… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

相模原CNo39(皆で同じ風景を描く)/舟上のベネツィア:F6  

舟上のベネツィア:F6

 本日、予定では江ノ島。
 ところが台風のため何となく天気が怪しいので中止とし、室内に切り替えました。
 そして、描いたのがこちら。昨日の続きです。
 しかし、一応鉛筆画も描いた上で、グリザイユ以後の着彩の考え方、方法などを見ていただきました。

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

教室No82:戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)  

 夏の暑さも盛りを過ぎたようで少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。
 ところがそれに応ずるように秋雨前線が居座っているせいか、台風が近づいているせいか、なかなかスッキリ空が晴れてくれません。
 本日の教室はたまたま室内でしたので、天気に左右されないで済んだのですが…。

 本日は「各自の望みの風景を描く」がテーマ。
 私の方でも何枚かのモチーフを用意していったのですが、そのうちの一枚がこちら。
 これをもとに、鉛筆スケッチの際の考え方等を中心に、グリザイユ的な描き方を見ていただきました。
#残念ですが途中経過の絵は本日はありません。

 150828
 

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

教室No81:座間谷戸山公園/水鳥池の水辺:F6  

 座間谷戸山公園

 本日の教室は先日の延期(振り替え)、座間谷戸山公園。
 何となく記憶が薄いと思えば、今年の3月末、ノロウィルスかどうなのかお腹の不調を抱えながらだったことを思い出しました。
 それだけに何となく風景も新鮮です(笑)。

 150822 公園アプローチの風景。

 内部も小さな風景を探せばいろいろ描けそうなところはあります。
 自然豊かな公園で子供をつれた家族が何組も訪れていました。

 150822 150822

 ここは前回描いたところ。

 150822

 本日は、これらを描いたグループと
 150822 150822
 こちらを描いたグループに分かれました。
 150822

 帰り道。その気になってみれば結構描けそうな風景があちこちにあります。でもちょっと玄人好みかな?

 150822 150822
 150822

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

敏感すぎるマウスの問題解消  

 このところマウスが敏感すぎ状態になっていて、ファイルをちょっと動かそうとしただけで画像が開いたりしてしまい少しイライラが溜まっていました。通常のコントールパネルからの設定変更では解消する問題ではありませんでした。
 そこでやっぱり何とかしようと、本日「マウスが敏感すぎる」と検索したら、やはり同様の症状で困っている人が結構いる様子。いくつかの回答を見つけました。

 その中で、私の問題はこちらで解消したようです。
 ご参考までに。

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

農家の脇道(次太夫堀公園):F4  

 農家の脇道(次太夫堀公園):F4

 先日(8月7日)の絵を私なりに完成させて見ました。

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

遊彩会(登山靴の鉛筆スケッチ)と「東京こだわりの風景画展」  

 登山靴 150818

 今日の遊彩会は、絵の根幹である「カラー」と対をなす「明暗(私は「光陰」と呼んでおきましょう)」で描いて見ようと登山靴を鉛筆でスケッチすることにしました。
 恐らく数分でここまで描けたので、鉛筆画としてある程度まで完成させるつもりだったのですが、今日は手を入れて欲しいとの要望が多く、それっきりになってしまいました。
 ちなみに写真のアングルの席は、途中で他の方に奪われてしまったので(笑)その右で描いています。スケッチの方がちょっと背が高くなりましたか。何だかバスケットシューズのように見えますね。
 
 私が皆さんにお伝えしたかったことは以下のような点です。
・線で対象の形を捉えようとしないこと。色に惑わされないこと。
・光と影を意識して暗さを表現すれば形は自然にできてくるし、光が感じられるようになる。
#もちろんこの描き方は私の方法、線で描く方法もあると言うことは皆さんも十分承知の上です。

*     *     *     *     *

 「東京こだわりの風景画展」(リンク先のページはいずれ削除されると思うので、主要な部分だけコピーさせていただきました。)…「水彩人」仲間の滝川さんから案内状をいただいていたんだけど、とうとう最終日になってしまいました。ここには日本スケッチ画会の仲間や大学時代の先輩、以前その本を買って模写したことのある久山一枝さんも参加しています。多彩なメンバーが参加しているようです。
 一度は見せていただこうと遊彩会へ行く途中覗いてみました。ここへ来るのも本当に久しぶりでした。

 会場には大勢が詰めかけていましたが、やはり絵を描いておられるようだ…と思われるような方々がやはり多いようでした。
 会場の絵は一人数点。予想通り本当に多彩な絵の数々。こういうのを見ると結局絵とはいかに自分の表現を創り上げていくか、に尽きるなぁと感じさせられます。
 それにしても会場の中央に置かれていた水彩画本の数々。知らない本も随分沢山で驚きました。
#もっと早く来て、皆さんにも様子を紹介で来たら良かったのですが…m<(_ _)>m。

 150818

*     *     *     *     *

 ところで会場へ行く前に昼食に選んだのは地下鉄の出口を出たところの真ん前にあったこちら「RISE」。 評価もなかなか高そうです。何となく店名よりも目立つ「ライス食べ放題・無料」の文字と店名がつながる感じがして楽しくなりました(*^_^*)。
 しかし、さすがに人形町。こんなページ「下町・人形町のいま食べに行きたい人気ランチ13選」まであるんですねぇ。

 150818

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

子安の町並み:F6  

 子安の町並み:F6

 横浜子安運河は、絵を描く人には なかなか魅力的な場所ですが、なかなかどうしてその背後の街も、ありきたりな街と言ってしまうにはもったいないものがあります。

*     *     *     *     *

 先日の絵を仕上げ、アップしました。
 前回、スキャナーが使えるようになったと書きましたが、実は完璧ではありませんでした。前回の段階ではスキャナーを使うためには、その前にいつもある設定をしなおさないといけなかったのです。
 しかし、それもようやく解決でき、今までと全く同じ状況で使えるようになりました。

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

教室No80:戸塚区民文化センター(同じ風景を描く・町並み)/ベローナの塔:F6  

 相変わらず暑い日が続いています。
 本日は、暑さを避けて室内での教室。皆で同じ写真をもとに、今日は町並みをモチーフに選んでみました。
 先日の遊彩会で描いた町並みがやや複雑だったので、今日は少し気分を変えて、イタリアの町並みからヴェローナを選んでみました。お馴染みのロミオとジュリエットの街です。
 ヨーロッパの街にはあちこちに塔があります。そんなこともあって、今回は塔を入れた町並み風景にしてみました。
#今回は、デモ段階のままアップしました。これで完成とは言い難いのですが、手直しが難しいほど描き込み過ぎました(笑)。

 ベローナの塔:F6
-- 続きを読む --

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

水彩人・小品展終了しました  

 本日は「水彩人・小品展」最終日。そして、9月末から始まる水彩人展(本展)のためのハガキ作品の締め切り日でした。

 まずは、作品の撮影。そしてデータのCDへの焼き付けです。
 昔であればCDにデータを移すとなれば当然パソコンの仕事。但し、私のPCはただいま不調中(だった筈なのに、今見ればちゃんと認識してくれています。恐らくいろいろなソフトの環境を整えているうちに、必要なドライバーなどの環境が最新のものになってきたのでしょう。)。
 そこで駅近くのカメラ屋さんでデータのプリントとデータのCD焼き付け。今はこんなこともカメラ屋さんの仕事になっているんですね。

 それを持って「水彩人・小品展」の会場です。
 今回の展覧会は、本展のための絵を描かねばならないこともあって、殆どお手伝いもできず会場の当番もできずじまいでした。ご来場の方々や水彩人の皆さんにも申し訳ないことばかりでした。

 今回の展覧会も無事終了することができました。この小品展は可能なら毎年違った場所で行おうということになってきているようで、来年は地方都市で行うことも検討されているようです。
 毎年新しいメンバーが少しずつではありますが増えていきますので、これからますます盛大になっていくことと思います。皆さんにも関心を持っていただければ…と願っています。
 もちろん、今年の公募も予定されていますので、関心と意欲のある方は是非ご応募ください。「審査」という忌まわしい段階がありますが、水彩人の方々は熱心に絵に取り組んでいる方々ですし気持ちの良い方達ばかりなので、楽しく勉強していけることは確かです。

 何はともあれ、こうして一つの行事が終了し、私も一つの作品ができて、今夜は本当にくつろいでいるところです。
 おいでいただいた方々、ご感想をいただいた方々、本当にありがとうございました。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

水彩人展の絵・1枚目  

 今日ここまで描いてこんなところまで来ました。あとは細かなチョコチョコ手入れを残すだけなので、これから本展の搬入まで眺めていたいと思います。

 明日は、水彩人・小品展の搬出の日。午前中に少し手を入れて、撮影をして…そんな段取りになります。本当にギリギリになってしまいました。
 そしてこれがハガキ印刷されることになります。

 なお、画像は照明の下のカメラ撮影なので割り引いてご覧下さい(F60号です。今回は拡大できません)。
 
 水彩人展の絵

 ついでに翌日ちゃんとした光の中で撮影したものも。皆さんのご参考までに。

 水彩人展の絵・1枚目

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

水彩人展用の絵を始めました  

 何とか60号の水貼りをして、ボチボチ始めています。
 今回は、自転車風景の連作にしようと思ったりしています。
 …というか、もう描き始めてしまっているので変更は利かないのですが…(笑)。
 具体的には、自転車のある木漏れ日の風景です。

 RIMG2539.jpg こんな感じで下書き終了。

 RIMG2541.jpg 着彩初日はここまで。

 RIMG2543.jpg 2日目でここまで。

 あと2日です。間に合うのでしょうか?(笑)

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

相模原CNo38(自分の好きな風景を描く)/田舎道(次太夫堀公園):F4  

 本日も暑いです。
 相模原Cは来週がお盆にあたるというので、一週間早めての実施になりました。
 時間も短いので皆さんの自由な時間として、私はアドバイスに徹していました。

 その合間を縫って簡単にスケッチしてみました。これもしばらくは未完のままです。

 RIMG2542.jpg

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

遊彩会・町並み編その2/子安の町並み:F6  

 本日は遊彩会。人形町にある日本橋社会教育会館です。
 良く見ればさすがに人形町、歴史のある街です。ちょっと狭い道に入るとなかなか魅力的な店があります。会場へ行くのが午後一番なので、昼食どころには困りません。これからは、昼食をこの近辺であちこち楽しみながら…ということにしたいですね。

 本日の教室は先週の続き。仕上げの段階です。
 仕上げの段階を見ていただくためにある程度進めた絵を持参したのですが、皆さんからは「もう完成しているんじゃないですか?」とのお言葉。
 「いえいえそうじゃありません。まだまだ手を入れなければならないことがあるんです。」ということで、最後の仕上げ段階での微妙なバランスの確認修正の話しをいくつかさせていただきました。
・明暗
・色彩
・光を感じる表現
・暗がりの表現
・最後の仕上げのタッチ 等々。

 いつも私の話を聞いている人にはわかる話しだと思いますが…(^^ゞ。

 その段階でアップしたのがこちら。写真撮影です。
#実はまだ仕上げではありません。ちゃんと仕上げてから画像をスキャナーで取り込んでアップさせていただきます。

 子安の町並み:F6

category:  ┗ 教室15年

tb: --   cm: 0

水彩人展・絵はがき用の絵の作成  

 一昨日、水彩人・小品展のオープニングに併せて、本展のための準備会議がありました。
 その際気になったのが、8月10日までに水彩人展の時に絵はがきを用意するため、まず本展に提出する絵のうち1枚を8月10日までに描かなければいけないということ。

 ということで、今週中にはその目途をつけないといけないことになりました。慌てて昨日水貼りしたところですが、いよいとこれからが勝負です。
 いつも準備が遅い私です。

 スキャナーの調整もまだですが、まずはこれを描き終わってからちゃんと考えることにしましょう。

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ