… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は07月06日(木)戸塚公会堂(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は●07月07日(金)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

春の長崎への旅(2日目)  

 今日も雨です。

 ホテルの朝食はバイキング。
 いつもガッツリ食べて食べ過ぎ状態で市内観光に回ります(笑)。

 雨の中、ホテルで路面電車1日乗り放題の切符を購入し、市内を回ることに…。

 まずは、グラバー園方面へ。
 ホテル前で路面電車に乗り、築町で石橋行きに乗り換え、大浦天主堂で下で下車。わかりやすいです。

 170410 170410

 坂道を上りながら「大浦天主堂」へ。予想以上のなかなか立派な佇まいです。

 170410 170410
 170410 170410

 そのまま少し歩けば「グラバー園」です。

 170410 170410
 170410 170410
 170410170410170410

 ここが明治維新の舞台の一つグラバー亭。
 しかし今は、このトーマス・グラバーが「ジャーディン・マセソン商会」の武器商人であり、明治維新の本当の歴史も日本支配のためにロスチャイルドなどに仕掛けられた「内戦」であり、それが現在の、アメリカの言いなりの長州(一部は薩摩・小泉一族など)支配とも言うべきの日本の姿にもつながっているのだと知ればとても複雑な気分です。

 170410 170410
 170410

 次いで、また路面電車を乗り継いで「賑橋」で下車し、友人も絵にした眼鏡橋へ。この頃が最も激しい雨でした。
 それでここは記念撮影だけして早々に退散。

 170410

 次に訪れたのが、昭和レトロの思案橋界隈。
 傘をさしながらの撮影はなかなか難儀でした。
 ここでは「桃太呂」本店を見つけたので一口サイズの肉まんを立ち食いです。

 170410 170410
 170410 170410

 少々疲れたので、そのままホテルに帰り休息の昼寝。昨夜の寝不足が解消できたようです。

 元気回復の後は、出直して「出島」へ。ここはかっての街並みが復元されつつあります。

 170410 170410
 170410 170410
 170410 170410

 早めの晩飯は、またアミュ・プラザに寄って「皇上皇」のちゃんぽんです。
 
 今夜は早めに寝ることにしました。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ