FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 休止していた教室活動は6月から再開しています。
 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 10月22日(木)王禅寺(10月からの日程)
■金曜教室
 10月23日(金)大さん橋から(10月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

「水彩人 2020WEB展覧会」のご案内  

 新型コロナウィルスの影響で、本年度の東京都美術館での第22回展が中止になりましたが、新しい試みとして同人・会員の作品発表の場をWEB上で設けています。

 ご高覧いただきたくご案内いたします。
 (下のご案内をクリックしていただければ会場に入れます)

200908水彩人

 なお、私の展示作品は、以下の5作品です。

1)海辺の屋並み:F6(伊根)

2)逆光の合掌造り :F6(白川郷)

3)農家の春:F6(横浜市戸塚区)

4)路地の雨:F6(長崎・思案橋)

5)佇むヨット:F6(江の島ヨットハーバー)

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

今の時期の舞岡公園  

 このところまともに外出していませんでした。

 そろそろ通常の生活に戻そうという時期なので、外出生活に慣らさないと…と、だれそうになる気持ちを奮い立たせて出かけることにしました。目的地は、近いうちに絵を描く予定の舞岡公園。スケッチできそうな場所を探しにと…。

     *     *     *     *     *

 まずは、近くのとある家の玄関先に咲き乱れる花を手始めにパチリ。

200608 200608

 今日は山側から攻めることにした。
 この地蔵さんも、今日が一番表情が良い。

200608 200608
200608

 急な階段を降りて…ここはかっぱ池である。池の端に河童が相撲をしている像がある。

200608 200608

 そしていつもの小谷戸の里に入った。
 緑が鬱蒼としているので、いつも撮影している風景はこの時期はあまり面白味がない。

200608 200608
200608 DSC04687_サイズ変更
DSC04689_サイズ変更 DSC04693_サイズ変更 200608

 そして水田をパチリ。
 水車小屋は木々に覆われてしまっているので、ずっと近づいてパチリ。ついでに畦道に咲いていた小花も…。

DSC04695_サイズ変更 DSC04697_サイズ変更
DSC04700_サイズ変更 DSC04702_サイズ変更

 今日はこんなところで、公園を出て…。
 こんな水路を撮りながら今まで登ったことのない道を登って行った。
#ここは先日、ストリートビューでは歩いていたんだけど…。

DSC04705_サイズ変更 200608
200608 200608
200608

 そして、今日の散歩も終了。

200608


category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

「水彩レシピ・第4集」の私のページ  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category: ┗文献

tb: --   cm: --

JWS展(第10回日本透明水彩会展)のご案内  

 コロナ騒動のさなかですが…、今現在実施の方向で着々と準備を進めています。
 状況が変わりましたら改めてご案内します。

 そうそう、「水彩レシピ・第4集」も出来上がって、会場で販売されていることになっています。
 

200320

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

個展、中止しました  

 過日お知らせしたとおり、明日から3月4日から開催予定となっていました「平澤薫 水彩画展」でしたが、急遽中止とさせていただいています。

 200303

 会場の「ギャラリーび~た」には、ギャラリー側のご好意により、上の挨拶文とともに、作品を数点を(会場左壁面に)展示させていただいています。

 皆様にはまたの機会を楽しみにして頂ければ幸いです。

 200303 200303
 200303 200303

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 4

「第4回 四季彩の会 絵画展」、無事終了しました  

 「第4回 四季彩の会 絵画展」、無事終了しました。
 ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 以下は、会場の風景と動画です。
 動画は暇な折にでもご覧いただければ…と思います。
#ただ、動画は撮りっぱなしで何の編集もしていません。

 200120 200120
 200120 200120
 200120 200120
 200120 200120

 以下の動画は、タイトル文字をクリックしていただければ、より大きな動画を見られます。

 目録も入れておきます。

 200120 

◆No4 四季彩の会 絵画展(その1)
 
 

◆No4 四季彩の会 絵画展(その2)

 

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

電熱ベスト…こんなものがあります  

 キャンプをしている人達のブログなどを見ていると、最近はバッテリーで稼働する様々な電気製品を使っている場面が多くなってきています。大容量のバッテリーが安くなってきたので、災害対策を兼ねて購入する人が増えてきているのでしょうか。

 冬期、外で絵を描いていると、寒い日だからというだけでなく、日陰などで絵を描いたりしていても、2時間もすると身体の芯から凍えてくるのを感じます。それで、モバイルバッテリーで使える電熱ベストはどうかと考えたのです。

 それで、届いたのがこちら「JBHOO電熱ベスト(1570円)」です。価格も価格だから、まあお試しのつもりです。注:5V/2AのUSB出力端子を使用のこと。
 モバイルバッテリーも近年安くなっているので大容量のこちら「モバイルバッテリー 25800mah(2499円)」も注文してみました。注:右側が5V/2A。左側は5V/1A。

 200116 200116

 電熱ベストに付いてきた説明資料はたったこれだけです(笑)。

 200116 200116

 そしてバッテリーの説明資料がこちら。

 200117 200117
 
 心配していた品物の質感はまあまあ。サイズ調整もみっともないほどでもありません。私としては許せる範囲。何しろ価格も価格ですし…(笑)。
 早速、電熱の具合を試してみました。

 十分検証できているわけではありませんが数時間は使えると思います。「強」から「弱」に切り替えても、お腹周りから背中がじんわりと温かい感じでいられます。
 まあ結構使えそうだ…というのが私の結論です。
 出力のUSBポートがもう一つありますから、場合によっては膝掛けのようなものにも使えるかもしれません。

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

「第4回 四季彩の会 絵画展」始まりました  

 本日、「第4回 四季彩の会 絵画展」は、12:00、無事にオーブンしました。

 200115

 搬入のため、皆さんが勢揃いしましたので、記念写真撮影です。
 会場の様子は(手持ちですからブレブレですが)動画に撮っていますので、後日紹介させていただきます。
 会場や各自の絵の雰囲気だけは感じとっていただけると思います。記念のつもりでご覧下さい。

 200115

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

いよいよ「第4回 四季彩の会 絵画展」が始まります  

 いよいよ明後日から「第4回 四季彩の会 絵画展」が始まります。

 44人、122点の力作が展示されます。水彩画に関心をお持ちの方々、是非、お出かけ下さい。

 そんな中、私は何枚かの絵を仕上げていました。

 200113 晩秋の古民家(舞岡公園):F6
 200113 紅葉の山下公園通り:F6
 200113 晩秋の称名寺:F6
 200113 海上からの舟屋群(伊根):F6
 200113 晩秋のせせらぎ公園:F6

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

ノスタルジックな港町・鞆の浦への旅 12月23(月)~25日(水) (その3・12月25日(水))  

【3日日・12月25日(水)】 鞆の浦~帰浜

 本日は本当の快晴。日差しの明るさが違っている。
 出発は11:20だから、それまであちこち回れそうだ。

■朝食

 今朝はのんびり8:00朝食。

 191225 191225

■朝散歩

 外に出ても、町に注ぐ光が違っている。日差しが明るく心地良い。何となく私のテンションも違っている。風景には光がいかに大切かわかる。
#昨日までの写真と是非見比べて欲しい。

 191225

 さて、まずは鞆港の方へ向かってみよう。

 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225

 そして鞆港へ出た。今日はちょっと水位が高いようだ。
#昨日ここで絵を描いていた人が今日もいた。奈良から来たそうである。

 191225 191225

 そして再び街中へ向かう。

 191225 191225
 191225 191225
 191225

 今度は太田住宅の前を通って再び海へ出る。ここは、常夜灯のある広場である。

 191225 191225

 この後は、太田住宅の脇を抜けて保命酒酒蔵の方へ向かう。

 191225 191225

 ↓建物の間に見えるとんがり屋根の洋館風建物は宮崎駿のポニョの舞台になっているらしい。考えて見たら、昨日訪れた医王寺のすぐ下で、この建物はちょっと気になる存在だった。

 191225

 この海は漁協前の海。
 医王寺の方を見上げてみるとポニョの家も見える。

 191225 191225
 191225 191225

 ここまで来たので、これからは面白そうな風景をスナップしながらホテルの方に戻ることにする。

 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225

 ここに立ったのは何度目になるか…。しかし、少なくともこれがこの旅行の最後である。
 この後は「波止め」の方を回ってホテルに帰ることにしよう。

 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225 191225
 191225

 このカフェにも入ってみたかったが、残念ながら昨日は定休日だった。

 191225

 そして、對潮楼を見上げ、仙酔島からの渡船を眺めつつ、福山駅への送迎バスに乗るべくホテルへ戻った。

 191225 191225

■福山駅にて(送迎バスにて鞆の浦11:20~約30分余)

 191225 191225
 191225 191225

■のぞみ 号(福山13:03〜新横浜16:14)

 こうして、この旅も無事に終了した。

 最後に、この旅の私自身へのお土産を紹介してみよう。
 太田住宅の近くのおばあさんのところで買った「いりこ&ちっちゃいか」と「保命酒(小瓶)」(これは瓶の方が欲しかった(笑))である。
 「ちっちゃいか」はネーミングに惹かれたせいもあるが、なかなかの珍味で良かった。

 191225 191225

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ