… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

初夏めんそーれ沖縄の旅(3日目)  

 さて、3日目はのんびりしながら帰るだけです。
 相変わらず朝食のバイキング、控えめにしていたつもりですが、やっぱり食べ過ぎでした(笑)。

■宿泊先ホテルから那覇バスターミナル及び那覇空港までのリムジンバス時刻
・09:24(かりゆしビーチリゾート発)~10:40(那覇バスターミナル発)~11:10(那覇空港着)
 さあ飛行場へ向かいます。

 170510
 170510 170510
 170510 170510
 170510

 本日の飛行機は、到着機の遅れが響いて、結局1時間半の遅延となりました。

 170510 170510
 170510 170510
 170510

■沖縄/那覇空港(JAL0910便 クラスY)14:20~東京/羽田16:40

 なお。今回の全移動ルートは下図のとおりとなっています。

 170513

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

初夏めんそーれ沖縄の旅(2日目)  

 2日目。今日の天気予報は雨。何となく不穏な雰囲気が漂っています。

 170508 170508
 170508 ホテルのメインロビーはこんな感じ。
 朝食のバイキングはいつも食べ過ぎです(笑)。
 
●海洋博公園(美ら海水族館)と備瀬集落
【高速リムジンバス利用】
・(往路)09:26(かりゆしビーチリゾートスパ発)~10:52(記念公園前下車)→終点に変更
・バス乗車券は宿泊先ホテルフロントにて販売

 さて、ホテルの様子を撮ってから出発です。

 170509 170509

 170509

 途中、いくつかのホテルに寄りながら海洋博公園に向かいます。

 170509 170509
 170509 バスターミナルで休憩。
 瀬底島、伊江島などが懐かしい。
 170509 170509

 中央ゲートに下りる予定でしたが、備瀬に行くなら終点まで行った方が良いというので急遽変更。エメラルドゲートのある終点「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ 銀河」まで。

 170509 170509
 170509 こちら備瀬集落の方向。

●備瀬集落

 ここは学生当時、防風と防火を兼ねたフクギの屋敷林を家々の周囲に巡らした静かな佇まいの集落でした。
 「わったー東京からちゃーしが、なん屋敷みしとぅりゃしんそうらんな?(私は東京から来ましたが、あなたの家を見せてくれませんか?)」という沖縄言葉を教えてもらって家々の間取りと屋敷林の調査をしてまわりました。家には大抵の場合、お婆さんが一人いるだけ。各家にはヒンプン(生垣であったり珊瑚石の積み上げであったりするのですが)があり、雰囲気としては本土の昭和30年代。飲み水は溜められた雨水。台所はかまどから石油コンロに移行しつつある頃だったように記憶しています。
 私たちの声に、お婆さんが(喜んで?)話しかけてくれるのですが、それ以上の会話は私たちにはできません。申し訳ないような思いをしながら調査したりしていました。
 集落に入ってみれば、フクギこそ残ってはいるものの、すっかり観光地化し家々の風景は大きく様変わりしていました。当時は個々の敷地に人々の生活の臭いを色濃く感じられたものですが、今では、空き地になり、駐車場になり、観光施設になり、少し残っている家も建て替わり当時の面影を残す家はほんのわずかになっていました。

 170509
 170509

 170509
 170509
 170509 170509
 170509 170509
 170509 170509

 170509 170509

 さて備瀬の後は、備瀬ゲートから海洋博記念公園に入って、美ら海水族館です。

美ら海水族館

 170509

 以下は、館内の写真をランダムにご紹介。

 170509 170509
 170509 170509
 170509 170509
 170509 170509
 170509 170509
 DSCF9899.jpg

・(復路)15:16(記念公園バス停)~16:59(かりゆしビーチリゾートスパ着)
 さあ後は帰るだけです。

 DSCF9905.jpg DSCF9906.jpg
 DSCF9911.jpg DSCF9913.jpg

 結局、有り難いことに今日も良い天気でした。

 DSCF9927.jpg DSCF9928.jpg

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

初夏めんそーれ沖縄の旅(1日目)  

 掘り出し物の旅行パックがあったので行ってきました。
 沖縄本土へは、学生時代に海洋博会場北部の備瀬集落の調査で2週間ほど滞在したことがあります。
 その後、いつだったか、海洋博後に海上都市を見た記憶があり、会社員時代の社員旅行で来たことがありましたが、殆ど記憶には残っているものがありません。2週間の調査の印象が強烈に残っているばかりです。

■東京/羽田(JAL0913便 クラスY)11:30~沖縄/那覇14:05

■空港到着からリムジンバスの時間まで約4時間あるため「ゆいレール」にて首里城散策へ
・「ゆいレール」は10分おきに出ているため全く問題なし(首里駅まで約27分乗車)
・空港のコインロッカーへ荷物を預けて出発。

 170508
 170508

 170508
 170508 170508
 170508 170508

■首里駅~首里城公園まで徒歩約15分

 170508

 首里城に行く途中の風景から…。

 170508 170508
 170508 170508
 170508 170508
 170508 170508

 首里城が見えてきました。

 170508 170508
 170508 ここを通り過ぎて。

 守礼門。
 昔は、どうやら反対方向から入ったような…。

 170508 170508

 守礼門だけを見ただけで元の門のところに戻り、少し急ぎ足で首里城を見学。
 学生時代の調査の後に、レンタカーで首里城、今帰仁城などを見て回ったこと、久米島にも行ったことを思い出します。
 当時の想い出につながるものは全くありません。40数年の年の経過を感じます。

 170508 170508
 170508 170508
 170508 170508
 170508 170508
 170508 170508

 170508
 170508

 首里城から首里駅に向かいます。

 170508 170508
 170508 立ち寄ったスーパー。やっぱり沖縄です。
 
 下図は首里城周辺での移動ルートです。

 170513

 再び「ゆいレール」で空港に戻ります。

 170508 170508
 170508 170508

■沖縄/那覇空港~恩納村宿泊先ホテルまで空港リムジンバス利用(約90分乗車)
・18:10(那覇空港発)~18:20(那覇バスターミナル発)~19:46(かりゆしビーチリゾート着)

 DSCF9767.jpg DSCF9769.jpg

 ホテル内のプール。詩と踊りのショーも行われていました。

 DSCF9780.jpg DSCF9778.jpg
 DSCF9788.jpg DSCF9784.jpg

●宿泊先
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
 (2泊朝食付き)
 

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

春の長崎への旅(3日目)   

 今日も雨。帰る頃になり、ようやく晴れ間を見せるようになりました。
 この度は、雨の長崎の旅でもありました(苦笑)。

 相変わらずのバイキング朝食ですが、今朝は控えめにしてアミュ・プラザの「ウミノ」にてお薦めのミルクシェークとフルーツサンドを食べ、早めに空港に向かいました。

 170411 170411 170411

 JR長崎駅から長崎空港までは、約45分の高速バスです。
■長崎空港 JAL0612便 15:05~羽田16:45 

 今回は雨の中の旅、そして食い道楽の旅になりました。取材としては不十分でしたが、おかげで長崎市内の様子は大体理解できました。もしまたの機会があればもっと楽しめる旅ができるのではないかと…また訪れてみたい都市になりました。

 170411

 なお、今回の概ねの移動ルートは下図のとおりです。

 170410

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

春の長崎への旅(2日目)  

 今日も雨です。

 ホテルの朝食はバイキング。
 いつもガッツリ食べて食べ過ぎ状態で市内観光に回ります(笑)。

 雨の中、ホテルで路面電車1日乗り放題の切符を購入し、市内を回ることに…。

 まずは、グラバー園方面へ。
 ホテル前で路面電車に乗り、築町で石橋行きに乗り換え、大浦天主堂で下で下車。わかりやすいです。

 170410 170410

 坂道を上りながら「大浦天主堂」へ。予想以上のなかなか立派な佇まいです。

 170410 170410
 170410 170410

 そのまま少し歩けば「グラバー園」です。

 170410 170410
 170410 170410
 170410170410170410

 ここが明治維新の舞台の一つグラバー亭。
 しかし今は、このトーマス・グラバーが「ジャーディン・マセソン商会」の武器商人であり、明治維新の本当の歴史も日本支配のためにロスチャイルドなどに仕掛けられた「内戦」であり、それが現在の、アメリカの言いなりの長州(一部は薩摩・小泉一族など)支配とも言うべきの日本の姿にもつながっているのだと知ればとても複雑な気分です。

 170410 170410
 170410

 次いで、また路面電車を乗り継いで「賑橋」で下車し、友人も絵にした眼鏡橋へ。この頃が最も激しい雨でした。
 それでここは記念撮影だけして早々に退散。

 170410

 次に訪れたのが、昭和レトロの思案橋界隈。
 傘をさしながらの撮影はなかなか難儀でした。
 ここでは「桃太呂」本店を見つけたので一口サイズの肉まんを立ち食いです。

 170410 170410
 170410 170410

 少々疲れたので、そのままホテルに帰り休息の昼寝。昨夜の寝不足が解消できたようです。

 元気回復の後は、出直して「出島」へ。ここはかっての街並みが復元されつつあります。

 170410 170410
 170410 170410
 170410 170410

 早めの晩飯は、またアミュ・プラザに寄って「皇上皇」のちゃんぽんです。
 
 今夜は早めに寝ることにしました。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

春の長崎への旅(1日目)  

 個展が終わり、ホッとしたところで、2泊3日、春の長崎に行ってきました。
 仕事をしている頃は全国を訪れる機会が多く、全国都道府県で足を踏み入れていない所が残り数県となっている筈なのですが、長崎はその一つ。今回が初めての旅となります。
 もちろんいつもの安上がり旅です。

 雨の中を発って、雨の中を帰ってきた今回の旅、写真は少ないです。

■東京羽田 JAL0609便 12:30~長崎空港14:25
■長崎空港から
・長崎自動車㈱:長崎空港線エアポートライナー(約45分乗車)
 (長崎空港発~JR長崎駅着)
 雨の中、満開の桜が迎えてくれました。以下、車中からの風景です。

 170409 170409
 170409 170409
 170409 
 170409 社中から見た「文明堂総本店」。
 170409 これが長崎駅。
 170409 170409
 長崎は、坂の街。そして路面電車の街でもあります。

 まずは宿泊ホテル「ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション」にチェックイン。
 本当は、稲佐山、あるいは鍋冠山公園からの夜景を楽しむ予定もあったが、少し風気味の傾向もあったため、今夜は駅前のアミュ・プラザにて「すし活 長崎アミュプラザ店(回転寿司)」の晩飯、岩崎本舗の角煮まん、各店のカステラなどの試食を楽しみながら買って来た揚げ物類とビールで終了(笑)。

 170409 170410

 長崎の坂の街は尋常じゃありません。30度ほどの傾斜地に道路がどのようになっているか想像もつかない。
 路面電車は、築町(つきまち)を中心として市内をネットワークしており、様々なデザインの電車が走っています。

*     *     *     *     *

・ホテルからは、稲佐岳ロープウェイ(稲佐山山頂にて)夜景見学有り。無料シャトルバス運行。
・長崎地元民よりの情報では、鍋冠山公園(なべかんむりやまこうえん)からの夜景が良いとか。
 稲佐山からだと見えるのが住宅街側になってしまうため光はあまりキレイではないらしい。対して、鍋冠山公園からだと大きな吊り橋や長崎港が一望できるとともに、世界遺産に認定された三菱造船の一部も見られる。
 アクセス→JR長崎駅から車で約20分。「石橋」電停から徒歩2分グラバースカイロードを利用し、グラバー園第2ゲートから徒歩約10分

●宿泊先 ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション
 (JR長崎駅より徒歩8分くらい)
 (2泊朝食付き)

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

「ポルトガル旅行記」まとめました  


 取り急ぎ、今回の「ポルトガル旅行記」をまとめました。
#まだ、手直しがあるでしょうが…。

 もし、関心をお持ちの方がいましたらこちらからどうぞ!

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 1

「ポルトガル」に行って来ました  

 しばらくご無沙汰していました。

 というのは、24日ポルトガル旅行に出発し、本日帰宅したところなのです。久し振りの海外旅行…LookJTB「(添乗員がご案内する)ヨーロッパ大陸最西端の地へ、ポルトガル世界遺産ハイライト8」というものでした。

 私の海外旅行はとてもスケッチ旅行というような余裕のあるものではありません…というのは、せっかくの海外ですのであちこちとにかく見て回りたいのです。スケッチで見るところが限定されてしまうのは悲しいと思ってしまうのです…(笑)。
#それでも、いつもは小さなスケッチブックを持参してなにがしかのスケッチはしているものなのですが、今回は何も描かずにただただ見て回るだけの旅でした(苦笑)。

 いささか疲れていますが、なかなか楽しい旅になりました。

 今回まわった主要な都市は、ポルト、ブラガ、アルベイロ、コインブラ、トマール、ナザレ、アルコバサ、ファティマ、バターリャ、ナザレ、オビドス、シントラ、ロカ岬、リスボンなどの都市、ポルトガルの北部~中央部にかけてでした。
 撮影した1170枚ほどの写真(今回は少な目ですが…)の整理をしながら、絵を描きながら徐々に記録の整理をしていくことにしましょう。

 161031回遊ポイント

 今回は、私自身への土産として、(「地球の歩き方」にも紹介されていたのですが)スーパーで買った「缶詰類(記憶では一つ0.7ユーロまたは高いものでも1.8ユーロくらい)」「ルフトハンザ航空の機内食でのカトラリー」(ナイフには歯も入っていて手頃な大きさです。ちょっとシャレたマドラーもいただいてきました。)。そして、ポルトガル文化を象徴する「アズレージョ(装飾タイル)とコルクの壁飾り(5ユーロ)」。私は付いていた小さな金具を外して、鍋敷きとして使おうと思っています。
 いずれも安物ばかりです(笑)。
 
 161031 161031

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

氷川丸見学  

 今日は、名古屋から友人夫妻と息子さんが横浜へ出てくる日。

 せっかくの横浜だから、いつもと違った体験を…とまずはシーバスに乗っていただくことにしました。
#そごう百貨店前のカラクリ時計は、故障中なのかどうか、カラクリ人形はお休み中のようでした。残念。

 残念ながら、天気は小雨模様。殆どモノクロの世界です。

 151108 151108
 151108 151108
 151108 151108
 151108 151108

 そのまま予約している中華街の店に…。そして、ランチを楽しみました。
 
 ランチの後は、もう一度氷川丸に引き返して船内の見学です。
 船内には会議室などもあり、そこで座っておしゃべり。随分長居をしてしまいました。

 151108 151108
 151108 151108
 151108 151108
 151108 151108
 151108 151108

 気がつけば外はもう夜景色。

 151108 151108

 雨の日には、ここから絵を描くこともできそうですね。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

栃木ミステリーツアー  

 友人ご夫妻が予約していたけど行けなくなったというので突然声がかかりました。たまたま身体が空いていたのでOK!ということで参加してみました。「どっさり5キロ付!栃木紅葉絵巻ミステリーツアー」です。
 世にミステリーツアーというものがあるとは聞いていましたが…。あるいは、このお土産で参加という人もいるんでしょうか?
 
 川崎駅8時出発。
#GPSの結果はこのとおり。帰りのルートは電池切れのため表示できず。湾岸を回ってきています。

 151025

 途中、蓮田のSAに寄って、最初は鹿沼宿のまちの駅。
 好物のカリフラワーが立派だったので250円のものを購入。確かに野菜類は安かったです。慣れた人はこういう買い物も楽しみにしているようです。

 151025

 さらにバスはどこへ行くかわからず進みます。

 151025 151025
 151025 151025

 そして、巨大な一の鳥居を抜け、杉木立を抜けて、着いたところは天狗神社として知られているらしい古峰神社です。
 まずはその前の天狗屋で食事。
 食べ放題の栗ご飯というのがちょっと寂しかったですね(笑)。

 そして、「古峯(ふるみね)神社」「古峰園(こほうえん)」の見学。
 バスに乗る前に、本日のおみやげ「どっさり5キロ」。
 ミカン7個、りんご4個、大根、さつまいも、キャベツ一玉。これで5キロ以上ということらしい。これを目当てに参加した客もいそうです。そして、そういう人は持ち帰りの準備も万端です(笑)。
 古峰園はなかなかの庭園です。

 151025 151025
 151025 151025
 151025 151025
 151025 151025
 151025 151025
 151025 151025
 151025 151025
 151025 151025

 さらにその先急坂を登りながら古峰ヶ原(こぶがはら)高原へ向かいます。
 ここでは途中で下ろされて15分ほどの高原ハイキング。途中ヒュッテのようなものもありました。

 151025 151025
 151025

 それからは帰り道。途中の「古峯原金剛山瑞峯寺」。ここは何だか付け足しで寄ったようなお寺でした(笑)。

 151025 151025

 そろそろ夕方。
 帰路は基本的には往路を辿りましたが、都心に入る辺りから湾岸に向かいました。
 初めて見るスカイツリーや湾岸の夜景でした。このあたりの昼間の様子も見てみたかったですね。
 ろくな写真がとれなかったので、残念ながら写真はなしです。

 151025

 こんな旅で一枚くらいものにできるでしょうか?

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 2

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ