… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

F教室:戸塚区民センター(共通)/盛夏の水辺(道保川公園):F6   

 盛夏の水辺(道保川公園):F6

 今日は皆で同じ風景を描いて見ようというテーマです。
 先日行った道保川公園から風景を選んで見ました。主題は緑の木々と水面の表現といったところです。
 ついでに、横構図の中から、不要なものを描かず、描きたいものを選択して描くといったことも狙いにしてみました。元画像と大きな変化はありませんけど…(笑)。

 やっぱり最後になれば皆さんしっかり仕上げてきているようです。


 

category:  ┗ 教室17年

tb: --   cm: 0

T教室:子安運河/寄り添う舟達:F4   

 東京は連続17日雨だとか…。
 そんな合間を縫って本日は子安運河へ行ってきました。幸い雨にも降られず描くことができました。

 風景画を描く人々には、子安運河はなかなか魅力的な場所だと思います。しかし、徐々にきれいになってきてしまい、かっての生活感の漂う雰囲気が薄れてきたように感じるのは残念なことです。
 現在この場所も橋が工事中で、いずれ近代的な橋に架け替わってくることを思うと複雑な気持ちです。

 本日は、いつもの紙を忘れてしまったので、F4のスケッチ用紙でザックリ描くことにしました。

 寄り添う舟達:F4

category:  ┗ 教室17年

tb: --   cm: 0

着彩3日目   

 今日も雨です。

 この絵も3日目で大まかな着彩が終わりました。
 後は、全体の調子を見ながら仕上げに向けて詰めていくことになります。

 この絵はこれで一段落として、次は、もう一つの絵にかかることにしましょう。

 180816

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

吉田博展 そして 東京こだわりの風景画展  

 久し振りに充実した展覧会を見たように思います。それが「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」

 まずは、東京丸善本店で開催中の「東京こだわりの風景展」。ここは知人が何人か参加しています。私が絵を始めた頃参考にさせていただいた人も何人か展示しているので、それなりに関心を持ってでかけました。

 しかし、本命はこちら「吉田博展」でした。
 新宿には度々来ているというものの、まさか昔、安田生命ビルとして覚えたビル内での美術館とは思ってもいませんでした。

 180815 180815

 吉田博は、日本より海外での評価が高い画家、黒田清輝に対抗し日本では主流になりれなかった人、反骨の人という印象があったのですが、必ずしもそうでもありませんでした。最後の反骨というのはどちらかと言えば頑固一徹という感じなんでしょうか?
 最初のアメリカ行きこそ片道切符、1ヶ月分の生活費だけで出かけるという冒険だったようですが、そこで運良く大成功を収めた後は画家としては成功人生だったように思います。最初の展覧会で当時のサラリーマンの12~13年分の収入を得たと言いますから、それを資金に(と思いますが)海外にも何回か訪れることもできていますし、黒田清輝と対立したと言っても太平洋画会(現・太平洋美術会)を結成したり…と、日本の画壇の中心にいた人には間違いないように思います。ただ、彼の目は常に世界を見ていたということなんでしょう。そう思います。

 鉛筆スケッチ、水彩、油彩、版画等、様々なものに手を出し、それぞれ素晴らしいのですが、版画は別挌にしても、私には鉛筆スケッチ、水彩に特に心惹かれるものがあったように思います。彼の絵の神髄は風景画とその叙情性にあるように感じたものでした。油彩はどうしてもどこかで見たような…そんな感じの絵になってしまうようですし、どことなく版画を連想させるような輪郭線を感じさせるものがありました。
 戦争の関係もあって、65歳以後の作品は少ないのですが、それでも版画を始めたのが49歳の時と言うから驚きです。当時の人でこれだけ海外に足を運び、日本の山々にも足を運んだ人はそうはいないでしょう。風景を描くためとは言え、それなりに経済的には恵まれていたとは言え、常に挑戦する気持ちを持ち続けた人のように思います。

 展覧会場は、人のゆっくりした流れに乗って回れば2時間ほど。さほど混雑状態でもなく程よい熱気を感じながら気持ち良く見て回ることができました。
 ただ、水彩画を保護するためでしょう、照明が薄暗かったのが残念でしたが…。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

着彩2日目  

 今日も雨がちな天気。
 丁度良いので、日中は絵を描いて過ごしました。

 今日のところはこんな感じ。

 170814

 光の具合が良くないので、画像は左上の方が実際より暗くなっています。

 明日は展覧会巡りの予定です。

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

3日目(着彩1日目)  

 今日のところは基本ここまで。
 今回は部分からある程度詰めて描いています。いつもと少し描き方を変えてみています。

 170813

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

40号サイズ2枚  

 9月の展覧会のために準備した40号サイズのパネル。私にとっては、直接パネルにスケッチしていける最大サイズとなります。
#これ以上のサイズになると、全体が見渡せないために各部のバランスが狂ってしまうように思うのです。

 昨年までは、ハガキ印刷用に8月上旬までに1枚は仕上げないといけないということで、1枚目はいつもドタバタとやっていたものですが、今年は2枚を同時に仕上げれば良いらしいので気分的には楽です。
 ということで、のんびり描き始めています(笑)。

 大きい絵を描くと言うことは準備も含めてとても面倒なものですが、1枚を描くにもじっくり考えながら描けるわけで、このことは自分の絵を見直す時間としてとても重要です。

 今度は何を描いてみようか、どのように描いてみようか…と、今まで小サイズのものを勢いで描いていた絵と異なり、一つひとつ部分を描くにも、筆を動かすにも考えることは多いものです。
 具象であっても写真のようにではなく、光や雰囲気・空気感を描くといってもそれだけじゃなく、私だけの絵とはどう描けば良いのか、詩情が感じられる絵にするにはどう描けば良いのか、そこに品格のようなものも加えられないか…新しい試みのようなものも模索してみようか、などと思ったりもします。

 今までは下絵にあまり時間をかけず描き始めたものですが、今回は少し考えるところがあって丁寧に描いてみました。
 これに、明日からは着彩し始めようと思います。

 170812 170812

category: ┗途中経過

tb: --   cm: 0

F教室:ぷかり桟橋/霧雨のぷかり桟橋:F6   

 霧雨のぷかり桟橋:F6

 本日の予定は大岡川運河。
 しかし天気は小雨模様。 天気予報では曇り空に変わるような感じでしたのでそれを期待して出かけたのですが、残念ながら止みそうもありません。
 そこで雨宿りしながら描けるところとして候補に挙がったのがここ「ぷかり桟橋」でした。
 行ってみれば、2階のデッキは風が通るので寒いくらい。そこで皆で落ち着いたのが2階部分が張り出したこの下、柱の影などです。しばらくしたら雨が止んできたので手摺りのところに出てきた人もいます。
 ところで本日は祭日「山の日」。あちらもこちらもすごい人出です。遠方、山下公園の人出を見て下さい。こんな人数をみたことがありません。今日は一体何があるのでしょうか?

 170811
 170811 170811

 ぷかり桟橋は小雨に烟っています。単体の建物ですから構図的にも苦労します。
 左を空けるか、右を空けるかによって光の意識も変えた方が良さそうですね。
 また、こんな天候をどう表現するか、基本的な色調をどうするか?そんなことを考えていました。

 170811 170811

 そして、本日の絵がこちら。まだ未完ですのでこれからどう仕上げていくかも悩みます。
 上の絵は、結局あまり悩まずにあまり手を入れずに仕上げとしてしまいました(笑)。

 170811pukari_f6y

 さて、絵を終わる頃にはまだまだスッキリというわけにはいきませんが、雨も止んできたようです。写真も少し明るくしましたが…(笑)。

 180711

 せっかくなので、皆でシーバスに乗って横浜駅東口まで帰りました。
 仲間の一人が、横浜そごう9階・ギャラリーダダでのアートフェスティバルに出品していますので、応援がてら観覧して帰りました。

180711

category:  ┗ 教室17年

tb: --   cm: 0

9月は展覧会が多い  

 既に8月も7日目が過ぎようとしています。せっかく余裕の日程だったのに、大切な時間を無為に過ごしてしまったようです。

 日本スケッチ画会展の作品の準備、これは今までの絵がありますから何とかなります。まあその他ちょっとした雑用もありますが大したことはありません。
 そして水彩人展の作品の準備としてまずは水貼り。これがやっかいな大仕事で作業にとりかかるにも、絵を描き始めるのにも少し思い切りが必要です。そろそろ描き始めないと間に合わなくなります。8月はこれに集中することになりましょうか(笑)。

 また、9月には地元の美術協会からみの展覧会があり、その日程も考慮しておかないといけません。

 そんなわけで、8月、9月はちょっと忙しいことになりそうです。
 いつも昨年はどうだったか?考えてしまいます。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

遊彩会:車と人を描く/坂道の2人(ボン・ジェズス,ポルトガル):F4  

 坂道の2人(ボン・ジェズス,ポルトガル):F4

 今まで遊彩会の方々は静物を描くことが多く、風景画はやや苦手にしている人が多いようでした。でも最近は、私は基本的には風景しか描かないので私につきあっていただくことが多いのです。
 そんなわけで、皆さんから普段描き慣れていない「車と人」を描いてみたいという要望がありましたので、今回は車と人がテーマとなっています。

 ただ、車と人を描くという練習のような時間をとるのはもったいないので、ポルトガル旅行の中でちょっと面白いと思っていたスナップ写真を使ってみることにしました。
 これは「車と人」の木漏れ日の風景です。

category:  ┗ 教室17年

tb: --   cm: 0

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ