fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ・(2024年01〜03月)の日程はこちら。(パスワードが必要) 

みその公園/古民家庭先の春:F6  

古民家庭先の春:F6

 本日は、私のデモを参考にして皆で同じ絵を描こうという日です。

 本日の画題はこちら。みその公園の一隅の風景です。
 季節は丁度今頃。厳しい寒さの中ですが、日差しの暖かさが春が近いのを感じさせてくれるようです。
そんな雰囲気が描けたら…とこの写真を選んでみました。

230203

 複雑な建物、しかもそれを間近にしての絵です。皆さん、最初はいろいろ苦戦もしていたようでした。
私もちょっとむずかしい写真を選びすぎたような反省も…(笑)。
 しかし、最後にはやはりなかなかの絵が並んだように思います。

 本日は、新しい参加者も2人加わっての教室でした。
 
230203


*     *     *     *     *


 さて、いつものように私の水彩画法です。

◆第1ステップ

 大雑把なデッサンというか当たりというか…。
 簡単な鉛筆画を元に、ベースとなる色面を作っていきます。
 これを私は<絵の具による下描き>と呼ぶことにしましょう。この段階で光と影の雰囲気が生まれていれば上々です。
 建物の影の部分に色を置いていますが、手前の樹木の枝が邪魔です。しかしこれを無視しないで、枝の雰囲気も残して置きたいものです。

230203

◆第2ステップ

 描いていると、各ステップでデッサンが狂っているところが見つかってきます。2階の日陰の雰囲気も消えてしまいました。
 次のステップでデッサンの狂いを修正しながら進めます。
 最終段階では、2階の日陰も修正したいものです。

230203 230203

 気になっているところを修正しつつ仕上げたのが冒頭の画像です。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ