… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「小島新田(運河)は11月3日(金)」に延期しました。
「次回は10月27日(金)代々木公園」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

「水彩人展」終了しました  

 この展覧会も19回目。私が参加したのは14回目、公募展になってからのことです。気がつけば、すでに5年目にもなっていました。

 比較的少人数の手作り感覚の強い公募展ですが、年々見ていただける方も増加しているようで、なかなかの盛況ぶりだったと思います。

 その展覧会も本日で終了しました。
 ご来場いただいた方々、ありがとうございました。

 そして、明日からまた静かな日常に戻ります。
 そうそう、次は山形での巡回展が控えていました。お近くの方々、そちらもよろしくお願いいたします。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

水彩人展の目録表紙  

 展覧会が始まるまでは、PC作業でドタバタ。とてもこの作業にかかっている暇はありませんでした。
 この作業というのは、展覧会の目録の表紙絵を描くことです。

 誰が決めたのか、一人10枚ですが、目録の表紙に各自の水彩絵を描くということになったようなのです。正直言えばなんと面倒臭い(笑)。
 皆さん、さすがに達者なもので、それぞれのデザインできれいな簡単絵を描いています。抽象的なものが殆どですが、私は具象絵画なので、それにちなんだものを…と考えると、いつも悩みます。
 今回は、展示した絵を多少簡素化したスケッチ的絵にしてみました。こんな絵で納得していただけるでしょうか?
 ちなみに昨年はこんなデザインだったのです(^^ゞ。
#こういう方向で行こうと決めてしまえば簡単です。悩まなくて済みます。

 171001

 遅ればせながら、明日会場に持参しようと思います。あ~でも午後になります。
 10月2日(月)は休館日でした。ごめんなさい。
 明日3日(火)午前中に持っていきます。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

「水彩人展」始まりました  

 昨日「水彩人展」が始まりました。

 私は、事務局で目録の作成をしていて会場には顔を出す暇がありませんでした(;_;)。
 今回は応募作品と応募者のデータの整理作業で目はショボショボ。思いの外疲れました(苦笑)。

 本日は13:00からの「座談会」に駆り出されて、勝手なおしゃべりさせていただきました。

 それからしばらくの時間、会場を回ってきました。夕方には予定があったために会場を辞しました。
 残念ながらまだ全部を克明にみることができていませんが、とりあえず自分の作品だけ撮影して来ました。

 170928

 左<運河の舟:F40>、右<佇む小舟:F40>です。

 170928 170928

 この写真の色の方が、以前出したものより自然に撮れているように思います。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 2

「水彩人展」が始まります  

 来る27日から「水彩人展」が始まります。私も40号を2枚展示させていただいています。
 是非ご高覧いただけますようお願い申し上げます。

 下の写真は、都美術館の裏手に向かう道です。
 準備作業のために審査会場に向かう道筋。(私としては)朝早い時間です(笑)。

 170924 170924

 昨日まで、3日間は事務局のお手伝いでドタバタしていましたが、何とかそれも無事終了しました。
 PCをネットもつながらない会場に持ち込んでの作業でしたので、ブログの方にも多少の影響はあったようですが、これからは以前通りとなります。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

「日本スケッチ画会展」終了しました  

 事後報告になってしまいましたが、本日、「日本スケッチ画会展」が終了しました。

 今回展示した作品は以下の3点でした。

 170924
 170924

 今回は、「肩腱板断裂」騒ぎでいろいろな方々にご迷惑をおかけし、また助けていただきました。
 感謝とお詫びを申し上げます。 

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

9月の展覧会のお知らせ  

 9月の展覧会のお知らせをさせていただきます。
#関係者の皆さんにはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

 最初は、9月18日から始まる「第16回・日本スケッチ画会展」
 私もいつものように3枚展示させていただきます。
 同時に販売させていただく画集にも3枚入れていただいています。よろしかったらこちらもどうぞ。
 残念ながら、私の当番予定は外していただいています。

 170901 170901

 次いで、27日から始まる「第19回・水彩人展」
 このページでご紹介し始めていた絵の他2枚目にも少し着手していたのですが、最初の1枚目をこれから何とか完成させ展示させていただくことにしています。
 こちらも、残念ながら私の当番予定は外していただいています。

 170901 170901

 その他、13日からの、戸塚区区民文化センター・さくらギャラリー「地域交流特別絵画展」にも1点展示の予定があったのですが、こちらは搬入・搬出ができるかどうか…今のところ未定となっています。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

「地域交流特別絵画展」始まります  

 明日から「地域交流特別絵画展」(戸塚区美術協会 台118回絵画展)が始まります。

 今回はF6の1枚だけの参加になりますが、よろしくお願い致します。
#左手だけで持っていくことができて良かったです(^^ゞ。

 詳細は下の画像のとおりです。
 ご関心のある方、お時間のある方、是非!

 170912

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

吉田博展 そして 東京こだわりの風景画展  

 久し振りに充実した展覧会を見たように思います。それが「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」

 まずは、東京丸善本店で開催中の「東京こだわりの風景展」。ここは知人が何人か参加しています。私が絵を始めた頃参考にさせていただいた人も何人か展示しているので、それなりに関心を持ってでかけました。

 しかし、本命はこちら「吉田博展」でした。
 新宿には度々来ているというものの、まさか昔、安田生命ビルとして覚えたビル内での美術館とは思ってもいませんでした。

 180815 180815

 吉田博は、日本より海外での評価が高い画家、黒田清輝に対抗し日本では主流になりれなかった人、反骨の人という印象があったのですが、必ずしもそうでもありませんでした。最後の反骨というのはどちらかと言えば頑固一徹という感じなんでしょうか?
 最初のアメリカ行きこそ片道切符、1ヶ月分の生活費だけで出かけるという冒険だったようですが、そこで運良く大成功を収めた後は画家としては成功人生だったように思います。最初の展覧会で当時のサラリーマンの12~13年分の収入を得たと言いますから、それを資金に(と思いますが)海外にも何回か訪れることもできていますし、黒田清輝と対立したと言っても太平洋画会(現・太平洋美術会)を結成したり…と、日本の画壇の中心にいた人には間違いないように思います。ただ、彼の目は常に世界を見ていたということなんでしょう。そう思います。

 鉛筆スケッチ、水彩、油彩、版画等、様々なものに手を出し、それぞれ素晴らしいのですが、版画は別挌にしても、私には鉛筆スケッチ、水彩に特に心惹かれるものがあったように思います。彼の絵の神髄は風景画とその叙情性にあるように感じたものでした。油彩はどうしてもどこかで見たような…そんな感じの絵になってしまうようですし、どことなく版画を連想させるような輪郭線を感じさせるものがありました。
 戦争の関係もあって、65歳以後の作品は少ないのですが、それでも版画を始めたのが49歳の時と言うから驚きです。当時の人でこれだけ海外に足を運び、日本の山々にも足を運んだ人はそうはいないでしょう。風景を描くためとは言え、それなりに経済的には恵まれていたとは言え、常に挑戦する気持ちを持ち続けた人のように思います。

 展覧会場は、人のゆっくりした流れに乗って回れば2時間ほど。さほど混雑状態でもなく程よい熱気を感じながら気持ち良く見て回ることができました。
 ただ、水彩画を保護するためでしょう、照明が薄暗かったのが残念でしたが…。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

JWS展(日本透明水彩会展)の大阪展始まっています  

 ドタバタしているうちにお知らせするのが遅れてしまいました。申し訳ありません。
 出品点数は東京の4倍になります。私はまだ会場に行けていませんが、きっと見応えがあると思います。

 お近くの方、水彩画に関心をお持ちの方、是非足をお運びいただけますようお願い致します。

【日時】5月16日(火)~21日(日)まで
     午前11時〜午後7時(最終日は午後4時迄)
【場所】江之子島文化芸術創造センター
  (阿波座駅は、8番出口が一番近いです)
*会場アクセス http://www.enokojima-art.jp/access/

 170309
 

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

JWS展終了しました  

 無事終了しました。
 ご高覧いただきました方々、どうもありがとうございました。

 また、私の来廊時間が遅れてしまい、お待ちいただいた方がいらっしゃったことも聞きました。
 どうもありがとうございました、そして本当に申し訳ありませんでした。

 ちなみに、こちらは22日、総会後の懇親会会場からです。
 ボケボケの写真となっています(笑)。
 
 170422

 そして、楽しそうな面々です。

 170425 170425
 170425 170425
 170425 170425

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ