… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

秋のスケッチ旅行の下見:日野春(その2)  

 さて2日目の朝。 宿の周囲を散歩してみました。

 まずは昨日、小雨の中で小さな絵を描いた駅前です。

 180531 180531
 180531

 そこから甲斐駒ヶ岳の方を見ながら北の方へ。

 180531 DSCF1800.jpg
 DSCF1803_2018060118213372d.jpg DSCF1806_2018060118213515b.jpg

 交差点を下の方へ下りてみました。少し陽も出てきたような…。
 そして小さな散歩終了。宿の脇の小さな坂道に出てきました。
 朝食も満足でした。

 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531

 さて、朝食が終わりひと休みした後、宿の主人に水車の里公園まで送ってもらい、そこで絵を描くことにしました。
 しかし1時間ほど描いたところで、タイミングを見計らったように雨が降ってきました。
 帰りはこの山ももう見えなくなっていました。

 180531kaikoma_f6y

 180531 180531
 180531 180531

 結局、宿の主人に駅まで送り届けてもらい、丁度来た帰りの電車に飛び乗りました。この雨ではいても仕方ありません。

 それでも帰るには早すぎると、甲府駅でほうとうの店「小作」で「かぼちゃほうとう」。今はいろいろなほうとうがあるようです。
 そして舞鶴城公園を散策して帰ってきました。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

秋のスケッチ旅行の下見:日野春(その1)  

 秋のスケッチ旅行の下見のため、友人2人と日野春というところに行って来ました。
 ここは甲府から6駅、「画家の宿」志満屋という旅館があると聞いて選んだところです。

 この日は午後あるいは夕方から雨になるとの天気予報。
 駅はこんな駅。途中、上から見た正面が当該の宿でした。

 まず、休んだロビーから外を見ても山が見えるか見えないかと言ったところ。

 180530 180530
 180530 180530

 宿の主人が案内をしてくれるというので急遽案内してもらいました。
 あまり愛想がない、ぶっきらぼうな雰囲気ですが一応やって欲しいことはやってくれます。ただ、運転は乱暴でした(笑)。
 この地図は、ちょっと不明なところもありますが案内してくれた巡回ルートです。
#緑色は翌朝の散歩ルート。

 20180601

 さて、巡回中はこんな天気。写真を撮っている時間ももらえませんでした(苦笑)。

 180530 180530

 仕方ないから…というわけではないのですが、あちこちに飾ってあった沢山の絵や写真からほんの一部を紹介しておきます。

 180530 180530
 180530

 夕飯まではちょっと時間があったので、1時間ほど駅前のスケッチをしながら時間を過ごしました。

 180530hinoharu02 180530hinoharu01

 夕飯はなかなか豪勢です。

 180530

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

舞岡公園ポタリング  

 天気が良くなってきたので久々のポタリングに出る気になりました。
 もう春の気配が漂っているということもあります。今、春を探しておかないとチャンスを逃しますし…。
#普段はこんなことはブログに書かないのですが、久し振りなので書いてみる気になりました。

 こんな時には、まずは近くの舞岡公園から回るのがいつものコースです。

 あちこちに春の気配。着実に春が来ているのを感じます。

 DSCF1330.jpg DSCF1333.jpg
 DSCF1335.jpg

 もちろん舞岡公園にも春は訪れています。
 
 DSCF1336.jpg DSCF1337.jpg
 DSCF1339.jpg DSCF1342.jpg
 DSCF1344.jpg DSCF1345.jpg
 DSCF1346.jpg DSCF1349.jpg
 DSCF1350.jpg

 ここで絵を描いている方がいたので声を掛けさせていただきました。ついでに写真もお許しいただいてしまったのですが…。
 墨だけで描かれた絵ですが、もう10年ほど描かれているということでとても達者な絵です。ここまで描けるなら絵の具を使われたらとても素晴らしい絵になるように思ったのですが…。

 DSCF1354.jpg
 DSCF1351.jpg DSCF1352.jpg
 DSCF1353.jpg

 ここで炭を販売していたので購入しました。一袋100円でした。

 DSCF1357.jpg DSCF1355.jpg
 DSCF1358.jpg DSCF1359.jpg

 公園の門を出て…ひと休みです。

 DSCF1360.jpg

 公園を出た後はいつものコースです。いつも少しずつ変えて新しい道を走っています。
 ここに本格的な春が来るにはもう少しかかりそうです。ここもいつか描くことになるでしょう。

 DSCF1361.jpg

 後はあちこち春をつまみながら帰りました。

 DSCF1362.jpg DSCF1365.jpg

 たった13.85Kmなのに、久々のせいか年齢のせいか、今日は結構疲れました。
 ちなみにカン太というのは(以前絵を描いたこともありますが)私の愛用の自転車の名前です。他にもいますけどね…(笑)。

 180318

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 1

梅咲く京都(その6…3月3日(土))  

【帰浜】

 今日はいよいよ帰浜の日。
 最後になってしまったが、ホテルの様子でも…。

 今回、天候にも恵まれて良い旅になった。

 180303 180303
 180303 180303

 いつもの京都駅。ここも外人さんが随分多くなっている。

 180303

■のぞみ226(京都13:05〜新横浜15:04)

 帰りの新幹線車中。
 気になったものを狙って撮った。

 180303 180303
 180303 名古屋山崎川。
 180303 180303

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

梅咲く京都(その5…3月2日(金))  

【北野天満宮~立命館大学~等持院~嵐山】

 京都も今は梅の季節。そこで先日見逃していた北野天満宮から歩いてみることにした。

 180302

 20180302

 北野天満宮、もちろん学問の神様、菅原道真公を奉った天満宮、天神社の総本社である。
 一部工事中であり、今は梅の時期ということもあって、人の流れを制限するロープが張られていて通り抜けができないようになっていた。私と同じように行き止まりから戻らざるを得なくなった老人がつぶやいていた一言「最近は神さんも、私たち商売人より商売が上手になってきたようだ…。」が可笑しかった。

 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302

 その後は平野神社へ抜けようと思ったのだが、ここでも通路が閉ざされていた場所がありわざわざ迂回しながらようやく平野神社に到達した。
 平野神社のメインの入り口は東側からである。しかし真っ直ぐ本殿へ行けないようだったので広い道が接している西の方へ回れば行けるのかもしれないと回って見ればこちらがわには入り口は無し。何とも不思議な…。

 180302 180302
 180302 180302
 180302

 平野神社はそもそも目的ではなかったのであきらめて立命館大学へ。
 ここはもしかしたら弟が学ぶことになっていたかもしれないと思えば感慨がある。
 キャンパスは同志社と異なり、街中に埋もれるように配置されているので入り口が良くわからないまま進んだら、28日に通った道に出た。
 キャンバス内の建物は個別に○○館と呼ばれているだけなので、建物名称だけではその場所や内容が全く理解できない。つまり施設はオープンであるが内部は良く知った人しか自由に行動できないようになっているようだった。
 学食で昼飯でもと思ったが、メインの建物は工事中で閉鎖されていておりしかも昼時で混雑もしていたのであきらめて外に出た。

 180302

 その後は等持院でも…とブラブラしてみた。
 
 180302 180302

 さて、ここからどこへ行こうかと思ったが、嵐山は前回の記憶もあまり確かではないので、この際ちゃんと見ておこうと行ってみることにした。ここまでくれば電車に乗るだけだから…。

 嵐山はやっぱり時期としては早すぎた。
 しかし、観光客は以前の記憶とは桁違い。外人も数多い。駅舎を始め飲食施設も殆どが改築新築されているようで、すっかり観光化されてしまっているようだった。

 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 1

梅咲く京都(その4…3月1日(木))  

【京都御苑~鴨川~京都大学~平安神宮】

 今日は何となく身近なところからスタート。
 御所内から鴨川の方に抜けてみるか…くらいに考えてスタートした。

 20180301

 私がイメージしていた範囲は、正確には京都御苑と呼ぶべきもののようだ。

 180301

 歴史的な場所(写真は忘れたけど(笑))蛤御門から京都御所内へ。
 この日は、大宮御所やその北の京都迎賓館など見ることができるようだったが、時間予約制だったりしたので中まで見るのはあきらめた。

 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301

 昨夜からの雨が少し残っているので今日は晴天というわけにはいかないようだ。

 180301 180301

 鴨川も荒神橋が工事中ということなので、京大で昼飯でもと足を伸ばした。
 兄はどのあたりに生活していたのか…以前兄が今日にいた頃に哲学の道に来たり、この近くの喫茶店に入ったりしたことがある筈だが記憶の片隅にもない。

 180301 180301

 学食の食事で気持ちも腹も満足したので(笑)、平安神宮に寄ってみることにした。
 平安神宮も、表の方は良く知られているので今日は背後の庭を中心にしてみた。

 180302
 
 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301
 180301 180301

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

梅咲く京都(その3…2月28日(水))  

 【大徳寺~船岡山公園~金閣寺~竜安寺~仁和寺(蓮花寺) 】

 今日は西の方角へ。
 ちなみに今回の旅行。地図はiPadで確認できるのでGPSはサイコン(サイクル・コンピュータ)。この方が気楽で良かったのだが、この日の記録だけはデータエラーで読み込むことができなかった。iPadで軌跡を記録できるものもあったはずなので、そのうちそれを使うことになるかもしれない。

 180228

 地下鉄烏丸線北大路駅下車にてまずは大徳寺から。
 この「境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している」とあるが、やや密集した感があって少し窮屈というのが正直な感想か。
 境内の道には和服のご婦人の姿が目立った。

 180228

 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228

 そのまま船岡山公園へ登ってみることにした。ここは眺めも良く、大文字山も見える。

 180228 180228

 そのまま仏教大学15号館(紫野キャンパスはこの奥にある)を眺めながら…
 金閣寺へ。ここは中学時代に訪れたような…そんな記憶が微かにある程度で殆ど記憶にはない。
 さすがに外人が多い。インスタ映えするポイントには自撮り棒を持っている若者も目立つ。

 180228

 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228
 180228 180228

 そして立命館大学を横目に見ながら竜安寺へ向かう。
 この大学は18歳で亡くなった弟が唯一受験できた大学。せめて大学生活を味あわせてあげたかったという思いはいつまでも残っている。
 この金閣寺から仁和寺あたりまで続くこの道を「きぬかけの道」と呼んでいるようだが、特に魅力のある道ではない。

 180228

 そして竜安寺。以前も訪れていたと思うのだが、ここも石庭以外は全く記憶に残っていなかった。
 だから今回は庭園の方から回って見ることにした。

 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228

 そして仁和寺
 そろそろ疲れてきたので、今回は境内の奥まで見る気になれず、左手の庭園だけを見て回ることにした。

 180228

 だからこんな画像からスタート(笑)。

 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228 180228
 180228

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

梅咲く京都(その2…2月27日(火))  

 【南禅寺~哲学の道~八坂神社~丸山公園~知恩院。そして夕方、護王神社・大丸ヴィラ等】

 本日は大学卒業時、兄の家から一週間ほど京都を回った時の記憶に残っているこの地域を回った。
 地下鉄東西線蹴上駅からである。

 20180227
 180227

 金地院の庭園も記憶に残っていたので寄ってみた。メインの入り口は閉ざされていたが、庭園には入ることができた。

 180227 180227

 庭園はここから。
 180227 180227
 180227 180227
 180227 180227
 180227 180227

 そして南禅寺
 金地院もそうだったが、南禅寺も全く印象が異なっている…と言うより全く新しい場所を訪れている感じである。

 180227

 180227 180227
 180227 180227

 この煉瓦造りのアーチに来て初めてかっての南禅寺を思い出すが、その印象自体は全く異なっている。こんなものだったか…という感じである。
 写真は水路閣と南禅院庭園など。

 180227 180227
 180227 180227
 180227 180227
 180227 180227
 180227 180227

 180227 ここは拝観拒否。

 そして、哲学の道へ向かう途中。

 180227 180227

 哲学の道はやや期待はずれ。
 自然の雰囲気が重要なところなので、今は季節も悪い。

 180227
 180227 180227

 哲学の道は早々に引き返し、今度は東西線東山駅から八坂神社、知恩院方面へ。

 180227

 180227 180227
 180227

 八坂神社は何かの縁日か。

 180227 180227
 180227 180227
 180227 180227

 そして、丸山公園から知恩院へ。

 180227

 知恩院へは女坂から。
 残念ながら御影堂は工事中。

 180227
 180227 180227
 180227 180227
 180227
 180227 180227

 そして、元大谷崇泰院やら青蓮門院跡などを経て東山駅に戻った。

 180227 180227
 180227

*     *     *     *     *

 そして夕方。
 ホテル近くの護王神社に。ここは猪が奉納される足腰の健康を祈念する神社。

 180227 180227
 180227

 途中、御所の門・入り口を眺めながら…。

 180227 180227

 ヴォーリズ設計の大丸ヴィラを見て帰った。

 180227 180227

 ついでに京都の自転車交通施策も…。こういうので良いんだけどなぁ。

 180227

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

梅咲く京都(その1…2月26日(月))  

 02月26日(月)~03月03(土)、5泊6日の京都の旅に行って来ました。

 今回の旅は、かっての昔中学生時代に旅したところや、大学卒業頃に訪れた場所、数年前に訪れた場所を中心にして、思い出を確かめながら、京都の土地勘を養うことを中心にしたつもりです。
 今回宿泊のホテルは京都御所のすぐ近くにあります。なかなか立地に恵まれているので、その意味でもここを拠点にしてあちこち回って見るには都合が良いと思っていました。

 20180303200232.jpg
 20180303200150.jpg

 旅行をふり返ってみると、このサイト「KYOTO design」がなかなか良いかもしれません。

*     *     *     *     *


【ホテル到着~周辺散策・特に同志社大学今出川キャンパス】

■のぞみ29(新横浜11:49~京都13:48)
 新幹線、途中で見る伊吹山。この時期は特に素晴らしい。

 180226 180226

 まずは宿泊ホテルへ。
 ホテルのシャトルバスが烏丸御池のこの場所まで、20分間隔で運転してくれている。

 180226 180226

 ホテルでくつろぎ…。
 近くの同志社大学今出川キャンパスまでの散策。

 20180226

 180226 180226
 180226 180226

 同志社大学は、明治六大教育家の一人である新島襄によって1875年に創立された同志社英学校を前身とする大学であるということだが、実は建築物の作り出す環境もヴォーリズ設計の建物があるなどなかなか見応えがある。
 今回は、それらの全てを見ることができなかったのが残念。

 DSCF0939.jpg DSCF0943.jpg
 DSCF0944.jpg DSCF0947.jpg
 DSCF0948.jpg DSCF0956.jpg
 DSCF0958.jpg DSCF0960.jpg
 DSCF0962.jpg DSCF0963.jpg

 ついでに、大学の学食で夕飯も試して見ようと思っていたのだが、入試との関係で午後2時までしか営業していなかった(^^ゞ。
 これも残念。

■宿泊先ホテル
・京都ブライトンホテル
 〒602-8071 京都市上京区新町通中立売(御所西)
 ℡.075-441-4411 (代表)

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

初冬の港町・小樽 (3日目)   

 今日も7:00頃起床。昨夜も9時間の睡眠。
 ゆっくり朝食。
 昨日は食べ過ぎているし、いつもは殆ど朝食は摂らないようなものなので今日は控えめにしておきました。これに鮭汁やジュースがついています(笑)。

 171201

 昨夜は、5番街「利尻屋みのや」で、昆布のお土産を何種類か買って来ました。本店はこちらのようです。

■宿泊先ホテルからJR札幌までJRエアポート快速もしくはJR函館本線
 ・小樽築港駅(09:36)~札幌(10:02)3駅640円
 ・前後10分~20分に1本出ているため特に問題なし。

 171201 171201
 171201 171201

【札幌駅~北海道庁旧本庁舎~清華亭~】
 札幌駅はちゃんとした記憶では今回が2度目のように思いますが、かっての記憶は全くありません。景観もガラッと変わっている筈です。
 とても美しく立派な街になっているように思います。

 171201

 171201 171201
 171201

 171201 171201
 171201 171201
 171201 171201

 171201

●北海道大学散策
 裏道を通りながら、まずはクラーク像を目指すことにしました。

 171201 171201
 171201 171201

 大学の中央食堂で軽いランチを済ませて戻ることに…。

 171201 171201
 171201 171201
 171201 171201
 171201 こちらが正門でした(笑)。

■札幌駅から新千歳空港までJRエアポート快速
 ・約15分に1本出ているため特に問題ない。
 ・札幌駅(13:05)~新千歳空港(鉄道)(13:42) 6駅1,070円。

 171201 「四季彩」まで私の水彩画の会と同じ(笑)。

■札幌/新千歳空港(JAL514便 クラスY)15:00~東京/羽田16:40
 定刻通り運行。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ