… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。
横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。

◆木曜日教室(外スケッチだけなら受け入れ可能です。平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。)
「次回は05月27日(土)大船フラワーセンター(日程を変更)」です。(4月からの詳細)

◆金曜日教室(新規にスタート。現在募集中です)
 希望者は平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。
「次回は05月27日(土)大船フラワーセンター(日程・場所を変更)」です。(4月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

並木の狭間から望むクィーンの塔:F6  

 並木の狭間から望むクィーンの塔:F6

 続けて描きました。山下公園(というより海岸通りと言うべきでしょうか?)から見たクィーンの塔です。

 ちょっと急ぎすぎたかも。乱暴な仕上がりになりました。

#その後23日、手を加えて再アップしています。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

海上から望むぷかり桟橋:F6  

 海上から望むぷかり桟橋:F6

 本日の教室は雨のため中止。本日分は来年に延期することにしました。

 余裕が出来たので、先日のシーバスからの風景を描いて見ました。
 ここから見たぷかり桟橋の絵は、他に見たことがありません。もしかしたら私の絵が初めてかも(笑)。

#その後、23日手を加えて再アップしています。

*     *     *     *     *

 来年、ギャラリーダダで行いますワークショップは何とか定員に達したようです。
 申し込みいただいた方々、どうもありがとうございました。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

日を受ける庵(玄賓庵):F6  

 日を受ける庵(玄賓庵):F6

 ここは「玄賓庵」。日の光を受けたこの庵が魅力敵だと思ったので描くことにしました。
 暗い木立から見た方が魅力的な気がしたので、このアングルから描くことにしました。

 前回の絵がちょっといじりすぎたので、今回はややサラッと描いて見ました。
 まだちょっと手を加えるかもしれませんが、今日の所はこんなところにしておきましょう。

 こんな感じで、しばらく気楽な絵を続けることになるかもしれません。

*     *     *     *     *


 13日、ちょっと手を加えて再アップしました。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

祈りの空間(大神神社):F6  

 祈りの空間(大神神社):F6 祈りの空間(大神神社)下書き

 ここは大和国一之宮三輪明神大神神社。これを「おおみわじんじゃ」と読むようです。

 奈良でいくつかの神社を回るうち気づいたことがあります。境内に入る時、出る時、人々がお辞儀をしているのです。誰もが自然にそうしています。歴史というものはこういうものでしょうか…。
 現代の私達はいつの間にかそうした心を失いつつあるのではないか…と、考えさせられる出来事でした。

 建物はさすがにあまり下描きをしないで描くというわけにはいきませんので、参考のため、この絵の下絵を併せて掲載してみます。

*     *     *     *     *

 その後、描き忘れたものがあり、もう少し手を加えたいと思いましたので加筆しました。私がどのようにしたいと感じたがわかっていただけるかもしれませんので、今回は敢えて2枚とも掲載してみます。
#ちょっと説明的になったかもしれませんが…。

 祈りの空間(大神神社):F6(その2)

*     *     *     *     *

 私のデモンストレーション・ビデオを作成してくれた正木様(その後滋賀県の方に移転されてしまいましたが…)が、この絵がどのように変わったのかをわかりやすく示したページをつくってくれましたのでご紹介します。
 参考になることがあれば幸いです。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 2

街を望む(奈良):F6  

 街を望む(奈良):F6

 続いて、ほのかに霞む奈良の街を眺めたものを一枚。
 どうってことない風景ですが、たまにはこういうのも描いてみたくなります。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

街への坂道(奈良):F6  

 街への坂道(奈良):F6

 奈良の街は自然の佇まいを感じます。
 街へ続くこんな坂道も私には心地良く感じられます。
 遠くに見えるのは何の山になるのでしょうか?山容が富士山にも似ています。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

木漏れ日の参道(奈良・長岳寺):F6  

 木漏れ日の参道(奈良・長岳寺):F6

 ここ長岳寺の参道はこれまでの寺社とはちょっと変わった雰囲気。
 それはこの木漏れ日の参道の印象が特に強かったせいでしょう。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

物置小屋とコスモス(奈良):F6  

 物置小屋とコスモス(奈良):F6

 どうっていうこともない風景だと思いますが、こういう小屋は何か感じさせてくれるので黙って通り過ぎることができません(*^_^*)。

 今夜は絵仲間との飲み会です。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

集落の道(奈良):F6  

 集落の道(奈良):F6

 歴史の長い集落には巨木が各所にあります。
 それだけでもなにがしか懐かしい思いを呼び起こしてくれるような気がします。

 何でもないこんな風景も描いて見ようという気になりました。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

コスモスの咲く畑(奈良):F6  

 コスモスの咲く畑(奈良):F6

 ここは、何も無いところ。
 でもどこか心を和ませてくれます。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ