぷかり桟橋:F6  

対岸のぷかり桟橋:F6

 本日は小雨の降る中、新港埠頭ハンマーヘッドへ出かけました。
 午後からは雨が止むという天気予報でしたが、ハンマーヘッドに建設された飲食関係施設やらコンチネンタルホテルなどを眺めながら、描けそうな場所を探したのでしたが、今日のメンバーは船よりやはり風景という意見が多く、密かに目論んでいたこちらの風景を描くことにしました。
 しかし、こちらも新しい橋の建設工事が進んでいて、なかなか思うようにはいかないものです。

200625 200625
200625 200625

 結局絵を描き始めたのは12時近くになっていました。
 それでも、おかげで暑くもなく、気持ちよく絵を描くことができました。

 帰る頃には、空には一部青空も見えていました。

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

F教室:多目的S中(各自)/  

 本日は、コロナ自粛明けの多目的Sによる教室2回め。

 本日から越県移動が解除されるからというので、教室の利用も制限がなくなるかと期待していたのですが、残念ながら前回と同じ制限のままでした。
 おかげで希望しているのに参加できない人が何人か出てしまいました。

 本日は新しい人もいたことから、皆さんの絵にできるだけ手を入れてあげるような進め方をしました。

 皆さんの立派な絵はたくさんできたのですが(写真を撮っておけばよかった)、私の画像はなしです。

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

T教室:舞岡公園/梅雨時の古民家:F6  

200618maioka_f6

 コロナの自粛が解けたと思えばもう梅雨入りです。

 多少天候は不安でしたが、今日は舞岡公園で絵を描くことにしました。
 この時期は緑も深くなって絵を描くにはなかなか難しい季節ですが、幸い、紫陽花(アジサイ)が咲いていますのでそれを入れて描くことにしました。
 同じアングルで2年前に描いた絵もありますが、何とかそれよりもいい絵にしたいものです。

 なお、今回は、あまり他の場所の写真を撮っていませんでしたが、この場所に関しては、後でわからないところも見られるよう、少し場所を変えてアジサイの雰囲気を撮っています。

DSC04735

DSC04735 DSC04735

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

F教室:横浜ベイサイドマリーナ/マリーナの舟:F6  

200612YBM

 本日、教室開始2日目は横浜ベイサイドマリーナ。
 ここも本来なら4月初旬にオープンしていたはずなのだが、コロナの影響で6月に延びていた。

 新しい施設がどんな風になっているのかを確認したくて、スケッチがてらでかけたというわけである。

 下車駅はシーサイドライン「鳥浜」駅。
 このあたりは工場などもあり、こういうところも描く気になれば描けないわけじゃない。

200612 200612
200612 200612
200612

 一応、新しいアウトレット店舗の中を通り過ぎて目的の場所へ出た。

200612 200612

200612 200612
200612 200612
200612 200612

 そして、毎度のことになっているかもしれないが、この日も皆さんと一緒にここで描くことにした。

200612 200612

 途中雨になるとの天気予報も覆して、天候にも恵まれていた。ここまで描いたところで終了。

200612

 風は気持ちよかったがやはり暑かったので、有志で、CブロックのFOOD HALLで冷たいものを飲みながらしばらく休憩。
 ↓はフロアガイドのパンフレット。

200614 200614
200614 200614

 さらにその後は、アウトドアの店でも覗いてみようと店内を一巡り。
 人々も自粛気分はあるのかもしれないが、結構な人出だったように思う。

 200612 200612

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

T教室:多目的S中13:00~(共通)/稲谷の里:F6(松川町部奈)   

200611bena

 コロナ感染拡大による自粛生活が明けて、3ヶ月ぶりの教室となりました。
 ただ、会場の方は利用制限がかかっていて、上限18人という中、18人の参加でスタートすることができました。

 本日の課題は、私自身初心に戻って…という気分もあって昔描いた風景「松川町部奈」の農村風景にしてみました。

200605

 教室では、下の絵まで描いたのですが、私の写真はちょっと失敗したのでKさんの画像をいただきました。
#ちょっと上が切れていましたね。

200605

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

今の時期の舞岡公園  

 このところまともに外出していませんでした。

 そろそろ通常の生活に戻そうという時期なので、外出生活に慣らさないと…と、だれそうになる気持ちを奮い立たせて出かけることにしました。目的地は、近いうちに絵を描く予定の舞岡公園。スケッチできそうな場所を探しにと…。

     *     *     *     *     *

 まずは、近くのとある家の玄関先に咲き乱れる花を手始めにパチリ。

200608 200608

 今日は山側から攻めることにした。
 この地蔵さんも、今日が一番表情が良い。

200608 200608
200608

 急な階段を降りて…ここはかっぱ池である。池の端に河童が相撲をしている像がある。

200608 200608

 そしていつもの小谷戸の里に入った。
 緑が鬱蒼としているので、いつも撮影している風景はこの時期はあまり面白味がない。

200608 200608
200608 DSC04687_サイズ変更
DSC04689_サイズ変更 DSC04693_サイズ変更 200608

 そして水田をパチリ。
 水車小屋は木々に覆われてしまっているので、ずっと近づいてパチリ。ついでに畦道に咲いていた小花も…。

DSC04695_サイズ変更 DSC04697_サイズ変更
DSC04700_サイズ変更 DSC04702_サイズ変更

 今日はこんなところで、公園を出て…。
 こんな水路を撮りながら今まで登ったことのない道を登って行った。
#ここは先日、ストリートビューでは歩いていたんだけど…。

DSC04705_サイズ変更 200608
200608 200608
200608

 そして、今日の散歩も終了。

200608


category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

海辺の屋並み:F6(伊根)  

海辺の屋並み:F6(伊根)

 自粛生活で、否応なく自由になる時間が増えてしまったので、これまでの旅の中から、気になる風景をピックアップして描いています。

 これは高台から眺めた伊根の屋並みです。

category: ┗ 風景20年

tb: --   cm: 0

農機具小屋のある道:F6  

農機具の小屋のある道:F6

 自宅から数分の舞岡公園へ行く途中の風景です。
 この自粛中、何回も季節の変化を確かめながらこの風景を眺めてきました。

 同じ風景でも、季節、時間帯により雰囲気が大きく異なるものだということを改めに感じさせられた風景でした。

category: ┗ 風景20年

tb: --   cm: 0

●通信講座を始めました  

 新型コロナによる自粛生活のため、今後のことも考え、自宅にいても絵の勉強ができるような方法を…ということで考えて見ました。しかし、あくまでも教室による外スケッチが基本であることは変わりません。

 既成の掲示板を使ってみたのですが、何かと不都合があることがわかってきましたので、新しいやり方を考えて見ました。
 あくまでも試験的に行うものであるため、やり方を変えることがあるかもしれませんが、責任を放棄することはありません。
#ここは信用していただくしかないのですが…。


【概要】

●非公開の掲示板です

・パスワードによって入ることができます。
・この掲示板と通常の教室は別になりますが、あくまでも教室のメンバーが主体です。
 遠方の方など教室に参加できない方の参加も可能としますが、掲示板は継続される方のみとなります。掲示板非掲載を希望される方、随時の講評を希望される方はメールのみとなります。

●参加条件
・自分の絵に対するアドバイスを求めている方であれば、どなたでも参加可能です。
・このブログを見られる方で画像やメールを送受信できる方なら技術的には大丈夫です。
・一枚千円とします。各枚について講評自体は原則2回までとさせて下さい(画像という制約があり、それ以上の講評は難しいので…)。
 新たに描き直した場合も新しい絵とさせていただきます。
・(気心が知れた人とのお付き合いとさせていただきたいため)教室以外の方は、当初はメールのみとさせて下さい。5回を単位とします。
・それ以後どうするかは、具体的に相談させて下さい。

●スマホでも見やすいように簡潔な表示にしています

・スマホでの参加も可能です。
・画像も大きくなりました。(640ピクセル)
・絵画別に(皆さんとのやりとりも含めて)記録するようにしています。
・基本的には2列表示ですが、一列しか表示されない場合には、タイトル右横にある「三」をクリックすると右列が表示されます。
 ここで、検索窓、自分の名前のカテゴリー、月別カテゴリーなどが表示されますので過去画像も探しやすくなっています。
・あまり使われないかもしれませんが、絵へのコメントは自由です。お互いに意見を述べ合うこともできます。
 描かれた絵や描いた人へのコメントはそれを利用していただくのが良いでしょう。慣れないうちは間違いもあるでしょうが、気にしないで下さい。
 コメントは皆さんの自由ですが、それ以外の文責は私が負います。

●タイトル表示について

・タイトルには、タイトル(場所)、サイズ、(氏名)を入れます。
・タイトル前の●は、新しくコメントをした場合に入れておきます。そうすればコメントがついたかどうかわかるでしょうから…。一週間くらいして、本人が確認したと思ったら削除します。

●自分の記録にもなります

・ブログと同様の扱いですから、基本的には記録量に制限はありません。ここに登録しておけば自分の過去画像を見るだけではなく、絵の進化過程も見ることができるでしょう。


【大まかな内容】

以下の項目を用意しています。

 ( )数字はスタート段階のページ数です。

平澤薫 の描き方 (5)
共通課題と描き方(教材) (0)
練習画題(2020年~) (5)
┣ 街の風景 (1)
┣ 里の風景 (1)
┣ 海の風景 (1)
┣ 自然の風景 (1)
┗ 季節の風景 (1)

 以下、参加者の個人名の項目が続きます。
#自分の名前をクリックすれば、自分の絵を全て見ることができます。

 以下が、掲示板イメージとそれぞれの内容です。

200516●平澤薫 の描き方
 ブログでも一部紹介しているように、手順に沿って、私の描き方を紹介します。(これに伴いブログでの画法の紹介はなくなると思います。)
 いずれ、全てではありませんが動画でも紹介します。今、準備中です。

●共通課題と描き方(教材)
 室内教室でもやっているように、特定の教材を用意し、参加者全員で同じ絵を描いて講評を行います。
 月に1回は、行いたいと思います。最初は丁寧な資料を用意します。慣れてくれば描画手順を動画で紹介したいと思います。
 
●練習画題(2020年~)
 皆さんの練習画題としての画像をテーマ別に何枚か提供します。
 ここにある画像は、そのままダウンロードできればA4サイズくらいまでのプリンとアウトに耐えられる画像となっています。


【使い方】

●絵の投稿は下記のアドレスにメールで送っていただきます

・スマホの操作に不慣れな方もいらっしゃると思うので、私とのメールのやりとりを原則とします。
・送信先 ka.hirasawa*gmail.com (*は@に置き換えて下さい)。
 絵のタイトルや場所、絵のサイズも忘れないように送って下さい。
 画像は(私が編集しますから)自由です。携帯画像でもできなくはありませんが、画像は大きい方がわかりやすいです。
 また、できるだけ均等な灯りの下で、画像が台形にならないよう、できるだけ縦横が崩れない形で送るようにして下さい。
 元にした写真などもあると講評にも便利です。

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ