… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。
横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。

◆木曜教室(外スケッチだけなら受け入れ可能です。平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。)
「次回は06月22日(木)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。現在募集中です)
 希望者は平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。
「次回は06月23日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

「第2回 四季彩の会・絵画展」が迫ってきました  

 「第2回 四季彩の会・絵画展」がいよいよ明後日から始まります。
 今はその準備中ですが、プリンターは新しくなりましたし、コンビニで拡大コピーが楽にできることも昨年の経験でわかりましたので順調に進んでいます。

 会場も昨年の倍の広さになり、会の皆さんも頑張って仕上げていますので、昨年以上に充実した展覧会になることでしょう。
 なお、水彩画をどのように描くか参考にしていただけるよう、私のデモを25日(土)15:00から予定しています。

 是非、ご高覧いただけますようお願い致します。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

教室No136:戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)  

 今日は、グループ展前の各自の作品に最後の補筆をするための時間と考えて、自由に絵を描ける時間としました。

 ところがもう多くの方々が作品を仕上げてきているようで、今日は殆どの人が各自の風景を描く時間となったようです。
 私の方は、デモをするほどの時間がとれず、今日は皆さんの絵を見ながらアドバイスということになりました。

 終了間際、いつものように皆さんの絵を並べて講評させていただいたのですが、それぞれ素敵な作品に仕上がっていたようです。
 この調子なら、間近に迫ってきた展覧会も皆さんの期待に添えられそうな感じです。
 是非、楽しみにしていただけたら…と思っています。

 今日は残念ながら写真・画像はありません。

category: ┗雑談

tb: --   cm: 0

プリンター到着  

 昨年末、不具合が生じたまま回復できずやむを得ず註文していたプリンターが予定通り到着しました。
 機種は今までのものにできるだけ近いものなので、サイズ・機能とも大きな変化がありません。先のものがマット(つや消し)の黒だったのですが、今度は光沢の黒というだけの違いにしか見えません。本体価格¥5,980でしたが、中に入っていたプリンターインクも含めての価格ですからあまりにも安すぎます。これでは修理に出すこともできません。処分する方が大変です。何故こんな仕組みになってしまっているんでしょうか?いくらインクで利益をあげるんだといってもあまりにも理不尽に思えます。

 170104

 早速、既存のコードをつなぎ替えインクを移して新しいプリンターの使用開始です。
 蛇腹式の手帳の年間スケジュール表を印刷し、古い手帳の中を新しいものに入れ替えました。手作り感満載の手帳です。
#この蛇腹式のスケジュールは、今年から販売停止になってしまったようなので自作したもの。年間スケジュールが1枚に納まるのは過去のことをふり返る時、とても便利なのです。

 170104

 そして、必要な資料の印刷をして今日の仕事は終了です。
 ようやくプリンターが順調に動くようになって良かったです。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

思いがけない発見・出会い  

 TVがあまりにもつまらないのでYoutubeを見る機会が増えてきました。それも、最近の関心はキャンプ関連です。絵を描きたい風景の朝や夕方の空気を感じるために、いつかキャンプをしたくなるかもしれない…なんて考えているのです。

 そんな中で、つい何ヶ月前からチェックしてみていたこちらの「HITORI CAMP」さんの動画。最新のこちらの動画「【 ヒトリキャンプ 】湘南初日の出 と 海岸で焚火 編」を見ていたら、終わりの方で展覧会をしたことがある由。そして見たことがあるような写真の連続が…。

 実は2010年頃だったでしょうか、緑園都市の相鉄ギャラリーでブログで見ていたある方の写真展があり、私としてはめずらしく写真展に出かけたことがあったのです。
 展覧会でその方とのお話しで、その会場が企業の文化活動支援の形で提供されているもので、審査は必要だが無料で借りられるものであることを知ったのです。しかもその建物は、高校のはるか先輩ですが、東大の名誉教授原広司氏の設計によるなかなかオシャレな建物だったのですが…。
 それがきっかけとなり、2013年5月、私の第5回目の区切りの個展をここで行うことになったのです。広い会場を使うことができて、私にとっては大きな転機となる展覧会を行うことができました。

 確かめてみれば、まさにその方の動画だったのです。
 思いがけぬ発見とその出会いに、何か嬉しくなってしまいました。

category: ┗雑談

tb: --   cm: 0

水彩人展開催準備作業について  

 ご存じのように「水彩人展」は公募展です。
 現在、水彩人は「同人」と「会員」で構成されていますが、「水彩人展」は、それに加えて公募に応募された「一般」による展示となります。
 したがって、水彩人展の開催のためには、主に(と言っても私に関連する部分になりますが)次のような仕事が必要となります。
◆一般の応募作品を含む全作品のチェック→審査を経て出品作品の確定→応募者への通知
◆出品作の部屋割り、配置
◆作品目録や部屋割り表及び作品タイトルなどの作成
◆同人、会員作品のハガキの展示・販売準備等

 私が分担した主な作業は、
①応募者の諸元の入力
②発送用住所ラベルの出力
③タイトルラベルの出力
④部屋割り表の出力等

 想像できますようにデータ入力はExcelで行ったのですが、私のExcelの能力はマクロを組むことはできませんで、ただ関数を何とか使える程度。
 今回の作業のために、あらかじめ作っておいた、名前を入れるとすでにExcelに入力済みの基礎的データが自動入力されるよう、「vlookup関数(今回のために初めて使いました)」のシートを使っての入力作業です。派遣社員の方と2人で、何とか入力することができました。派遣社員の方は10年ほどSEをやっていたというのでExcelもかなりのベテランでした。おかげで今回は今まであいまいだったExcelの「フィルター」機能をマスターすることができました。苦労があれば成果もあるものです。

 明日は、午前中に③、④の作業を終えてオープニングへ…ということになります。
 展示作業は、同人・会員総出の仕事になるでしょう。

*     *     *     *     *

 本日は、自宅にて各自10枚割り当ての作品目録へのイラスト描きです。
 私としては、昨年が不本意なものになってしまっていたので、今回は自分の描いた絵と連動するイメージで、しかも赤・青・黄を使って…と考えた結果、こんなものになりました。

 160923

*     *     *     *     *

 この記事を書いた後、25日午前中の作業として、展示作品のタイトル出力をするために、ExcelデータからWordへの差し込み印刷をすべく試行していました。
 私はいつもはExcelからファイルメイカーへ転送して出力をしているのですが、ファイルメイカーを使うためには、またまた自宅のデスクトップPCを持ち込まないといけません。そうしないためにはどうしてもWordで出力する必要があるのです。
 なかなか手こずってしまいましたが、何とかデータを差し込んだファイルができあがりました。

 後は、当日、部屋割り表を作成する必要がありますが、これはExcelの腕力仕事でやるだけです。
 ようやく慣れない環境での作業に目処がつきました。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

水彩人展の準備中  

 すでにご高覧いただいた方もいらっしゃると思うのですが、現在、「日本スケッチ画会」がただ今開催中です。
 ただこの時期、私は大忙しでなかなか会場の方に行けないでいます。

 と言いますのは、この一週間は、来週開会される「水彩人展」の準備になってしまっているのです。
 19日には、一般の方々の作品応募の締め切りと審査。昨日は会員等の作品審査等が行われ、応募者への返信手続き等が終了。しかしまだ、目録へ手描きの絵を書いたり、会場の作品配置などを決めるといった仕事が残っています。

 水彩人の方々はPCを使う人が少ないので、どうしてもパソコン仕事は私の役回りになることが多いようです。しかし最近気づいたのですが、もう小さなノートパソコンでは仕事ができないのです。目の方がついていかないのです。
 だから、今回は自宅のデスクトップの環境を持ち込んで行うことになりました。やはり使い慣れた環境の方が仕事は捗りますね。
#その代わり、その間の自宅でパソコンを使えなくなりましたが…。


 24日午後には、日本スケッチ画会の会場(4階で当番)で皆さんにお会いできそうです。

 そして、25日には水彩人展がオープンします。こちらも皆さんのおいでをお待ちしています。

 

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

健康と絵と  

 突然ですが、私の健康診断は気になった箇所ごとに個別にしてもらっています。ですから、人間ドッグとか会社関係の定期的な健康診断は殆ど受けたことがありません。まったく自慢にもなりませんが…(^^ゞ。
 ただ、今のところ特に具合がわるいところがないので、日常飲んでいる薬もありません。ありがたいことです。

 定期的に診てもらっているのが、「眼」「肺」「胃」「大腸」といったところでしょうか?それぞれ、きっかけがあって診てもらうようになったものです。
 先週と、今週の月曜日は、たまたま胃カメラと大腸カメラ検診をしてもらいました。
 胃は、今までも特に問題なく過ごしているのですが、どうやら私は大腸のポリープができやすい体質らしく、2~3年に1回は、ポリープ切除術を受ける羽目になっています。幸い今回は大腸ポリープなしで済みました。ひと安心です。

 健康診断をやりすぎるのも問題のようですから、当面は個別診断を受けるというスタイルでやっていこうと考えています。特に日常生活も健康に悪いことをしているわけではないので、そんなことで良いかな?…と。

 この歳になってくると、友人達の訃報を聞く機会も多くなっています。
 ある親しい先輩は、肺ガンだとわかってから3ヶ月で、仕事仲間だった友人は、大腸ガンだとわかった時は完全に手遅れで1ヶ月後に亡くなってしまいました。
 今考えてみればそういうのもPPK(ピンピンコロリ)の一つのあり方なのかもしれませんが、ご本人にとってはやり残した人生が多いだけにやはり悔しさは残るでしょう。

 私の人生…どんなことで終えることになるか、そんなことはわかりませんし日常も考えたこともありませんが、少なくとも今考えているのは、薬に頼らないで可能な限り元気でいること…でしょうか?
 絵を描いているというと、友人達からは「長い人生をどう生きるか大変だ」と言われたこともありました(笑)。まあそう簡単なものではありませんが、「絵があって良かった」とはいつも思うことです。

 絵のことを考え、健康にPP(ピンピン)で生きられ、どこかでK(コロリ)となる…。こんな最高の生き方を目指したいものです。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

GoogleMapの進化?に驚いた  

 昔から、地図には少なからず関心があったから、様々な地図を見てきたと思う。
 本日、ストリート・ビューを見ながら、何となく明日行くところを確認していたら、ふといつもと違うことに気づいた。

 私の記憶ではGoogleMapと連動しているGoogleEarthは空中写真で、それほど間近には接近できないものと思っていた。また、3D画像を以前動かしてみたこともあった、それは3Dのデータが入力されている都心部周辺に限られるものだと思っていた。しかも、以前見たのは単なるモデリングデータで、いわゆる積み木模型を動かしてみるようなものだった。
 しかし今日はストリート・ビューと比較的低空の空中写真が連動しているのに気づいた。
 つまりストリート・ビューを遠ざけていくと、より上空から見た周辺の景観に切り替わり、しかもCtrolキーを押しながらマウスを動かすと、視点が自由に切り替わるのだった。驚いた。
 しかも建物も単にモデルではなく、ちゃんと立面画像がマッピングされているので、多少不自然なところがあっても、まさにリアルな画像になるのだ。それに良く見ると単純にモデリングデータに立面画像をマッピングしたものではない。どのような技術が使われているのか…。
 GoogleMapがこんな風に進化しているとは思っても見なかった。

 しかし、知っている人は当然知っているわけだろうし、今更驚くようなことではなかったんだろうか?

 ちなみに、私の住まいの近くでは…。

 160716 これは普通のストリート・ビュー。
 160716 ストリート・ビューから引き下がって見たところ。こんな画像に切り替わる。

 以下、視点を変えて見た。こうした情報があると、スケッチポイント探しやポタリングにはとても役立ちそうだ。
 ついでに横浜港の方まで見てみることもできる。上大岡辺りの建物データもちゃんと入っている。さすがに横浜港周辺は表示が省略されているようだ。

 160716 160716
 160716 160716

 一体、どの地域までこんな風に加工されているんだろうか?と今度は田舎を見てみた。

 160716 これはストリート・ビュー。
 160716 そして空中写真。

 さすがに建物データは入っていないが地形データは入っているようで、高さはやや低いが起伏は十分わかる。
 へ~、こうやって上空にあがると、南アルプスを超えて富士山が見えることになるんだ。当然だけど…。

 160716 160716

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

NAVITIMEに登録  

 「NAVITIME」という乗り換え案内に特化した地図サービスのサイトがあるのをご存じでしょうか?

 私はこれまで、電車の乗り換え案内やら自転車の移動ルートの検索などにこれを使ってきました。これは事実かなり便利なサイトで、これ以上深い情報を必要とすることももないだろうと考えていたのですが…。

 本日、バスのルートやら時刻やらの検索をしていて、バスの到着場所・時間などの案内を検索していたら…とうとう「登録しないとその先がわからない」という状況に遭遇してしまいました。もともと有料サービスがあるということは知っていたのですが、どのような場面でそれが必要かわからなかったのです。なるほどこうやって登録者を増やしているのですね(笑)。

 しばし、迷ったのですが、とうとう登録してしまいました。月額300円です。
 と言いますのは、横浜市では70歳になると市内のバス移動に関しては、当初に一定額を納めるとバス・地下鉄とも、それ以上は無料で移動できるというサービスを提供してくれています。それでいずれバスを効果的に使うにはメリットがあるかもしれないと考えたのです。
 もちろん(まだやったことはありませんが)iPadからも使えるはずです。

 皆さんにお勧めしたいというわけではありません。
 ただ、そんなサービスもあるということがわかれば、少しは便利なこともあるかもしれないと思いまして…。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

田舎からの帰浜の日(3日目)  

 今日は帰浜の日。バスは13;29発。
 それまでは時間があるので、兄に考えていたところへ連れて行ってもらうことにした。
 それがここ「福島(ふくじま)てっぺん公園」
 まさに小山のてっぺんだ。吹きさらしで狭いが、トイレ、水場は完備している(笑)。

 160619 160619

 風越山の方向に見えるこの風景は一度描いたこともあった
 この右手の山がアウトドアの世界では有名な「陣馬形山」。 ここには必ず一度は行こうと思っている。

 160619 160619
 160619

 その後は、隣村の「九十九谷森林公園」などを回って…。

 160619 160619
 160619 160619

 伊久間原の「縄文の丘フルーツパーク」
 ここも伊那谷の眺めは良い。ただ、(写真では隠しているが)手前の工場の屋根がちょっと邪魔だ。
 こうやってみると、野営できる場所はどこにでもあることがわかる。

 160619 160619

 そして、この辺りでは殆ど唯一となってしまった古い面影を残す駅舎の八幡駅。
 さらに、愛宕坂下の酒蔵工場などを見て帰った。

 160619
 160619 160619

 バスは予定通り出発。
 ところが、途中、小仏トンネル前で渋滞が発生してバスは遅れに遅れた。

 160619 160619

 結局、1時間半ほどの遅延で新宿バスタ到着だった。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ