fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●4月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・4月08日(月)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・4月15日(月)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・4月19日(金)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・4月26日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

「四季彩の会」10周年記念  

 ちょっと気が早いのですが…。

 2023年4月で「四季彩の会」は10周年になります。

 その記念に何かできないか…ということで、ロゴと関連商品を作ってみました。
来年の「四季彩の会・絵画展」までにはなんとかしよう…ということで、まずはお試し品を自分のために作ってみました。

221128

 ↑ これがロゴデザイン。「の会」とか「10周年」の文字は敢えて使いません。

 本来は、これ↓のために作ってみたものです。(色は黒とナチュラルの2色)
 大きさは、F6サイズが縦に入ります。マチは15cmありますから買い物にも十分な大きさです。

221128

 ポロシャツ(濃紺)も作ってみました。サイズはSS〜5Lまで。これだけあれば大丈夫でしょう(笑)。

221128

221128 ついでに缶バッジも…。

 会の仲間にはボチボチお披露目できるでしょう。

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: --

遊行寺  

 本日は遊行寺に行ってきました。
 昨日は大雨だったのですが、今日は朝から快晴、スケッチ日和りでした。

 遊行寺はスケッチでは初めての場所。
 WebPageには以下のようにあります。

「当本山の正式名称は、藤澤山 無量光院 清浄光寺(とうたくさん むりょうこういん しょうじょうこうじ)です。
 遊行四代呑海上人の開山以来、遊行上人が住まわれるお寺として「遊行寺(ゆぎょうじ)」の名で親しまれています。」


 由緒ある寺のようですが、境内はやや乱雑な印象です。

 まあ、そのアプローチの風景から見ていきましょう。

DSC09753_サイズ変更 バス停からの交差点風景

 ここからが遊行寺境内になります。

DSC09756_サイズ変更 DSC09758_サイズ変更

DSC09759_サイズ変更 DSC09760_サイズ変更

DSC09761_サイズ変更 DSC09762_サイズ変更

DSC09763_サイズ変更

 いつも初めての場所は、そこの代表的と思われる風景を描いてきましたが、本日はここを選びました。

221124 221124


 さて、本日はこんな手順で描いていきました。
 絵は比較的進んだようですが、いつものように仕上げはまだこれからです。

221124

221124

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

久々の「日展」  

 「日展」。日本の最高峰の美術展である。
#そういえば「院展」というのもあるが…と思い調べてみたら、こちらは今は日本画に限定されているようだ。
 昔、院展に対するような公募展・文展としてあったものが日展になったらしい。今頃知った(苦笑)。

 五色沼散策中にるり沼で出会った「青島紀三雄」さんから招待状をいただいたので行ってきた。
 日展には、昔は何回か行ったことがあったが、他の画家や大判の絵を描くこうした世界をあまり気にしても仕方ないと思うようになり近年はあまり行かなくなっていたが、行ってみればやはり少なからず刺激を受けるものである。

221120 221120

221120 221120

221120

 日展には応募するには最低でも100号の絵を描かなければならない。私が描いたのは「水彩連盟展」の80号が最大。それが嫌になって今は「水彩人展」にしているのだが、100号を描くには多様な描写力も必要になる。それが水彩では重ね塗りに限界があるために、サイズが大きくなるだけで難しくなるのだが、見ている分には、その効果も相応の力強さがあるし、深さも感じらるから、小サイズの絵とは全く異なる楽しさがある。

 日展の水彩画家は圧倒的に少ないのだが…。
 まずは案内状をいただいた「青島紀三雄」氏と亡くなった「柴田祐作」氏(この人も以前佐倉の風景を展示されているのを見たことがあり、記憶していた)の作品。
 今まで、青島紀三雄氏を知らなかったということが恥ずかしい。
 そして、このような深い絵を水彩画でも描けるという、新しい刺激をいただいている。

221120 221120

 このような機会をいただいた青島紀三雄さんには本当に感謝である。

 同時に、外に出ることによってこうした貴重な「機会」が生まれるのだということを改めて思う。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: --

久しぶりに「日展」を見て…その感想  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: --

遊彩会作品展  

 遊彩会の作品展も今年で何回目になるだろうか?
 あまりここに書くことも少ないので、たまには記しておこう。

 約束の時間13:00ちょっと前に館内に入った。
 写真は、開場へのアプローチ(廊下)の飾り付け。

221119

221119 221119

 以下は、私と菅谷先生の作品である。

221119 221119

 生徒さんの作品は、只今動画編集中にて少し遅れます。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: --

九品山浄真寺  

 嬉しい快晴です。今年はこういう日がとても少なく感じます。
 本日は九品山浄真寺に来ました。

 2年前に来た時は、少し時期遅れのような気がしたのでちょっと早めたのですが…。

 どうやら完全に紅葉には早すぎたようです。残念ですが仕方ありません。
 以下、時間軸には沿っていませんが、まずはアプローチの総門の風景から見ていきましょう。

221118 221118

221118 こちらが山門。ここはいつでも絵になります。

221118 221118

 さあ、山門をくぐって、鐘楼堂、本堂です。

221118

221118 221118

 これから先は、本堂正面の建築群です。

221118 221118

221118 221118

221118 221118

 こちらは上品堂。これも何回か描いていますが、本日は縦構図にしてみました。
 絵の方は思いの外進みましたが、この後、完成のための手を入れなければなりません。

221118

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

池上本門寺  

 本日は池上本門寺。
 名称は良く知っていたものの、訪れるのは初めて。なかなか良い寺院です。

 まずは池上駅のアプローチの風景から…。

221117 221117

 こちらは、途中の沿道の寺院の風景。

221117 221117

 長い石段から下を見ています。

221117 221117

 さあ、境内を巡回してみましょう。

221117 221117

221117 221117

221117 221117

221117 221117

221117 ←この画像、ここを描いていた仲間からいただきました。

221117 221117

221117

 いろいろ絵になる場所がありますが…しかし、本日の絵はちょっと素直じゃない構図を選択してみました。

221117 221117


 そして、本日の私の描画手順(水彩画法)です。
 何と、墓場からです。
#途中、檀家?の方から厳しい小言をいただきました。おとなしく伺うしかありません。
#ちょっと注意してくれれば良いだけなのに…なんて思っても悪いのはこちら。とても反論できません。
#考えてみれば、ここの檀家は相当気位も高いのでしょう。安易に考えすぎていたのかもしれません。


◆第一ステップ

 いつものように最初の色を置いていきます。
#5重の塔なので、なんとか5層がわかるように描いています(笑)。

221117

◆第二ステップ

 2回めの色を置きながら表情(表現)を深めていきます。
 最近は、できるだけ雰囲気を重視しながら色を置いていくようになりました。少し注意深くなったのかもしれません。

221117

 小言のせいかどうか…集中力が途切れて、今日は早めに休止となりました(苦笑)。

 帰り道、皆さん「久寿餅(くず餅)」をお土産に買って帰ったようでした。

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

「燃える秋色裏磐梯・五色沼」への旅(その3)  

<3日目:11月15日(火)>

■07:00起床・朝食

■ 磐梯東都バス(猪苗代駅)
・(アクティブリゾーツ裏磐梯11:10 〜 猪苗代11:42)約30分 780円

 バス待ちの時間にて。

221115 221115

 帰路のバス車中からめぼしい風景を…。

221115 221115

221115 221115

221115 221115

221115 221115

221115

■JR磐越西線快速・郡山行(在来線)4駅
・(猪苗代11:58 〜 郡山12:36)

221115

■やまびこ0058号(郡山13:06〜東京14:24)

■最後に

 今回の旅のお土産。

221115

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

「燃える秋色裏磐梯・五色沼」への旅(その2)  

<2日目:11月14日(月)>

■07:00起床・朝食

■09:00五色沼散策へ

【参考】湖沼の国(裏磐梯) 

221114 221114

221114 221114

221114 221114

 毘沙門沼からの散策である。

221114

◆毘沙門沼 09:30〜

221114 221114

221114 221114

221114

 明暗による印象の違い。

221114 221114

 上向き、下向きの構図の違い。

221114 221114

221114 221114

221114

 展望台に到着。そして周辺を撮影。
 そろそろ毘沙門沼も終りに近い。

221114

221114 221114

221114 221114

221114 221114

221114 221114

◆赤沼

221114 221114

221114

◆深泥(みどろ)沼

 221114

◆竜沼

221114 221114

221114 221114

221114 221114

221114

◆弁天沼へ

221114 221114

221114 221114

221114 221114

221114

221114

221114

221114 221114

221114

221114

221114 221114

221114 221114

221114 

◆青沼

221114 221114

221114 221114

◆るり沼

 途中まで進み、るり沼を見損なったことに気づいて引き返した。

221114

221114 221114

 ここで、この展望台の脇のスペースで、奥様同伴で絵を描いている方を見つけたので声を掛けさせていただいた。
 話しをしながら、スマホ内の自分の絵を見ていただきながら自己紹介ということになり、何と日展の審査員をされている「青島紀三雄」さんであることがわかり驚愕である。嬉しかった。こんな出会いもあるのである。絵はもちろんまだ途中だったが、手慣れた表現は当たり前。スマホの中の絵はとても素晴らしかった。当たり前のことであるが…。これまでお名前を知らなかったことが恥ずかしい。
 おまけに現在開催中の日展の案内状までいただいてしまった。しばらく日展にはご無沙汰していたが、これは是非とも会場で見せていただかなくては…。
 長話をして迷惑を掛けては…と思い、感謝しながらその場をあとに、次に向かった。

◆柳沼

 ここは特に感じるものはなかったが、一応記念に残しておく。

221114 221114

221114 221114

 約4Kmの散策を終わり、五色沼も一通り見終わって気が済んだので「裏磐梯レイクリゾート五色の森ホテル」で休憩。

221114 221114

 うっかり桧原湖を見るのを忘れてしまった(笑)。
 仕方ない。帰りのバスの中から気分だけでも…。虹が見送ってくれた。

221114 221114

221114 221114

221114

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

「燃える秋色裏磐梯・五色沼」への旅(その1)  

燃える秋色裏磐梯・五色沼 11月13日(日)~11月15(火)


<1日目:11月13日(日)>

■やまびこ0057号(東京10:36〜郡山11:51)

 さあ、これから出発である。

221113 221113

221113

■JR磐越西線快速・会津若松行(在来線)4駅
・(郡山12:15 〜 猪苗代12:52)

 もしかして絵を描けるかもしれないから…と撮影順に。

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

 運転席越しにも…。

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113

■ 磐梯東都バス(路線バスにてホテルへ)
・(猪苗代13:00 〜 アクティブリゾーツ裏磐梯13:27)約30分 780円

221113 221113

■諸橋美術館(ホテルから徒歩3分)
・開館時間9:30〜17:00 (最終入館は閉館の30分前まで)
・開館期間 2022年4月27日(水)〜11月13日(日)
※2022年7月4日(月)〜7月24日(日)まで展示替え休館
※2022年11月14日(月)〜2023年4月下旬まで冬期休館

 ホテルに到着したが、橋本美術館が明日からは休館になるということで、開館時間の間に行ってみることに…。

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

221113 221113

■宿泊先ホテル
アクティブリゾーツ裏磐梯
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ケ峯1093-309
TEL 0241-32-3111

221113 221113

221113

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

多目的S中(共通)/入り日を受く家並み:F6(プラハ)  

221111praha_f6y2_サイズ変更

 本日は、皆で同じ画題を元に、水彩の描き方を勉強しようという日。モチーフは「プラハの家並み」を選びました。
 難しい画題にも拘わらず、多くの方が参加してくれました。

221111

 本日はグリザイユで描く方法を選択しました。複雑な風景を描く場合には、光の具合だけを見て(陰影を)描くことで、複雑な要素を整理でき、その後がとても簡単になりますから、使い方によってはとても役に立つ描法と思っています。

 途中段階では、いつもは自分の描き方で描いてしまう方も、今日は割合忠実にグリザイユ法で描いていたようです。
途中段階では苦労しながら描いていた方々でしたが、最後にはこのように各自の画風が感じられながらも見応えのある絵が並びました。
 もちろん、本日だけで仕上げる段階までには行きませんが、短時間にも拘わらず、ここまで進められたということには私にも驚きです。
 私の絵もここに並んでいるのですが、すっかり埋没してしまっています(苦笑)。

221111


 私の水彩画法(描画ステップ)は以下の通りです。
 本日は、新しい方が2名参加されましたので、いつもより意識していたのは、絵を完成させると言うより描画手順をわかりやすく説明したいということでした。

◆第1ステップ

 簡単な下絵ですが、それを元にブルーで空・影を着色していきます。
 不思議なことですが、これだけで雰囲気ができてきます。光の効果恐るべし…といったところでしょうか。

221111

◆第2ステップ

 これに茶系統の色を加えるとさらに絵の密度が高まります。

221111

◆第3ステップ

 陰影をさらに深めました。濃い影をどの程度に描くかで、最終的なイメージが概ね決まります。
 屋上のガラスドームの描き方も見ていただきました。

221111

 今日の絵は、絵を完成させるステップと言うより、各々の細部の表現のポイント…そんなことを学ぶものになりました。

*     *     *     *     *


 遅ればせながら2023年3月26日、何とか仕上げました(苦笑)。

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

帷子川親水緑道  

 本日は天気も良く気持ち良い日になりました。

 いつも新しいスケッチポイントはないか…とネット情報を探っているのですが、この場所はそうした中で発見した場所です。
 まだ、紅葉には時期的に早いと思うのですがそろそろ葉の色も変わりつつあるのではないかと、期待しながら出かけました。

221104 221104

 緑道に入るとそこはまさに別世界…そんな感じです。
 道なりに歩きながらスケッチポイントを探ります。
 光がとてもいい感じです。それだけでも絵を描ける気になります。実際に現場で描くととても難しいのですが…。

221104 221104

221104 221104

221104 221104

221104 221104

221104 221104

221104 221104

221104 221104

221104 221104

 今日は、それぞれのポイントで分散して描くことになりましたが、私達数人は緑道の奥の方のこの場所で描くことにしました。
 写真では簡単な明暗の風景になってしまっていますが、現実には様々な色に溢れた風景です。

221104 221104
 

 今日のスケッチはこんな感じで進みました。

221104 最初はいつものとおりに進むのですが…。

221104 ここから先がいつも悩みます。

 さて、どのように完成させられるでしょうか。

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

多目的S(各自)  

 本日は、各自が課題としている絵を教室で描き進めるという日です。

 今年も残り2ヶ月、そろそろ新年に予定している教室展(第7回 四季彩の会・絵画展)を気にしながら絵を描く時期になってきましたので、それに向けて展示予定の絵を絞り込み、仕上げていく時間にもなります。

 私も様々な要望に応えていかないと…と思っているのですが、いつも試行錯誤の時間でもあります。


 最後の講評の時間には、それぞれの進捗度合いは様々ですがここまで描き進めてきた力作が並んでいます。
 私も徐々に楽しみが大きくなってきました。

221103

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

遊彩会:作品展に向けて  

 遊彩会としても、最大行事の一つ「作品展(第74回 区民文化祭「作品展」)」もいよいよ近づいてきました。

221101 221101

 本日は、それを考えながら展示作品について私のアドバイスを期待している人には適宜アドバイスをしていましたが、もう展示作品の準備ができつつある人は幹事さんが用意してくれた柿などの静物を描くといった、比較的自由な雰囲気で進められました。

 幹事さんも、毎年いろいろな展示方法を考えていて、私もどんな作品が展示されるのか徐々に楽しみが大きくなってきました。
 皆さんの作品準備期間ももう2週間ほどです。

category:  ┗ 教室22年

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ