fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ・(2024年01〜03月)の日程はこちら。(パスワードが必要) 

額縁の発注  

 額縁の発注を早くしないと…と少し焦り始めていたのですが、本日、ようやく発注できました。
 結局、今回の準備品全ての発注が「額縁・画材・ポスター販売のネットショップ ゲルボア(http://www.gerbour.co.jp/)」という店になりました。

 まず安いこと。ネット上での品物の選び方も慣れてくるとなかなか良くできてました。それに販売元の住所が宮崎県というのも良い。また、気になっていた同志舎製の額縁もいくつかあったのも間接的には、ここで良いか…という気分にさせてくれたかもしれません。
 但し、選択できる品物はそれほど高品質でもないし(だから安いとも言えますが)、数もそう多くはないかもしれません。マットの色や加工方法は、「マルニ額縁画材店」の方が品数が豊富で良かったのですが、価格差はちょっとあったような気もします。また、額縁やマットの選択の仕方についても、なかなか工夫されていたようで、必要なものを選びやすかったのも、ここから購入する気分にさせてくれたようです。
 今回、あちこち巡ってみることで、結構いろいろなものの相場がわかりました。私には随分ためになったように思います。

 最後に、ネット上で額縁を発注するための注意について皆さんにアドバイスできることがあるとすれば次のようなことでしょうか?
◆あちこち可能性の高いショップを回りながら、どこで何を買ったら良いか、品物をあらかじめ絞り込んでおくこと
 それぞれのショップでまとめた金額によって送料が変わってくるからです。送料をケチるためにも、品物をまとめることが必要です。
◆注文する品物・数量を最終確認を必ずすること
 結構注意していたつもりでも、ネットでの購入ですから何回も発注(買い物籠に入れること)を繰り返していると、最終的な数量がいつの間にか違っていたりしていましたからね。

 最終的には、以下のようになりました。
#予想外の出費です。正直言って本当に痛いです(T_T)。
◆F60号… 仮縁(水彩連盟展に応募した時のもの)
 公募展では、もうこれ以外のサイズは使いたくない気分です。
◆M40号… マットなしの額装
 パネルを使い回すためには、どうしても絵をパネルと切り離して起きたかったのです。
 また今回の経験で、私は、手頃な価格で額装するには30号までに留めておきたいという気分になっています。
◆P15号… 額装(マット付き)
 これはまあ、額装可能なサイズだと思いますので…。
◆8号以下…額縁(マット付き)

category: ┗画具

tb: --   cm: 2

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ