… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

個展準備、あと2日  

 昨日、水彩人小品展の当番とギャラリートークが終了して、個展準備期間は残り2日。

 今朝は、間違って注文しそこなっていた最後の絵はがきが届きました。今度は間違っていなかった…ってあたりまえですが…。

 後は額装やもろもろの雑用になります。
 いつも直前にバタバタしていますが、仕事をしている時代からの私のやり方。この方が集中して短期間できるので私のやり方になっています。
#そうでないと、延々とあぁでもないこうでもないとグズグズ進めるハメになってしまいますから…というのは口実ですけどね(笑)。

 ということで、改めて個展のご案内をさせていただきます。
 皆さんのご高覧を賜りたいと思います。

 2018個展案内

 

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

F教室:野島公園/休息する舟:F6  

 このところ天気予報では極端な真夏日を予想しています。
 ただ、横浜では最高気温31℃ほど。もちろんそれでも蒸し暑さは特に感じる日でした。

 本日は野島公園…というか、その先の夕照橋から平潟湾の舟屋を描きに来ました。

 まず、金沢八景駅から金沢シーサイドラインの車中。出発する前に撮ったもの。

 180713 180713
 180713 180713

 そして、野島公園駅の風景。

 180713 180713

 ここは初めてという方もいたので、野島公園に回って見ました。
 ここは伊藤博文金沢別邸の風景。ここはまだ描いたことがありませんが、絵になりそうな風景です。

 180713 180713

 ですが、ここは素通り。
 今日の目的は夕照橋です。

 この写真は、描き始めた頃と描き終える頃の変化を表しています。
 水辺の風景を描くには通常の風景と異なり、舟が自由に出入りすること、風で水面が変化すること、時間とともに潮位が変化することなどを考慮していないといけません(笑)。

 180713 180713

 今日の絵は未完。
 あまりの暑さに、ガリガリ君をかじりながら描いていたのですが、力尽きた感じです(^^ゞ。

 休息する舟:F6(未完)

*     *     *     *     *

 遠くの風景を近寄せて描くのには自ずと限界があります。

 せめてこのくらいの情報量があって描きたいものですね。

 180713 180713
 180713

 

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

T教室:公会堂(共通)/休日のキャンパス(同志社大学):F6  

 休日のキャンパス(同志社大学):F6

 本日は皆で同じ絵を描いてみようという日。
 画題は、この2月訪れた京都の風景から選んで見ました。

 ここは同志社大学今出川キャンパス

 同志社大学にはヴォーリズの建築が幾つもあることで知られており豊かな雰囲気を持つキャンパスとなっています。
 こんな雰囲気の中で学べる学生達は何と幸せでしょうか。

 私が訪れたのは、大学も試験日だとかで休日。その午後遅く、印象的な建物が目についたのでこれを撮影してきました。後で調べてみれば、このクラーク記念館はドイツ人建築家リヒャルト・ゼール(Richard Seel 1854 - 1922)の設計によるものとなっています。

 建物の説明はともかく、この雰囲気をどう描くかをテーマに皆で描いてみました。 
 皆さんそれぞれ苦戦はしたようですが、終わって並べてみればどうしてどうして、なかなかの力作が並びました。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

水彩人全体会議と小品展搬入  

 本日は13:00から京橋区民会館にて水彩人全体会議でした。

 議題は9月の「水彩人本展」の段取りと明日から開催される「小品展」について…です。
 ようやく仕事の具体的段取りやら日程やらが確定しました。

 その後、丸善本店に向かい、小品展に作品を搬入してきました。 
 いよいよ明日から小品展が始まります。よろしくお願いいたします。

 私は、14日(土)09:00~14:00当番でお待ちしています。
 また、11:00~12:00、ギャラリートークということです。何を話すことになるのかわかりませんが…。

category: ●日記

tb: --   cm: 0

水彩人展・小品展 のご案内  

 直前にならないといろいろ準備できない私でも、そろそろ個展準備でお尻に火が点いた状態に入ってきました(笑)。

 そんな中、こちらの展覧会が近づいていますので再びお知らせします。
 私の個展は一週間後18日からです。こちらもよろしくお願いいたします。



 以下のような展覧会が開催されます。
 私の展示作品は1枚(F6)ですが、他の方達がどのような作品を展示されるのか今の段階では想像もできません。

 東京駅に近い立派な会場ですから、時間の都合のつく方、是非足をお運びいただけたら…と願います。
 そうそう、合わせて水彩人20回展の記念作品集の出版も予定されています。是非お手にとってご覧下さい。

 水彩人展・小品展

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

F教室:戸塚公会堂(各自) /  

 昨日の教室の予定は、雨予想の天気で中止。しかし、強行すればできたようでちょっと口惜しい思いをしました。
 強風がなければ強行しても良かったのですが、雨と風のダブルパンチの予想ではちょっと挫けてしまいました。

 本日は室内ですからそんな心配はありません。
 私の方もそろそろ個展の準備に入りつつあります。あまり宿題(絵の完成作業)を作りたくない思いもあって、本日は皆さんの絵に希望にしたがって手を入れてみるということを中心にしてみました。
 そんなわけで今日の教室については私の絵はなし(笑)。でも、皆さんの絵はなかなかの出来映えです。皆さんの個性が表れているのが良いと思っています。
#写真を撮っておけば良かった。

 なお、「各自=各々の希望の風景を描く」の日は、それぞれの絵の完成を目指すことになります。絵づくりのためにお手伝いはできるだけ最少にしつつ、表現のポイントなどをゆっくりアドバイスできるように…と思っています。

 また、「共通=皆で同じ風景を描く」の日は、私の提供する風景を、私ならこうした描き方でこうした絵をめざす…ということで、私の描き方を見ていただきながら、皆さんに水彩画の表現の仕方を柔軟に学んでいただければ…と思っています。
 あくまでも私の描き方に引きずられないで、自分の絵を目指して欲しいと思っているのです。そのため、私なりの絵づくりのポイントをいくつか口酸っぱくしながら言っているつもりなのですが…。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

遊彩会:各自の絵を描く/路地のロバ車:F4(未完)  

 昨日は都心も35℃超えの天気。今年は暑くなりそうです。

 今日は遊彩会。幸い室内の教室で、各自絵を完成させるのにアドバイスしたり、希望に沿って助けて上げたり…そんな時間を過ごしました。
 そんな中、なかなか魅力的なこの風景の写真を持っている人がいましたので、それを拝借して簡単に描いてみました。

 写真がカラーコピーのもので暗かったので、それに引きずられているようですね。

 路地のロバ車:F4(未完)

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

F教室:片瀬漁港/漁港の初夏:F6(未完)  

 本日は片瀬漁港です。

 小田急江ノ島駅で下りて外に出てみればまさに夏の天気。しかし、相変わらずの強風です。
 目当ての漁港に着いてみましたが、あまりの風になかなか居場所が決まりません。そしていよいよここで描くことになりました。
 最初は曇りがちな天気で江ノ島展望台も霞がち。そのうち帰る頃には完全に夏日となりました。しかしとうとう今日は最後まで京風でした。

 180629 180629
 180629 180629

 絵の方は、最初の曇りがちの空気に引きずられています。
 こういう天気の変更を意識しながら描くというのは、なかなか難しいところです。
 今日の絵も未完のままです。

 漁港の初夏:F6

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 1

T教室:新山下貯木場/傾けるヨット:F6(未完)  

 本日は新山下貯木場。久し振りに来ました。
 確か、前回も暑い中。おまけに本日は強風です。

 途中、絵になりそうな風景を見つけました。いつかここも描いて見たいものです。

 180628 180628

 そして現地に到着。正直言うとここはヨットの数が多く、どのように切り取るべきか迷います。おまけに今日は強風です。
 いろいろ絵になりそうなアングルを切り取って見ましょう。

 DSCF1889.jpg DSCF1893.jpg
 DSCF1894.jpg DSCF1897.jpg
 DSCF1898.jpg DSCF1901.jpg

 そして結局描いたのはこちら。
 徐々に日差しが強くなってくるのは計算していましたが、水位まではなかなか読み切れません。

 DSCF1900.jpg DSCF1902.jpg
 DSCF1903.jpg

 いつものように、今日の絵はまだ未完です。

 傾けるヨット:F6(未完)

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

F教室:大船フラワーセンター/初夏の花壇:F6  

 初夏の花壇:F6

 本日は大船フラワーセンター。
 経営主体が代わり、正式には「日比谷花壇大船フラワーセンター」となったようです。 園内の改修が終わり、4月から新しい環境でオープンしたというので行って来ました。しかし、ざっと園内を回った印象では中にあった睡蓮のプールがなくなった他はあまり大きな変化が感じられなかったのですが…。

 180622 大船のシンボル…大船観音。
 
 温室やバラ園もあまり変化がないような…。

 180622 180622

 ざっと一回りした後、今日は皆さんこちらで描きました。…と思っていたら2人は全然別の場所で描いていました(苦笑)。

 180622


category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

T教室:舞岡公園/古民家と紫陽花:F6  

 古民家と紫陽花:F6

 本日は舞岡公園。田植え後の水田風景でも描けるのではないかとでかけてみました。

 しかし、このところ雨模様の日が続き、今朝も午前中は小雨がちの天気。あぜ道で描くのはちょっと辛い感じでした。
 どうしようかと思っていると、紫陽花を描きたいという人がいましたので、この公園では数少ない紫陽花を描いてみようと、私たち数人はこの場所に陣取りました。他の方々は適宜自分の場所を見つけて描かれており今日も分散です。まとまって描く場所を見つけるのはいつも大変です。
#正直言うと、舞岡公園は私も好きな公園でいくつも絵を描いていますが、この時期は緑が濃すぎてなかなか手こずります。

 今日の場所では、目の前の柏の木が邪魔だと思いましたので、必要なものだけ選んで構成してみました。

 180621 180621
 180621 180621

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

遊彩会:各自の絵を描く/未完成の絵の仕上げ  

 本日は久し振りに外、小石川植物園で描く予定でした。
 しかし、雨模様の天気が続き足元が不安な方もいらっしゃるので…ということで、急遽中止して室内で各自の風景・花などを描こうと言うことになりました。

 室内の教室は時間がちょっと不足気味なため、今回は、皆さんの絵を良くするためにどうしたらいいか、お話ししながら補筆する合間を見ながら、私の方は未完の絵に手を入れる時間としました。
 
 ですから、本日は完成画はなしです。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

T教室:公会堂(各自)/林間の噴水:F6(代々木公園)  

 林間の噴水:F6(代々木公園)

 本日の教室は各自が持参した写真から描いてみるというものです。
 何人かの方の描きかけの絵に、仕上げの段階でどのような点について留意して仕上げていくったら良いのか、私なりに手を入れながらそれを見ていただく…そんな時間としました。

 その合間を見ながら、私の方は昨年秋、描きかけのままになっていた絵を完成させました。
 代々木公園の噴水です。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

第9回個展 へのご案内  

 そろそろ1ヶ月後に迫ってきました。

 個展も9回目となりました。
 是非ご高覧の程、よろしくお願いいたします。

 2018個展

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 1

F教室:戸塚区民センター(共通) /静寂の庭園:F6(清澄庭園)  

 静寂の庭園:F6(清澄庭園)

 本日の教室は室内です。
 室内では、どの様な点に留意しながら進めるべきかをお話ししながら描いていくことにしています。
 この教室ではなかなか都内に行くことが難しいので、本日のモチーフは先日遊彩会で描いた清澄庭園です。ただ別の季節の写真を選んでいます。

 この場所は、この庭園における私のお気に入りの場所の一つです。

 最後には皆さんの力作が並びました。
 私が言うのもおかしいのですが、皆さん随分力をつけておられるような…そんな思いをしながらの講評でした。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

遊彩会:皆で称名寺を描く/しだれ桜と釈迦堂:F6  

 しだれ桜と釈迦堂:F6

 本日の遊彩会は、樹木を描くというテーマで皆で同じ絵を描いてみましょうというものです。 樹木だけを描く練習では面白くないので、称名寺の釈迦堂前に咲くしだれ桜の比較的単純な風景を選んで見ました。

・構図のとり方と表現するもの表現しないもの。
・樹木等の遠景から近景に至る表現の違い。
・陰翳の重要性…などなど。
 そんな話しをさせていただきながらいつものように描いていきました。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

秋のスケッチ旅行の下見:日野春(その2)  

 さて2日目の朝。 宿の周囲を散歩してみました。

 まずは昨日、小雨の中で小さな絵を描いた駅前です。

 180531 180531
 180531

 そこから甲斐駒ヶ岳の方を見ながら北の方へ。

 180531 DSCF1800.jpg
 DSCF1803_2018060118213372d.jpg DSCF1806_2018060118213515b.jpg

 交差点を下の方へ下りてみました。少し陽も出てきたような…。
 そして小さな散歩終了。宿の脇の小さな坂道に出てきました。
 朝食も満足でした。

 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531

 さて、朝食が終わりひと休みした後、宿の主人に水車の里公園まで送ってもらい、そこで絵を描くことにしました。
 しかし1時間ほど描いたところで、タイミングを見計らったように雨が降ってきました。
 帰りはこの山ももう見えなくなっていました。

 180531kaikoma_f6y

 180531 180531
 180531 180531

 結局、宿の主人に駅まで送り届けてもらい、丁度来た帰りの電車に飛び乗りました。この雨ではいても仕方ありません。

 それでも帰るには早すぎると、甲府駅でほうとうの店「小作」で「かぼちゃほうとう」。今はいろいろなほうとうがあるようです。
 そして舞鶴城公園を散策して帰ってきました。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

秋のスケッチ旅行の下見:日野春(その1)  

 秋のスケッチ旅行の下見のため、友人2人と日野春というところに行って来ました。
 ここは甲府から6駅、「画家の宿」志満屋という旅館があると聞いて選んだところです。

 この日は午後あるいは夕方から雨になるとの天気予報。
 駅はこんな駅。途中、上から見た正面が当該の宿でした。

 まず、休んだロビーから外を見ても山が見えるか見えないかと言ったところ。

 180530 180530
 180530 180530

 宿の主人が案内をしてくれるというので急遽案内してもらいました。
 あまり愛想がない、ぶっきらぼうな雰囲気ですが一応やって欲しいことはやってくれます。ただ、運転は乱暴でした(笑)。
 この地図は、ちょっと不明なところもありますが案内してくれた巡回ルートです。
#緑色は翌朝の散歩ルート。

 20180601

 さて、巡回中はこんな天気。写真を撮っている時間ももらえませんでした(苦笑)。

 180530 180530

 仕方ないから…というわけではないのですが、あちこちに飾ってあった沢山の絵や写真からほんの一部を紹介しておきます。

 180530 180530
 180530

 夕飯まではちょっと時間があったので、1時間ほど駅前のスケッチをしながら時間を過ごしました。

 180530hinoharu02 180530hinoharu01

 夕飯はなかなか豪勢です。

 180530

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

花筏の水面(みなも):F6(大岡川)  

 花筏の水面(みなも):F6

 以前教室で描いていたこの絵ですが…。
 少し目線の高さが狂ってしまったので改めて描き直してみることにしました。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

F教室:県立四季の森公園/谷間の菖蒲園:F6  

 谷間の菖蒲園:F6

 本日は今年最高の暑さのようです。
 そんな中、久々に県立四季の森公園です。

 ここはさすがに広大な公園ですから全てを回ると言うことはできません。
 北の入り口から入り、池の周りを巡って中央の休憩スペース周辺で描いてきました。

 20180525

 まずは池の北側から散策開始。

 180525 180525
 180525 180525

 逆立ちをしているような亀の姿についパチリ(笑)。
 高価な望遠レンズの放列は以前のままです。思い出しました。

 180525 180525

 樹陰のトンネルを抜けた先が休憩所です。

 180525 180525

 そしてその先、こんな菖蒲園で描いて来ました。

 180525 180525

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ