fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●5月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・5月02日(木)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・5月17日(金)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・5月23日(木)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・5月31日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 
 ●近づきましたのでお知らせします。<平澤薫+「四季彩の会」有志水彩画展>のご案内 。 

柏尾川ポタリング  

 あまりの暖かさに誘われて今日もポタリングである。

 久しぶりに柏尾川方面に行ってみた。
 残念ながら桜にはまだ早いが、河岸には多くの人が久々ののどかな日差しを楽しんでいるようだった。

DSC01251_サイズ変更

 ここもいつか描きたいと思っている風景。

DSC01253_サイズ変更 DSC01252_サイズ変更

 こちらからはいつもの眺めだが、撮影したことはあまりないという気がする。
 このまま描いても面白くないが、工夫をすれば描けるかもしれないと思う。

DSC01255_サイズ変更 DSC01256_サイズ変更

 ↑の対岸に回ってみた。
 こちらは私には親しんだ風景。

DSC01258_サイズ変更 DSC01257_サイズ変更

 環状3号の風景。ここもなかなか良い風景。昔は絵を描こうという気にはならなかったが、今なら描けそうだ。

DSC01259_サイズ変更

 いつもと違う道を走って積極的に迷ってみた。
#本当は舞岡公園の方へ行ける道を探していたつもりだったのだが…。
#しまった。この道を下って左に折れれば「見晴橋」に出られたんだった(苦笑)。後の祭り。

 しかし、風景に出会うのも一期一会。こういうのも良いものだ。

DSC01261_サイズ変更

 下り坂の風景。こういうのも好きだ。

DSC01262_サイズ変更

 サミットストアに寄ってみたが買いたいものがない。
 この後の道はあまりにも複雑すぎて、どこを走っているのかわからない。いつもの道に向かっていることだけは確か。
 途中、元気に坂道を登ってくる若者に出会った。若いということは良いことだ。挨拶をしてくれたのでこちらもお返しして別れた(笑)。

DSC01263_サイズ変更

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

春を探して…散歩ポタ  

 久しぶりに風も落ち着いた良い天気です。
 まだ桜には早いので、桜の偵察を兼ねて舞岡周辺をポタリングがてら出かけてみることにしました。

 途中、花一杯の玄関先をちょっとお邪魔しながら、富士山が見えるこの坂を登って行きます。

IMG_2776_サイズ変更 IMG_2777_サイズ変更

 いつもの舞岡公園の中に入って、先日描いた炭焼小屋の前の池からパシャリ。
良く見えないかもしれませんが、池の向こうに炭焼小屋があります。

IMG_2780_サイズ変更 IMG_2778_サイズ変更

 いつものお気に入りの風景を見られるルートを辿ります。

IMG_2781_サイズ変更 IMG_2782_サイズ変更

IMG_2783_サイズ変更 IMG_2784_サイズ変更

 IMG_2786_サイズ変更 IMG_2787_サイズ変更

 途中、菜の花に蜂が留まっているのが見えました。
 そのまま、舞岡公園を上へ抜けて走ります。

IMG_2788_サイズ変更 IMG_2791_サイズ変更

 しばらく走って、ここは貞照寺。ここも花がチラホラ。
 この前の小川を見ていたら、水面を覗いていた地元の方がこの辺りの歴史を語ってくれました。

IMG_2793_IMG_2795_サイズ変更

IMG_2798_サイズ変更 IMG_2800_サイズ変更

 平戸永谷川の緑道。ここも春めいて来たようです。

IMG_2801_サイズ変更 IMG_2802_サイズ変更

IMG_2803_サイズ変更 IMG_2804_サイズ変更

 久しぶりに気持ちの良いポタリングがでした。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

「燃える秋色裏磐梯・五色沼」への旅(その3)  

<3日目:11月15日(火)>

■07:00起床・朝食

■ 磐梯東都バス(猪苗代駅)
・(アクティブリゾーツ裏磐梯11:10 〜 猪苗代11:42)約30分 780円

 バス待ちの時間にて。

221115 221115

 帰路のバス車中からめぼしい風景を…。

221115 221115

221115 221115

221115 221115

221115 221115

221115

■JR磐越西線快速・郡山行(在来線)4駅
・(猪苗代11:58 〜 郡山12:36)

221115

■やまびこ0058号(郡山13:06〜東京14:24)

■最後に

 今回の旅のお土産。

221115

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

「燃える秋色裏磐梯・五色沼」への旅(その2)  

<2日目:11月14日(月)>

■07:00起床・朝食

■09:00五色沼散策へ

【参考】湖沼の国(裏磐梯) 

221114 221114

221114 221114

221114 221114

 毘沙門沼からの散策である。

221114

◆毘沙門沼 09:30〜

221114 221114

221114 221114

221114

 明暗による印象の違い。

221114 221114

 上向き、下向きの構図の違い。

221114 221114

221114 221114

221114

 展望台に到着。そして周辺を撮影。
 そろそろ毘沙門沼も終りに近い。

221114

221114 221114

221114 221114

221114 221114

221114 221114

◆赤沼

221114 221114

221114

◆深泥(みどろ)沼

 221114

◆竜沼

221114 221114

221114 221114

221114 221114

221114

◆弁天沼へ

221114 221114

221114 221114

221114 221114

221114

221114

221114

221114 221114

221114

221114

221114 221114

221114 221114

221114 

◆青沼

221114 221114

221114 221114

◆るり沼

 途中まで進み、るり沼を見損なったことに気づいて引き返した。

221114

221114 221114

 ここで、この展望台の脇のスペースで、奥様同伴で絵を描いている方を見つけたので声を掛けさせていただいた。
 話しをしながら、スマホ内の自分の絵を見ていただきながら自己紹介ということになり、何と日展の審査員をされている「青島紀三雄」さんであることがわかり驚愕である。嬉しかった。こんな出会いもあるのである。絵はもちろんまだ途中だったが、手慣れた表現は当たり前。スマホの中の絵はとても素晴らしかった。当たり前のことであるが…。これまでお名前を知らなかったことが恥ずかしい。
 おまけに現在開催中の日展の案内状までいただいてしまった。しばらく日展にはご無沙汰していたが、これは是非とも会場で見せていただかなくては…。
 長話をして迷惑を掛けては…と思い、感謝しながらその場をあとに、次に向かった。

◆柳沼

 ここは特に感じるものはなかったが、一応記念に残しておく。

221114 221114

221114 221114

 約4Kmの散策を終わり、五色沼も一通り見終わって気が済んだので「裏磐梯レイクリゾート五色の森ホテル」で休憩。

221114 221114

 うっかり桧原湖を見るのを忘れてしまった(笑)。
 仕方ない。帰りのバスの中から気分だけでも…。虹が見送ってくれた。

221114 221114

221114 221114

221114

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

「燃える秋色裏磐梯・五色沼」への旅(その1)  

燃える秋色裏磐梯・五色沼 11月13日(日)~11月15(火)


<1日目:11月13日(日)>

■やまびこ0057号(東京10:36〜郡山11:51)

 さあ、これから出発である。

221113 221113

221113

■JR磐越西線快速・会津若松行(在来線)4駅
・(郡山12:15 〜 猪苗代12:52)

 もしかして絵を描けるかもしれないから…と撮影順に。

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

 運転席越しにも…。

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113

■ 磐梯東都バス(路線バスにてホテルへ)
・(猪苗代13:00 〜 アクティブリゾーツ裏磐梯13:27)約30分 780円

221113 221113

■諸橋美術館(ホテルから徒歩3分)
・開館時間9:30〜17:00 (最終入館は閉館の30分前まで)
・開館期間 2022年4月27日(水)〜11月13日(日)
※2022年7月4日(月)〜7月24日(日)まで展示替え休館
※2022年11月14日(月)〜2023年4月下旬まで冬期休館

 ホテルに到着したが、橋本美術館が明日からは休館になるということで、開館時間の間に行ってみることに…。

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

■宿泊先ホテル
アクティブリゾーツ裏磐梯
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ケ峯1093-309
TEL 0241-32-3111

221113 221113

221113

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

小江戸・川越への旅(その2・10月31日(月))  

●2日目(10月31日)

◆起床07:00〜朝食

 食後の休憩の後は、タクシーで一番街の奥へ。札の辻あたりで下車。

221031 221031

221031

 昔の記憶から、その先の新河岸川河岸の風景が気になったので、そのまま先に進んだ。

221031 221031

 さあ新河岸川。河岸からの濯紫公園も見える。

221031 221031

221031 221031

 この橋も古い記憶が蘇ってくるようだ。

221031 221031

221031

 これが菓子屋横丁。まだ開店前(後で聞けば定休日の日でもあるようだ)なので人がほとんどいない。

221031 221031

 養寿院。ここへ来る途中、無人販売の柿があったので購入。

221031 221031

221031

 さあ、再び川越一番街である。

221031 221031

221031 221031

221031 221031

221031

221031 221031

221031 221031

 須賀川市から移り住んで、13年間川越の絵を描き続けているという人としばしお話し。

221031 221031

221031

221031

 この旅、結局クーポンで買ったお土産はこのレトルト3個になった。

221031

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

小江戸・川越への旅(その1・10月30日(日))  

「小江戸・川越散策の旅」 10月30日(日)~10月31(月)

●1日目(10月30日(日))

 今回は川越への旅。

■JR上野東京ライン(品川乗り換え・高田馬場乗り換え)
■西武高田馬場〜西武本川越駅

 まずは、宿泊先の「川越プリンスホテル」にチェックイン。

■宿泊先(川越プリンスホテル)一泊朝食付き
・川越プリンスホテル
・西武本川越駅から直結
〒350-8501 埼玉県川越市新富町1-22 TEL:049-227-1111

 一休みした後、タクシーで喜多院へ直行。
 以後、喜多院での風景のスナップ。光が弱くちょっと残念。

221030

221030 221030

221030 221030

221030 221030

 五百羅漢へは入場券が必要。
 茶屋で入場券をどこで買えるかと聞けば、少し離れた寺務所で扱っているというのでそちらへ行く。
ついでに、庭園を急いでパチリ。

221030

221030 221030

221030 221030

 五百羅漢を撮影する時になって、少し光が良くなったかな?

221030

221030 221030

221030 221030

221030 221030

221030 221030

221030 221030

221030 221030

 一通り撮影が終わって茶店で「芋」のおやつ(笑)。

221130 221130

 夕飯は、「西武本川越ぺぺ」内の川越市場の森という店で、かる〜く済ませた。

221130

 今夜も早めに就寝である。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

雨の中函館スケッチ旅2泊3日(2022年6月28日(火)〜30日(木))(その3)  

<3日目・6月30日(木):降ったりやんだり>

■朝食

 6時からの和洋中の朝食。この他に、ジュース・コーヒー等。

220630

■函館散策(残りの坂の制覇)

2206

 さすがに疲れが溜まってきているので、まずは坂の最上部にタクシーで到着。そこから散策開始。
 函館の雪景色を得意とした樋口洋(示現会理事長)氏が度々描かれた函館ハリスト正協会は残念ながら工事中だったが、せめてどこで描いたのかそれを確認したいという気持ちもあった。
220630 220630

220630

 今回、函館山の天気は最悪だったし、ロープウェイも運転を見合わせ中だった。残念。
 そこを過ぎて、横浜に次いで2番目、日本人技術者だけで建築したものとしては最初のものという元町配水場を過ぎて、

 220630 220630

【二十間坂】、【南部坂】(下写真)、【護国神社坂】へと来た。

220630 220630

220630 220630

220630 220630

 そして、とりあえずは函館公園へ。
 この辺りに来るとさすがにのどかな雰囲気である。

 そして、ここでしばらく絵を描くことにした。旧函館博物館1号、2号である。
この頃になってようやく鉛筆の動きが良くなってきたようだ。
しかし、しばらく雨が止んでいたと思ったら描いているうちにまたしても雨が…。

220630 220630

220630 220630

 現在の市立博物館では、平沢屏山(びょうざん)展をしていた。この人は私の親戚にあたる。
#これは真っ赤な嘘である(笑)。
 そしてこちらは市立函館中央図書館書庫らしい。

220630 220630

220630

 公園を出て、【青柳坂】【あさり坂】を見て、函館市電「宝来町駅」からホテルに戻ることにした。ホテルには荷物を預けている。
 途中、魅力的な町並みもあったが、今回は写真に納めただけ。

220630 220630

220630 220630

220630 220630

220630 220630


220630 参考:スマホの本日の移動軌跡

 今回の3日間の移動軌跡を合成すると下図のようになった。良く動いた3日間だった。
#スマホの軌跡を見ると、ちょっと間違っている部分もある(苦笑)。

2206

■函館駅から空港へ

220630

220630 220630

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

雨の中函館スケッチ旅2泊3日(2022年6月28日(火)〜30日(木))(その2)  

<2日目・6月29日(水):雨が降ったりやんだり>

■朝食(洋食)

 朝食は7時から。
 早めにレストランへ行ったものの、和洋中レストランは人気があるようで長い待ち行列。急遽和食レストランに切り替えた。

■雨の中再び函館散策へ

2206

 ホテルを出た途端、ホテル前の蔵を描いているご夫婦を発見。
 熱心な人もいるものである。

220629 220629

220629 220629

220629 220629

220629

 雨の中歩くだけでは仕方ないので、まずは昨日見つけたこの場所でスケッチをすることにした。
#描いていたら、先程のご夫婦もこの場所へ。「昨日私達もこの場所で描きましたよ。」とのこと。
 スケッチも見せてくれたがなかなか達者な方だった。市川から来ているとのことだった。

 今回、鉛筆を忘れてしまい、まずはホテルから持ってきたボールペンで描いてみた。

220629

220629 220629

 一段落したら、今回最も楽しみにしていた八幡坂へ向かうことに…。
 よく見れば、函館の街はここかしこに昔の建物が保存され、独特の雰囲気を醸している。

220629 220629

220629 220629

220629 220629

220629 220629

220629

220629 220629

220629 220629

 さあここが八幡坂の最上部。
 今日は雨がち中で、時々雨が止むという気まぐれ天気。
 そんな中、無理しても描いてやろうという気分で頑張って描いた。
 これからは友人に太さ2mmのシャープペンを借りられた。しかし、残念ながら雨の中ではなかなか濃い色が出ない。

220629 220629

220629 220629 

 その後は元町公園へ向かう。

220628 220628

220628 220628

 元町公園ではコンビニランチを済ませたところで、坂下から見える島(緑の島)の風景が気になったので、そちらに向かうことに…。
 ここが思いの外良かった。

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628 220628

 ここではこんなスケッチをして…。

220629 220629

 ここを描いていた友人と合流して、ホテルへ戻る方向へ。

220629 220629

220629220629

220629 220629

 この辺りへ来たらさすがに一休みしたくなり、スターバックスで休憩。

220629

 もう少し休んでいるという友人を残して、次のスケッチポイントを探す。

220629 220629

220629 220629

 そして、ここで本日最後の一枚。

220629 220629

■夕飯

 せっかく函館へ来たのだからささやかながら海鮮料理をちゃんと食べたいと、タクシーでお薦めの回転寿司の店へ。
 タクシーは、駅前の「回転寿司 根室花まる キラリス函館店」へ連れて行ってくれた。なかなかの人気店らしく、出る頃には結構な待ち行列ができていた。

220629.jpg

■ホテルに帰って

 ホテルに帰ってからは、昨日と同様、風呂と反省会(笑)。

 明日の朝食は6時だとか(笑)。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

雨の中函館スケッチ旅2泊3日(2022年6月28日(火)〜30日(木))(その1)  

 久しぶりに北海道に行ってきました。3人旅でした。
 天気は残念でしたが、その記録です。

<初日6月28日(火):終日雨>

 久々の空の旅で、どことなく気分が落ち着かない部分が半分、何回もの空の旅で忘れている部分、あまり気にしない部分が残りの半分…という感じ。コロナ禍以降、システムも新しくなったりしているところもあって結構ドタバタしたこともあった。
 我々は56番ゲートである。ここまで来るのにキーホルダーに付けておいたマルチツールを召し上げられた(苦笑)。友人の同じものは大丈夫だったのに…。

220628

220628 220628

■雨中の函館散策

 ホテルで荷物を預かってもらって、雨の中を早速昼食と観光に…。
 散策では、函館空港でもらったこれらのマップが大いに役立った。

 それを元に、最初に本日回遊した散策軌跡を記すと下の地図のとおりである。

2206


 まずは赤レンガ倉庫群を目指したが…まずはその前に腹ごしらえ。「函館海鮮市場本店」である。

22062601

 そして、雨の中を散策。この雨なので、私としてはこれからの下見に近い意識である。

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628

 上写真の建物の左側に雨宿りできるベンチがあった。描く気になればここで描けそうだ。
 そして再び雨の中を、港に沿って歩くと…。

220628 220628

220628 220628

220628 220628

 ここ(基坂下)へ来たら急に風景が変わってきたので、この坂を登って見ることにした。

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628 220628

220628

 さてここからどうしよう…ということになったのだが、「パンフレットにある坂を制覇してみるのはどうか…」との提案で、先に進むことにした。

【東坂】
220628 220628

【弥生坂】
220628 220628

【常磐坂】
220628 220628

220628

【姿見坂】
220628 220628

【幸坂】
220628 220628

【千歳坂】
220628 DSC08950_サイズ変更

【船見坂】
DSC08952_サイズ変更

【魚見坂】
DSC08953_サイズ変更 DSC08958_サイズ変更

 ここからは、さらに上の道を「称名寺」から戻ることにした。

DSC08959_サイズ変更

220628 220628

220628 220628

220628 220628

 さて、元町公園へ戻ってきた。
 これからは、小さな日和坂を見ながら、旧函館区公会堂、カトリック元町教会、チャチャ登り、聖ヨハネ教会などを見ながら行く。
 ハリスト正教会は残念ながら工事中で幕の中である。

220628

220628 220628

220628 220628

220628

 本日の散策はこんなところ。
 一通り気が済んだので、大三坂を下ってレンガ倉庫の方に戻ることにした。

220628 220628

220628

■ホテルにて

 ホテルに帰ったらまずは風呂。

 夕飯は、途中のコンビニ等で買った食品で、ホテルの部屋で反省会をしながら済ませた。
 本日は完全に雨に降られて、体中ビショビショ。ズボンも吊って乾かしている。散策で使った地図はもうグシャグシャ状態(笑)。

 夜は早めに寝ることにした。
 明日の朝食は7時である。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ