… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

第9回個展始まりました  

 いよいよ今日は個展初日。暑さの中始まりました。

 今日の9回通路はこんな天気です。
 いつもは見えていた富士山ですが、残念ながら今日は見えませんでした。

 80718 80718

 スタートしたばかりの時間帯、会場はこんな感じでした。
 ちょっと雰囲気だけでも撮影しておこうと…。

 80718

 今日は、昔の仕事時代の友人知人が何人も来てくれてお互いの近況報告もできました。個展をしていなければ、こんな経験もできないところですね。嬉しく、またありがたいことです。

 今回初めてポストカードを10枚だけですが用意してみました。
 こんな時期なので、水害被災地への義援金としても活用できたらと考えています。

#こうした義援金は、組織を通じて行うと組織の運営費に多くの割合が持って行かれてしまいますので、直接被災地に届けられるようにしたいと考えています。
#私の得た情報に寄れば、矢掛町という町があります。報道もされないため支援の手がなかなか届いていないようです。こうした地域にこそささやかですが、お届けできたら…と考えています。
#個展に来られた方々にも、私の思いに共感していただけたら…と願っています。

#いずれにしても、この結果はこのブログでご報告させていただきたいと考えています。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

水彩人展・小品展 のご案内  

 直前にならないといろいろ準備できない私でも、そろそろ個展準備でお尻に火が点いた状態に入ってきました(笑)。

 そんな中、こちらの展覧会が近づいていますので再びお知らせします。
 私の個展は一週間後18日からです。こちらもよろしくお願いいたします。



 以下のような展覧会が開催されます。
 私の展示作品は1枚(F6)ですが、他の方達がどのような作品を展示されるのか今の段階では想像もできません。

 東京駅に近い立派な会場ですから、時間の都合のつく方、是非足をお運びいただけたら…と願います。
 そうそう、合わせて水彩人20回展の記念作品集の出版も予定されています。是非お手にとってご覧下さい。

 水彩人展・小品展

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

第9回個展 へのご案内  

 そろそろ1ヶ月後に迫ってきました。

 個展も9回目となりました。
 是非ご高覧の程、よろしくお願いいたします。

 2018個展

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 1

秋のスケッチ旅行の下見:日野春(その2)  

 さて2日目の朝。 宿の周囲を散歩してみました。

 まずは昨日、小雨の中で小さな絵を描いた駅前です。

 180531 180531
 180531

 そこから甲斐駒ヶ岳の方を見ながら北の方へ。

 180531 DSCF1800.jpg
 DSCF1803_2018060118213372d.jpg DSCF1806_2018060118213515b.jpg

 交差点を下の方へ下りてみました。少し陽も出てきたような…。
 そして小さな散歩終了。宿の脇の小さな坂道に出てきました。
 朝食も満足でした。

 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531
 180531 180531

 さて、朝食が終わりひと休みした後、宿の主人に水車の里公園まで送ってもらい、そこで絵を描くことにしました。
 しかし1時間ほど描いたところで、タイミングを見計らったように雨が降ってきました。
 帰りはこの山ももう見えなくなっていました。

 180531kaikoma_f6y

 180531 180531
 180531 180531

 結局、宿の主人に駅まで送り届けてもらい、丁度来た帰りの電車に飛び乗りました。この雨ではいても仕方ありません。

 それでも帰るには早すぎると、甲府駅でほうとうの店「小作」で「かぼちゃほうとう」。今はいろいろなほうとうがあるようです。
 そして舞鶴城公園を散策して帰ってきました。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

秋のスケッチ旅行の下見:日野春(その1)  

 秋のスケッチ旅行の下見のため、友人2人と日野春というところに行って来ました。
 ここは甲府から6駅、「画家の宿」志満屋という旅館があると聞いて選んだところです。

 この日は午後あるいは夕方から雨になるとの天気予報。
 駅はこんな駅。途中、上から見た正面が当該の宿でした。

 まず、休んだロビーから外を見ても山が見えるか見えないかと言ったところ。

 180530 180530
 180530 180530

 宿の主人が案内をしてくれるというので急遽案内してもらいました。
 あまり愛想がない、ぶっきらぼうな雰囲気ですが一応やって欲しいことはやってくれます。ただ、運転は乱暴でした(笑)。
 この地図は、ちょっと不明なところもありますが案内してくれた巡回ルートです。
#緑色は翌朝の散歩ルート。

 20180601

 さて、巡回中はこんな天気。写真を撮っている時間ももらえませんでした(苦笑)。

 180530 180530

 仕方ないから…というわけではないのですが、あちこちに飾ってあった沢山の絵や写真からほんの一部を紹介しておきます。

 180530 180530
 180530

 夕飯まではちょっと時間があったので、1時間ほど駅前のスケッチをしながら時間を過ごしました。

 180530hinoharu02 180530hinoharu01

 夕飯はなかなか豪勢です。

 180530

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

JWS(日本透明水彩会)総会に参加  

 本日はJWS展の中間日。総会がありますので会場に出向き、その後の総会・懇親会にも参加してきました。

 まずは東京駅。一昨日はカメラを忘れてiPadでの撮影でしたので、再度(撮影だけの)リベンジです。

 180421
 180421 180421
 180421 180421
 180421 180421

 こちらは本日の展覧会場。ついでに私の作品(ホワイトバランスが違っていたのを調整したのですが、色味がちょっと違うかも)。

 180421 180421

 今日来ていただいた人から聞いたのですが、先日個展を開催したばかりのこちらの同年代の絵仲間が個展の後急逝されていたのだとか…。今回の個展は失礼してしまったのですが、伺っておけば良かったと悔やまれます。ご冥福をお祈りします。

*     *     *     *     *

 その後は総会と懇親会。
 総会は1時間ちょっとで終了。そして懇親会です。
 写真は、懇親会後の記念撮影です。
 誰かのスマホで撮ったものでしょうか(明るさだけ調整しています。)?凄く広角が利いているので遠近が強調されすぎています。影に隠れてしまっている人もいます。なのに、私は…申し訳ないです(苦笑)。

 180421

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

JWS展(日本透明水彩会展)のご案内  


 4月18日から、第8回JWS展(日本透明水彩会展)が始まります

 お時間の都合がつきます方、是非ご覧いただけますようお願いいたします。
 私は、確かなところでは、21日(13:00~16:00頃まで。この後総会。)、24日(13:00頃~17:00頃までこの後搬出。)、会場にいる予定です。

 180325180325

 また、会場には、展覧会に合わせて出版された本「透明水彩レシピ3 樹木を描く」が展示販売されています。
 是非お手にとってみて下さい。

 180416

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

舞岡公園ポタリング  

 天気が良くなってきたので久々のポタリングに出る気になりました。
 もう春の気配が漂っているということもあります。今、春を探しておかないとチャンスを逃しますし…。
#普段はこんなことはブログに書かないのですが、久し振りなので書いてみる気になりました。

 こんな時には、まずは近くの舞岡公園から回るのがいつものコースです。

 あちこちに春の気配。着実に春が来ているのを感じます。

 DSCF1330.jpg DSCF1333.jpg
 DSCF1335.jpg

 もちろん舞岡公園にも春は訪れています。
 
 DSCF1336.jpg DSCF1337.jpg
 DSCF1339.jpg DSCF1342.jpg
 DSCF1344.jpg DSCF1345.jpg
 DSCF1346.jpg DSCF1349.jpg
 DSCF1350.jpg

 ここで絵を描いている方がいたので声を掛けさせていただきました。ついでに写真もお許しいただいてしまったのですが…。
 墨だけで描かれた絵ですが、もう10年ほど描かれているということでとても達者な絵です。ここまで描けるなら絵の具を使われたらとても素晴らしい絵になるように思ったのですが…。

 DSCF1354.jpg
 DSCF1351.jpg DSCF1352.jpg
 DSCF1353.jpg

 ここで炭を販売していたので購入しました。一袋100円でした。

 DSCF1357.jpg DSCF1355.jpg
 DSCF1358.jpg DSCF1359.jpg

 公園の門を出て…ひと休みです。

 DSCF1360.jpg

 公園を出た後はいつものコースです。いつも少しずつ変えて新しい道を走っています。
 ここに本格的な春が来るにはもう少しかかりそうです。ここもいつか描くことになるでしょう。

 DSCF1361.jpg

 後はあちこち春をつまみながら帰りました。

 DSCF1362.jpg DSCF1365.jpg

 たった13.85Kmなのに、久々のせいか年齢のせいか、今日は結構疲れました。
 ちなみにカン太というのは(以前絵を描いたこともありますが)私の愛用の自転車の名前です。他にもいますけどね…(笑)。

 180318

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 1

梅咲く京都(その6…3月3日(土))  

【帰浜】

 今日はいよいよ帰浜の日。
 最後になってしまったが、ホテルの様子でも…。

 今回、天候にも恵まれて良い旅になった。

 180303 180303
 180303 180303

 いつもの京都駅。ここも外人さんが随分多くなっている。

 180303

■のぞみ226(京都13:05〜新横浜15:04)

 帰りの新幹線車中。
 気になったものを狙って撮った。

 180303 180303
 180303 名古屋山崎川。
 180303 180303

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

梅咲く京都(その5…3月2日(金))  

【北野天満宮~立命館大学~等持院~嵐山】

 京都も今は梅の季節。そこで先日見逃していた北野天満宮から歩いてみることにした。

 180302

 20180302

 北野天満宮、もちろん学問の神様、菅原道真公を奉った天満宮、天神社の総本社である。
 一部工事中であり、今は梅の時期ということもあって、人の流れを制限するロープが張られていて通り抜けができないようになっていた。私と同じように行き止まりから戻らざるを得なくなった老人がつぶやいていた一言「最近は神さんも、私たち商売人より商売が上手になってきたようだ…。」が可笑しかった。

 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302

 その後は平野神社へ抜けようと思ったのだが、ここでも通路が閉ざされていた場所がありわざわざ迂回しながらようやく平野神社に到達した。
 平野神社のメインの入り口は東側からである。しかし真っ直ぐ本殿へ行けないようだったので広い道が接している西の方へ回れば行けるのかもしれないと回って見ればこちらがわには入り口は無し。何とも不思議な…。

 180302 180302
 180302 180302
 180302

 平野神社はそもそも目的ではなかったのであきらめて立命館大学へ。
 ここはもしかしたら弟が学ぶことになっていたかもしれないと思えば感慨がある。
 キャンパスは同志社と異なり、街中に埋もれるように配置されているので入り口が良くわからないまま進んだら、28日に通った道に出た。
 キャンバス内の建物は個別に○○館と呼ばれているだけなので、建物名称だけではその場所や内容が全く理解できない。つまり施設はオープンであるが内部は良く知った人しか自由に行動できないようになっているようだった。
 学食で昼飯でもと思ったが、メインの建物は工事中で閉鎖されていておりしかも昼時で混雑もしていたのであきらめて外に出た。

 180302

 その後は等持院でも…とブラブラしてみた。
 
 180302 180302

 さて、ここからどこへ行こうかと思ったが、嵐山は前回の記憶もあまり確かではないので、この際ちゃんと見ておこうと行ってみることにした。ここまでくれば電車に乗るだけだから…。

 嵐山はやっぱり時期としては早すぎた。
 しかし、観光客は以前の記憶とは桁違い。外人も数多い。駅舎を始め飲食施設も殆どが改築新築されているようで、すっかり観光化されてしまっているようだった。

 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302
 180302 180302

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 1

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ