… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。
横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。

◆木曜日教室(外スケッチだけなら受け入れ可能です。平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。)
「次回は04月27日(木)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆金曜日教室(新規にスタート。現在募集中です)
 希望者は平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。
「次回は04月28日(金)等々力渓谷」です。(4月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんに話しを聞いてみてください。

プリンター到着  

 昨年末、不具合が生じたまま回復できずやむを得ず註文していたプリンターが予定通り到着しました。
 機種は今までのものにできるだけ近いものなので、サイズ・機能とも大きな変化がありません。先のものがマット(つや消し)の黒だったのですが、今度は光沢の黒というだけの違いにしか見えません。本体価格¥5,980でしたが、中に入っていたプリンターインクも含めての価格ですからあまりにも安すぎます。これでは修理に出すこともできません。処分する方が大変です。何故こんな仕組みになってしまっているんでしょうか?いくらインクで利益をあげるんだといってもあまりにも理不尽に思えます。

 170104

 早速、既存のコードをつなぎ替えインクを移して新しいプリンターの使用開始です。
 蛇腹式の手帳の年間スケジュール表を印刷し、古い手帳の中を新しいものに入れ替えました。手作り感満載の手帳です。
#この蛇腹式のスケジュールは、今年から販売停止になってしまったようなので自作したもの。年間スケジュールが1枚に納まるのは過去のことをふり返る時、とても便利なのです。

 170104

 そして、必要な資料の印刷をして今日の仕事は終了です。
 ようやくプリンターが順調に動くようになって良かったです。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

水彩人展開催準備作業について  

 ご存じのように「水彩人展」は公募展です。
 現在、水彩人は「同人」と「会員」で構成されていますが、「水彩人展」は、それに加えて公募に応募された「一般」による展示となります。
 したがって、水彩人展の開催のためには、主に(と言っても私に関連する部分になりますが)次のような仕事が必要となります。
◆一般の応募作品を含む全作品のチェック→審査を経て出品作品の確定→応募者への通知
◆出品作の部屋割り、配置
◆作品目録や部屋割り表及び作品タイトルなどの作成
◆同人、会員作品のハガキの展示・販売準備等

 私が分担した主な作業は、
①応募者の諸元の入力
②発送用住所ラベルの出力
③タイトルラベルの出力
④部屋割り表の出力等

 想像できますようにデータ入力はExcelで行ったのですが、私のExcelの能力はマクロを組むことはできませんで、ただ関数を何とか使える程度。
 今回の作業のために、あらかじめ作っておいた、名前を入れるとすでにExcelに入力済みの基礎的データが自動入力されるよう、「vlookup関数(今回のために初めて使いました)」のシートを使っての入力作業です。派遣社員の方と2人で、何とか入力することができました。派遣社員の方は10年ほどSEをやっていたというのでExcelもかなりのベテランでした。おかげで今回は今まであいまいだったExcelの「フィルター」機能をマスターすることができました。苦労があれば成果もあるものです。

 明日は、午前中に③、④の作業を終えてオープニングへ…ということになります。
 展示作業は、同人・会員総出の仕事になるでしょう。

*     *     *     *     *

 本日は、自宅にて各自10枚割り当ての作品目録へのイラスト描きです。
 私としては、昨年が不本意なものになってしまっていたので、今回は自分の描いた絵と連動するイメージで、しかも赤・青・黄を使って…と考えた結果、こんなものになりました。

 160923

*     *     *     *     *

 この記事を書いた後、25日午前中の作業として、展示作品のタイトル出力をするために、ExcelデータからWordへの差し込み印刷をすべく試行していました。
 私はいつもはExcelからファイルメイカーへ転送して出力をしているのですが、ファイルメイカーを使うためには、またまた自宅のデスクトップPCを持ち込まないといけません。そうしないためにはどうしてもWordで出力する必要があるのです。
 なかなか手こずってしまいましたが、何とかデータを差し込んだファイルができあがりました。

 後は、当日、部屋割り表を作成する必要がありますが、これはExcelの腕力仕事でやるだけです。
 ようやく慣れない環境での作業に目処がつきました。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

GoogleMapの進化?に驚いた  

 昔から、地図には少なからず関心があったから、様々な地図を見てきたと思う。
 本日、ストリート・ビューを見ながら、何となく明日行くところを確認していたら、ふといつもと違うことに気づいた。

 私の記憶ではGoogleMapと連動しているGoogleEarthは空中写真で、それほど間近には接近できないものと思っていた。また、3D画像を以前動かしてみたこともあった、それは3Dのデータが入力されている都心部周辺に限られるものだと思っていた。しかも、以前見たのは単なるモデリングデータで、いわゆる積み木模型を動かしてみるようなものだった。
 しかし今日はストリート・ビューと比較的低空の空中写真が連動しているのに気づいた。
 つまりストリート・ビューを遠ざけていくと、より上空から見た周辺の景観に切り替わり、しかもCtrolキーを押しながらマウスを動かすと、視点が自由に切り替わるのだった。驚いた。
 しかも建物も単にモデルではなく、ちゃんと立面画像がマッピングされているので、多少不自然なところがあっても、まさにリアルな画像になるのだ。それに良く見ると単純にモデリングデータに立面画像をマッピングしたものではない。どのような技術が使われているのか…。
 GoogleMapがこんな風に進化しているとは思っても見なかった。

 しかし、知っている人は当然知っているわけだろうし、今更驚くようなことではなかったんだろうか?

 ちなみに、私の住まいの近くでは…。

 160716 これは普通のストリート・ビュー。
 160716 ストリート・ビューから引き下がって見たところ。こんな画像に切り替わる。

 以下、視点を変えて見た。こうした情報があると、スケッチポイント探しやポタリングにはとても役立ちそうだ。
 ついでに横浜港の方まで見てみることもできる。上大岡辺りの建物データもちゃんと入っている。さすがに横浜港周辺は表示が省略されているようだ。

 160716 160716
 160716 160716

 一体、どの地域までこんな風に加工されているんだろうか?と今度は田舎を見てみた。

 160716 これはストリート・ビュー。
 160716 そして空中写真。

 さすがに建物データは入っていないが地形データは入っているようで、高さはやや低いが起伏は十分わかる。
 へ~、こうやって上空にあがると、南アルプスを超えて富士山が見えることになるんだ。当然だけど…。

 160716 160716

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

NAVITIMEに登録  

 「NAVITIME」という乗り換え案内に特化した地図サービスのサイトがあるのをご存じでしょうか?

 私はこれまで、電車の乗り換え案内やら自転車の移動ルートの検索などにこれを使ってきました。これは事実かなり便利なサイトで、これ以上深い情報を必要とすることももないだろうと考えていたのですが…。

 本日、バスのルートやら時刻やらの検索をしていて、バスの到着場所・時間などの案内を検索していたら…とうとう「登録しないとその先がわからない」という状況に遭遇してしまいました。もともと有料サービスがあるということは知っていたのですが、どのような場面でそれが必要かわからなかったのです。なるほどこうやって登録者を増やしているのですね(笑)。

 しばし、迷ったのですが、とうとう登録してしまいました。月額300円です。
 と言いますのは、横浜市では70歳になると市内のバス移動に関しては、当初に一定額を納めるとバス・地下鉄とも、それ以上は無料で移動できるというサービスを提供してくれています。それでいずれバスを効果的に使うにはメリットがあるかもしれないと考えたのです。
 もちろん(まだやったことはありませんが)iPadからも使えるはずです。

 皆さんにお勧めしたいというわけではありません。
 ただ、そんなサービスもあるということがわかれば、少しは便利なこともあるかもしれないと思いまして…。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

敏感すぎるマウスの問題解消  

 このところマウスが敏感すぎ状態になっていて、ファイルをちょっと動かそうとしただけで画像が開いたりしてしまい少しイライラが溜まっていました。通常のコントールパネルからの設定変更では解消する問題ではありませんでした。
 そこでやっぱり何とかしようと、本日「マウスが敏感すぎる」と検索したら、やはり同様の症状で困っている人が結構いる様子。いくつかの回答を見つけました。

 その中で、私の問題はこちらで解消したようです。
 ご参考までに。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

プリンタの交換、ポリカ中空板の発注  

 個人的にしばらくですが忙しい生活に突入しています。

 そんな中、新しいプリンタがようやく動くようになりました。しかしインクジェットプリンタのインクはすぐに終わってしまいます。新しいインクがどれほどもってくれるか…。
 今まではEpson、今回初めてCanonのものを使ってみることにしました。但し今までの使い方から、前面給排紙、上部面フラット、64bitでも使えることなどを条件とします。
 今度のものはPIXUS MG3230でした。できるだけ安いものを選択したつもりですがどうなんでしょうか…。

 141015

 また、絵仲間のためにビデオ三脚用のイーゼルを10数枚作ろうと思っているのですが、メイン材料としてポリカーボネート中空板を使うことにしました。軽量であり使いやすいことが条件ですが、いわゆる「ブラダン(プラスチック段ボール)」とは素材が異なりますのでご注意。
 またこれは断熱にも効果的なので、ついでに結露しがちな窓の断熱にも使おうと大型サイズのものを一緒に発注することにしました。
 見積もり・購入は以下のサイトを使っています。ご参考までに…。
◆ポリカーボネート板売り.com
◆ポリカ.com

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

エプソンプリンタ EP-801A「廃インク吸収パッドエラー」の修理へ   

 2014年の賀状は昨年末には出すことができず、申し訳ありませんが、いただいた賀状に返事を出すことで許していただこうとプリンター印刷作業を進めていました。

 途中から何やら警告が出ていたのですが、とうとう残り40枚ほどで「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。」と出てストップ。「お買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼ください。」とのメッセージ。
 さあどうしましょうか?ということでネットを探ってみました。

 どうやらこのまま修理に出すと1万円くらいかかるようです。それよりも日数がかかるのが痛い。
 それに、ネットの事例を見ると何とかできそうな気がしてきたので、これから修理に挑戦することにしました。さあどうなることでしょうか(笑)。

*     *     *     *     *

 結局、実作業1時間ほどでプリントが再開できました。

 廃インクパッドというのは、インクのプリンタヘッドのクリーニングなどをした際に、排出したインクを溜めておく部分なのですが、そこからインクが外にこぼれないように吸収しておくパッドのようです。

 今回は、とりあえずパッドに吸収されているインクを少し絞ってから戻したのですが、おかげで指先が真っ黒になりました。一時的に使えるようにするのなら、ソフトでカウンターを戻して動かしていれば良かったと考えたのですが、もう後の祭りです(笑)。

 プリント作業が一段落したらパッドを洗って干してから戻して上げれば良さそうです。
 中には排出するためのチューブを延長して、排出インク専用のボトルに入れるように改造した人もいます。私も次はそんな改造をしてみようかと思っています。
 今回の作業では下記のサイトが参考になっています。写真は参考にしたサイトからお借りしたものです。

◆廃インク吸収パッドの取り外し方について
 「EP-801A 廃インク吸収パッドの トラブル解消法」
 「廃インクカートリッジの外し方」

 140102


◆廃インク吸収パッドの洗浄について
 「廃インク吸収パッドの洗浄をしてみる」

◆リセットのためのソフトについて
 「廃インク吸収パッドエラーのまとめ」

 ハード面は特に問題がないのですが、ソフトの入手にちょっと手間取りました。というのは、ソフトをダウンロードできるサイトの多くが消去されているのです。どうやらメーカーにはこのソフトをフリーで使わせたくないという意図があるのかもしれません。この上位機種ではソフトを購入しなければ入手できないようになっているらしいからです。

 いずれにしても、これらの作業は自己責任ですね。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

データベースを考えようか?  

 展覧会が終了して今はその整理作業中です。

 忙しい筈なのに、こういう時に限って何か他のことをしたくなるのは、その昔、受験勉強の頃とあまり変わりません(笑)。

 一応展覧会の時には、展示品のリストをつくりそれをラベル出力して作品タイトルを作成していたのですが、そろそろ作品のデータベースでも作っておいた方が何かの役に立つかもしれないと考え始めました。
#昔から、いつもそのように考えていてもあまり役に立った記憶がありませんが、それでもこんなことを考えるのは一種の病気かもしれませんね(笑)。
#強いてこじつければ、人間年齢と共に物忘れが良くなります(笑)。そんな時、記録しておいたことが何かの役に立つかも…そんなところでしょうか?


 そこで考えたのがもう何十年も使っているFilemakerによるデータベースです。
#私のFilemakerはVer4.0ですが、今でもちゃんと使えています。今はこれでラベル出力をしています。

 今まで展覧会用にしか使っていなかったこれを作品データベースにしようと思ったのです。
 そしてとりあえず作ったのがこちら。どの展覧会で展示した作品だったのか、嫁入りした先はどちらだったかなど、加えていくべき項目もいくつかあります。
 これからはこちらも絵を描くのと並行して充実していこうと考えたところで、本日はやめにしておきましょう(笑)。
#もちろん、データベース用ソフトですから、随時、項目やレイアウト等は変更できますし、データ変換してエクセル等とも相互にやりとりすることができます。

 130619DB

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 2

プリンター紙送り不調の修理  

 今頃ですが…(^^ゞ

 例年、年賀状を印刷していると、必ず紙送り不調に見舞われていました。特に厚手のハガキの場合にはその頻度が多かったのですが…。
 その度に思うことは「紙送りのローラーが汚れなどで滑りやすくなっているのに違いない」ということ。
 
 今日は覚悟してローラーの汚れをとることにしました。
 写真左のように、角棒に荷造り用テープを(もちろん粘着面が外側になるようにして)巻き付けて、写真右のような要領で奥のローラーをゴシゴシ(笑)。これで一定の汚れはとれたと思います。

 121229 121229

 しかし、それでも時々最後のところで引っかかってしまっているようでした(ぼけていますが写真左)。
 もっとスムーズにしてみたらどうだろうと、ヤスリを使って角をできるだけ滑らかにしてみました(写真ではわかりにくいかもしれませんが…)。

 121229 121229

 これですっかり調子が良くなってしまいました(笑)。以後はトラブルなし。

 皆さんもこんなトラブルがあった場合にはこの方法はいかがでしょうか?もちろん自己責任で…ですが。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 2

ホームページ作成へ  

 昨日の「水彩人」総会では、現在の水彩人のホームページをきちんとしたものにしよう…という話題もあった。

 今までは、ホームページというのは、それにふさわしいソフトがあってそれで作成するもの…と考えていたが、最近は特にホームページ作成ソフトを持っていなくても、ブログのような感覚で作成・編集などが簡単に、しかし結構きちんとしたデザインでできるサービスがいくつかあるらしい。
 昨日の会議の中で話題に出ていたのが「ワードプレス」なるサービス。どうやらレンタルサーバー的な機能とセットになったホームページ作成サービスの会社(というかシステム)らしい。
 そして昨夜、家に帰ってからFacebookに触っていたら、広告が出ていたのがこちら「WIX」

 私のホームページ作成ソフトは、はるか昔Macの頃から使っている「ホームページPro3.0」。スタイルシートの概念すらない頃のものなのでオシャレなページをつくるにはちょっと工夫が要る。その他にはホームページ・ビルダーやらGoliveなどというソフトも使ったことはあるが、これらはまともに使ったことがなかった。またつい最近、友人にホームページ作成の方法を教えて欲しい頼まれたことがあった。その友人は既にソースネクスト社の○○ゼロというソフトを使っているというので、私もネットで購入してみたが、とてもまともに使う気になれないものだった。それぞれのソフトに対する相性のようなものもあるのかもしれない。
 
 そんなものに比べると上記の2つはどんなものか試して見たいと思い、とりあえず無料のWIXを使ってみた。
 まだまだ途中だけどこんな感じになった(http://kahirasawa.wix.com/watercolor)になった。

 もちろん、細かなカスタマイズが必要だけど、意外と使えるかも知れないと思っているところです。

*     *     *     *     *

PS
 その後、いくつかの情報を聞いていると、このWIXというサイト、かなり良くできたサイトだと言うことがわかってきました。
 HPを作りたいと思っている方、いかがでしょうか?
 特に専用ソフトが必要だとか、特別のノウハウが必要ということはありません。ブログの更新と同じように作ってみれば良いんです。皆さんにもお薦めできそうです。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ