… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

教室No115戸塚区民文化センター(各自望みの風景を描く)、そしてカレンダー  

 室内の教室の方々も、この暑い時期は特に参加者が多くなってきているようなので、今日は私のデモはやめにして皆さんの絵へのアドバイスを中心にすることにしました。

 今日は多くの方々が絵を完成。
 出来上がった絵は、皆さんなかなかの上達ぶりを感じられて壮観でした。(写真は忘れてしまいましたが…(^^ゞ)

*     *     *     *     *

 その代わり…というわけではないのですが、来年のカレンダーがほぼまとまりましたのでそのご紹介です。
 早すぎると思われるかもしれませんが、9月10月は、日本スケッチ画会やら水彩人やらのグループ展でいろいろ時間がとられますので、今のうちに…というわけです。

 完成しましたら、詳細をここでも紹介させていただきますね。

 160728

 見直してみると、絵もそれなりになっているようですし、構成・編集の方も上達しているようです。
 お楽しみに…。


 さて、いよいよグループ展の作品準備。本格的に始めなくては…。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

相模原CNo61/林間の家(清里高原):F6  

 相模原CNo61/林間の家(清里高原):F6

 清里高原で見つけたこの風景。
 以前、別の教室での勉強として描いてみたものですが、こちらの教室でも希望があり描いてみました。

 同じ絵を2枚描くというのは楽なようですが、結構しんどかったりします。そして、決して同じ絵にはならないですね。
 前の絵と同じように描こうと思うより、別の絵を描くつもりの方が私も楽しいし、絵としても上手く行くことが多いと思います。恐らく絵を描いている人は、皆さん同じ気持ちだろうと思います。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

教室No114:横浜港/雨中のサン・プリンセス号:F6  

 雨中のサン・プリンセス号:F6

 本日は、先日に続いて大桟橋に来ている「サン・プリンセス号」を描きに行ったのですが…。

 天気予報や雲の動きをにらみながら雨がやむものと予想して行ったのですが…。とうとう雨は止まずじまい。
 絵を描ける場所を探して行ったら良いところがありました。今日はおかげで安心して描くことができました。良かった。

 160721

 と言うわけで今日は雨中の風景を描いて見ました。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

遊彩会・盛夏の風(清里・小須田牧場):F6  

 遊彩会・盛夏の風(清里・小須田牧場):F6

 これは清里、小須田牧場の風景からです。
 以前描いたものはこの建物を正面から描いたもの。今回は角度を変えて少し斜に構えてみました(笑)。
 何となく牧場の風も感じられるかな?とタイトルも変更しました。

*     *     *     *     *

 本日の遊彩会は、まずは前回の絵の講評。
 並べてみると皆さんなかなかのものです。さすがに10年以上絵を続けてこられた方々です。見応えのある絵が並びました。
 ただ、今回は写真から描いたからということもありましょう。課題としては、現地での経験をもう少し積むことでしょうか。

 続いて、時間がないのでもう一度清里の風景から描いて見ました。
 この絵も、皆さんどのように完成させてくるか楽しみです。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

牧場のトラクター:F6(清里・小須田牧場)  

 牧場のトラクター:F6(清里・小須田牧場)

 清里スケッチ旅行でスケッチだけしていた絵があったのですが、ようやく仕上げることができました。
 もう盛夏。これから秋の展覧会に向けて何かと忙しくなりそうです。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

GoogleMapの進化?に驚いた  

 昔から、地図には少なからず関心があったから、様々な地図を見てきたと思う。
 本日、ストリート・ビューを見ながら、何となく明日行くところを確認していたら、ふといつもと違うことに気づいた。

 私の記憶ではGoogleMapと連動しているGoogleEarthは空中写真で、それほど間近には接近できないものと思っていた。また、3D画像を以前動かしてみたこともあった、それは3Dのデータが入力されている都心部周辺に限られるものだと思っていた。しかも、以前見たのは単なるモデリングデータで、いわゆる積み木模型を動かしてみるようなものだった。
 しかし今日はストリート・ビューと比較的低空の空中写真が連動しているのに気づいた。
 つまりストリート・ビューを遠ざけていくと、より上空から見た周辺の景観に切り替わり、しかもCtrolキーを押しながらマウスを動かすと、視点が自由に切り替わるのだった。驚いた。
 しかも建物も単にモデルではなく、ちゃんと立面画像がマッピングされているので、多少不自然なところがあっても、まさにリアルな画像になるのだ。それに良く見ると単純にモデリングデータに立面画像をマッピングしたものではない。どのような技術が使われているのか…。
 GoogleMapがこんな風に進化しているとは思っても見なかった。

 しかし、知っている人は当然知っているわけだろうし、今更驚くようなことではなかったんだろうか?

 ちなみに、私の住まいの近くでは…。

 160716 これは普通のストリート・ビュー。
 160716 ストリート・ビューから引き下がって見たところ。こんな画像に切り替わる。

 以下、視点を変えて見た。こうした情報があると、スケッチポイント探しやポタリングにはとても役立ちそうだ。
 ついでに横浜港の方まで見てみることもできる。上大岡辺りの建物データもちゃんと入っている。さすがに横浜港周辺は表示が省略されているようだ。

 160716 160716
 160716 160716

 一体、どの地域までこんな風に加工されているんだろうか?と今度は田舎を見てみた。

 160716 これはストリート・ビュー。
 160716 そして空中写真。

 さすがに建物データは入っていないが地形データは入っているようで、高さはやや低いが起伏は十分わかる。
 へ~、こうやって上空にあがると、南アルプスを超えて富士山が見えることになるんだ。当然だけど…。

 160716 160716

category: ┗PC関連

tb: --   cm: 0

教室No113エリスマン邸周辺/歓迎の木漏れ日:F6(エリスマン邸)  

 こもれびの歓迎:F6(エリスマン邸)

 今日もとても暑い日でした。しかし、木陰に入ると結構涼しい風が通り抜けて、気持ち良く描くことができました。

 160714 160714
 160714
 160714 160714
 160714

 もともと建築出身の私は、絵を描き始めた当初はどうしても建物の絵を描くことが多かったように思います。
 しかしそのうち、絵を描く人は、建物にはあまり関心がないこともわかってきました。そして、光や雰囲気・空気感のようなものを描くことが絵には重要だと言うことを理解するようになってから、徐々に建物を描くことが少なくなってきたように思います。

 このエリスマン邸は、どちらかと言えば建物形状はそれほど魅力的とは言えません。何となくバランスが悪い上に複雑な要素が多いようです。しかも、周辺の木々が建物に影を落とし、それが時々刻々とその形を変えていきます。それがここの大きな魅力の一つだと思います。
 今まではそうした建物の複雑さにとらわれすぎていたように思ったので、今回は思い切ってこの入口回りだけに絞り、建物回りの光と影の演じる雰囲気を描いてみることにしました。

 今日は、日本スケッチ画会の仲間のグループと一緒でした。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

外スケッチ用水入れの更新  

 私の外スケッチの際のスタイルは今までも何度か紹介してきたような気がしますが、こんな感じです。
 今はカメラ用三脚も、もっと軽量のビデオ用三脚のセットになっています。水入れも少し変遷しています。

 160715 160715

 この後、水入れはサイズ的にも丁度良かったのでダイソーの300ml密封容器に変わっていました。密封容器であれば持ち運びも、スケッチの際の場所移動も簡単ですから…。
 ところがどうやってもダイソーの容器は水漏れを起こすのです。これでは仕方ありません。

 そこで新しい密封容器に変更することにしました。

 新しくなったのは密封容器TWISTです。これはどうやらコーナンのオリジナル製品のようですね。
#私の知る限り、水入れに使えそうなのは以下の3つ。ジップロックもありますがこれはデザインも好きではないので却下です(笑)。
 左奥がTWIST330ml、中が360ml。右がスクリュートップ・キーパー500ml(現在コーヒー豆入れに使用中)。手前のカットしてしまったのは、これまで使っていたダイソー300mlです。
 基本的には、深型の方が水もこぼれにくいし、筆も差したままにできるなど使いやすいと思います。

 160515

 TWIST330mlはサイズ的に水入れの穴との適合性に少し不安が残っていたのですが、やはり気楽に使うには不安があったので、これまで使っていたダイソーの容器をカットして嵌めました。残りは計量カップにでも使いましょうか(笑)。

 160515

 ちなみに丸く穴を開けるのは大変だと思われるかもしれませんが、2.5mm厚程度のものならカッターで十分加工できます。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

相模原CNo60(横浜港)/公園から望むダイヤモンド・プリンセス号:F6  

 ダイヤモンド・プリンセス号

 今日はダイヤモンド・プリンセス号が大桟橋に入ってくる日です。
 皆でたまには船を描いてみようということで行ってみました。

 ダイヤモンド・プリンセス号は巨大な船です。
 熱射病になってもいけません。今日は木陰からその一部を描きました。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

遊彩会・林間の家:F6  

 林間の家:F6

 本日は皆さんの希望が「樹林の描き方」を勉強したいとのこと。
 それで、先日の清里旅行の際見つけた風景を教材に使ってみました。ただ、ちょっと難しすぎたのかもしれません。私も随分勉強になりました(^^ゞ。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 1

花と瓶の静物:F6  

 花と瓶の静物:F6

 先日、描きかけになっていた絵にようやく手を入れることができました。

 私には珍しい静物です。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 1

教室No112妙本寺/ノウゼンカズラの境内:F6(妙本寺)  

 教室No112妙本寺/ノウゼンカズラの境内:F6(妙本寺)

 本日は当初の予定から8日後の妙本寺。
 昨日は雨が降らなかったから、昨日の方が良かったという人もいたのでしょうが、何しろ今日の天気予報があまりにも良かったので今日にしたというわけです。

 このあたりの寺は、私が絵を描き始めた頃に、鎌倉のお寺を全部描いてやろうなんて思って訪れていたところです。
#しかしその後、寺社ばかりではすぐに飽きてしまって他の風景を描くようになったのですが…(^^ゞ(笑)。

 妙本寺へ行く途中、大覚寺を抜けていきましたが、この寺も描いています。
 そして当時も、この川・滑川の風情もなかなか良いものだと思っていました。いつかは描いてみたいと思ったりもしているのですがまだ実現していません。

 160701
 160701 160701

 この寺「妙本寺」は、鎌倉の寺社の中で私が好きなものを揚げるとすれば、10本指には確実に入る寺ですね。
 紫陽花の花が丁度満開となっていましが、ここの紫陽花は鎌倉の中でも遅いのだとか…。
 しかし本日は、境内にノウゼンカズラの姿が目立っていて、描いて欲しいと言っているようでした(笑)。

 160701 160701
 160701 160701

 160701 ←この風景も昔描いていますね。

 160701 160701

 天気も良く、本日は気持ち良く描くことができました。やはり今日にして良かったようです。
 そしてもう一組のスケッチグループも一緒です。仲間が言うには、先日浄智寺でも一緒になった方々だとか…。偶然というものですね。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ