fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●5月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・5月02日(木)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・5月17日(金)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・5月23日(木)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・5月31日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 
 ●近づきましたのでお知らせします。<平澤薫+「四季彩の会」有志水彩画展>のご案内 。 

遊彩会/柿と柚子:F6  

scan_078_scan_079_サイズ変更

 今日の遊彩会は静物。
 幹事さんが柿と柚子を沢山持ってきてくれました。それをいくつかのテーブルに分けて配置していきました。

 ただ、私の座った席からはなかなか構図が決められませんでした。
 静物画の宿命として、いろいろな静物を自分の好みに配置することを考えながら、自分なりの構図を作りながら描いてみました。

 最初の写真から、まずは柿の形、次は柿の枝ぶり。3枚目からは柚子を、最後の写真から追加した葉のイメージを…。

23112801_サイズ変更 23112802_サイズ変更

23112805_サイズ変更 23112804_サイズ変更

 そして、今日描いたのはここまで。
#ちょっと柿の葉に注力しすぎました(苦笑)。

 この絵を継続するか、またはここで諦めるか…ちょっと思案どころです。

scan_068_scan_069_サイズ変更

 その後12月13日、手を加えて完成としました。
 それが冒頭の画像です。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

見上げるサン・ソーヴール大聖堂:F6(エクスアンプロヴァンス)   

 描きかけになっていた1枚。なんとか仕上げました。

見上げるサン・ソーヴール大聖堂:F6(エクスアンプロヴァンス)

<見上げるサン・ソーヴール大聖堂:F6(エクスアンプロヴァンス) >

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

三渓園:橋袂の庵:F6(三渓園横笛庵)  

橋袂の庵:F6(三渓園横笛庵)

 今日は三渓園。天気に恵まれて良い日になりました。

 今日は勤労感謝の日ですから、比較的大勢の人々が訪れていました。今朝TVでは京都の嵐山では外人が8割だと報じていましたが、さすがにここには外人の姿はわずかです。

sankeienmap_fontnone_サイズ変更

 ここに訪れるのは何回目になりましょうか。絵を描き始めてからのことだと思いますが、度々ここへ来ていろいろなところを何回も描かせてもらいました。もう何回と数えることができません。
 昔から考えれば入場料金はずいぶん高くなっており、今回も上がったようで市内在住の65歳以上でも700円(一般1000円)となっていました。それが年間パスなら2000円ということなので、迷わず年間パスを購入。何回も通って初の購入です(笑)。

 なんとなく最近は内苑の方で描くことが多かったのですが、今日は少し新鮮が気分で描きたいと思っていたので、外苑の方から回ることにしました。
 まだ太陽が顔を出していないので何となく暗い雰囲気です。
#太陽の日を感じる写真は、たまたま顔を出していた時に撮ったものです。

DSC01081_サイズ変更 DSC01093_サイズ変更

DSC01082_サイズ変更 DSC01084_サイズ変更

DSC01085_サイズ変更 DSC01086_サイズ変更

 いろいろ見ながら回ったのですが、やっぱり…というか、今日は私が好きなポイント「横笛庵」になりました。初めてここを描いた時、何となくうまく行ったような気がしたからでしょうか。そして、ここはその後も何回か描いています

DSC01088_サイズ変更 DSC01094_サイズ変更

 私の今日の絵はこんな具合です。
 今日は、皆さん思い思いのポイントに分散してしまったので、皆さんの絵を十分見ることができず、自分の絵を描く時間を割合確保でき、比較的絵の方が進んだようです。しかし、絵の具の乾きが遅いため、重ねた絵の具が散ってしまい満足するような詰めができませんした。
 近いうちに完成させましょう。

scan_062_scan_063_サイズ変更

 まあともかく、太陽の光はもう少し欲しかったのですが、今の時期としてはかなり暖かな最高気温20℃。気持ちよく描けたのは嬉しいですね。


 11月26日(日)、完成させることができました。冒頭の画像がそれです。

*     *     *     *     *


 家の近くのバス停に降りた時、ちょうど夕日が沈む時間。
 もしかしたら…と、富士山が見える公園に行ったのですが…。私としては、この風景を描くにはもう少し良いタイミングが欲しいです。

231123_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

遊彩会・各自(南フランス)/見上げるサン・ソーヴール大聖堂:F6(エクスアンプロヴァンス)  

 本日の遊彩会は、先日の作品展後の教室です。

 今回は忙しくて作品展には行けなかったのですが、とても盛況だったようです。
遅ればせながら先日の作品展の様子を紹介しておきましょう。

scan_027_サイズ変更 scan_028_サイズ変更

 以下は会場の様子です。
 まずは、全員で頑張って作った「遊彩会の看板」と「来場者のための歓迎コーナー」です。次いで皆さんの作品です。

2023作品展看板_サイズ変更 2023作品展来会者用_サイズ変更

2023作品展展示1_サイズ変更 2023作品展展示2_サイズ変更

2023作品展展示3_サイズ変更 2023作品展展示4_サイズ変更

*     *     *     *     *


 作品展を見て、5名の参加希望の方々が教室の見学に来られました。
 幹事さんのお話しを聞かれた後、会場の様子を見たりして私のところにも来られましたので、私は今日描く予定ダッタ絵で私の描き方を見ていただくことにしました。
 私が水彩画をどのように考え、このように描いているのか…そんなお話しをしながら描き進めていったので、今日の絵の進捗はいつもとちょっと異なっています。


 私の頂いた写真は、前回と同じくエクスアンプロヴァンスの風景です。
 私の絵は癖でしょうか、いつもやや右に倒れがちなので、今日は簡単な垂直線の補助線を引いて描き始めましたからいつもよりは真っ直ぐになっていると思います(笑)。
 ただ、写真では右の建物が開きすぎている気がしましたので、絵の方では少し構図をいじっています。その他私なりに全体のバランスを見ながら描いていますので、建物としての正確さは少し犠牲にしています。
 違いがわかりやすいように、今日は写真と絵を並べて配置してみました。

scan_059_サイズ変更 scan_057_scan_058_サイズ変更

 もちろん、この絵は完成までには手を入れなければいけないところがいろいろあります。

 そして11月27日(月)、何とか完成させたのがこちらです。

見上げるサン・ソーヴール大聖堂:F6(エクスアンプロヴァンス)

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

本日の絵  

 本日も1枚。溜まっていた宿題の絵を仕上げました。

scan_055_scan_056_サイズ変更 <那須の水田:F6>

category: ●水彩画

tb: --   cm: --

木漏れ日のカフェテラス:F6(エクスアンプロヴァンス,フランス)  

 今日は、先日遊彩会で鉛筆の下描きしかできていなかった絵を完成させました。
#翌日、やっぱりもう少し手を加えたいところがあって補筆しました。
#どこが変わったか…元のページで前の絵も残していますので関心がある方は御覧ください。

scan_053_scan_054_サイズ変更 <木漏れ日のカフェテラス:F6(エクスアンプロヴァンス,フランス)>

category: ●水彩画

tb: --   cm: --

多目的S中(共通)/風越山を望む:F6(伊那谷)  

scan_047_scan_048_サイズ変更

 本日は(共通)の日。

 今日の画題は山を望む普通の風景。私の故郷の風景にしました。
正面に見えるのは伊那谷・飯田圏のシンボル的な山「風越山(かざこしやま)」です。
私が小さい頃は、権現山(ごんげんやま)とか(ふうえつざん)と呼んでいたものですが、(かざこしやま)に呼称を統一したようです。

天竜川_サイズ変更

 単純な風景だけに皆さんの個性が絵に現れたようで、途中はそれなりに苦労していたようですが、最後に並べてみるとなかなか変化に富んだ個性的な絵が並びました。とても楽しい時間になりました。

DSC01055_DSC01057_サイズ変更


 いつものように、私のデモを見ていただきながらのスタートです。
今日の絵は、単純なだけに私の絵もそれなりに進んだようですが、全体的な色調が画題の絵とは少し異なったようです。

◆第一ステップ

 いつものようにベースになる色を置いていきます。
最初の色が大切なのですが、やはり短時間で描いて行こうとすると色の選択がうまく行かないことも多々あります。

DSC01052_サイズ変更

◆第二ステップ

 色を重ねて雰囲気を作っていきます。

DSC01054_サイズ変更

◆第三ステップ

 単純な風景だけに、ラフですが全体の雰囲気はできたようです。
しかし、ここまで描いてしまうと完成には少し修正したいところが出てきます。そうなると修正の手間が大変になったりします。
 どうやって完成としましょうか。思案しなければなりません。

scan_043_scan_044_サイズ変更


 結局、もう一段色を深めることにしました。その結果が冒頭の画像です。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

「水彩人写生会」無事終了しました/象の鼻港の船:F6  

scan_041_scan_042_サイズ変更

 何かと気を使うものですが…本日は「水彩人写生会」。決して好天とは言えない中での実施でしたが、何とか無事に終了しました。

 まずは、待ち合わせ場所。「シルクセンター」と昔の呼び名で書けばよかったのか…私が考えていたものの隣の施設が「産業貿易センター」というものだとは思いませんでした。集合場所が分散してしまい、まずは混乱。
 そして、今日は昨夜の雨は上がったものの日差しが出ません。そして14〜16℃の気温ながら風が強い。描いているうちに身体が凍えてきました。
 そんな生憎の天気の中スタートです。
 結局、皆さん思いおもいの場所で描くことになりました。

 私は、当初の約束のとおり船が集合するあたりで一人で描き始めました。ここは何回か描いているので、今日は少しアングルを切り替えて描くことにしました。

DSC01039_DSC01040_サイズ変更

 描き終えた後の全員集合場所は、外の寒さが厳しいのでシルクセンターの中としました。幸い、館内の店舗が休みでしたので…。
 写真は、講評準備の様子と記念写真(画像は大きくなりません)。

DSC01042_サイズ変更_サイズ変更 SSJ231111_サイズ変更_サイズ変更_サイズ変更

DSC01043_DSC01047_サイズ変更

 このままでは見にくいので分割で見られるようにしました(笑)。

23111101_サイズ変更23111102_サイズ変更23111103_サイズ変更


 さて、今日の私の絵はこんな具合。
 久しぶりに構図を決めるのに少し試行錯誤しました。本当は横長サイズで描きたい構図を無理やりF6に収めているからでしょう。
 2枚目の画像は、ここまで何とか描いた後、皆さんの様子を見せていただいたものです。
#こういう条件の悪い場合には、あまり描きすぎないほうが、家に帰って手直しするのが楽になる…というのはこれまでの経験から得たものです。
#実はこの構図を決めるにも、今までにない一つの教訓がありました。現場では気が付きませんでした。

DSC01041_サイズ変更

scan_039_scan_040_サイズ変更


*     *     *     *     *


>本日ご参加いただいた方々へ。
 寒い中、長時間本当にお疲れ様でした。
 絵を描くには大変な状況でしたが、楽しく充実した時間が過ごせたと思います。
 ご参加ありがとうございました。

 私も個人的なことですが、一昨日は懸念していた問題から少し開放され、そして本日現場で嬉しいことがありましたので、そのことだけ、記録としてここで記しておきます。

*     *     *     *     *


 少し休んだ後15日、手を加えて何とか完成としました。冒頭の画像です。

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: --

多目的S中(各自)  

 本日の教室は(各自)の日。
 今日の参加者はいつもより少な目です。展覧会の作品も徐々にそれぞれ決まってきているのでしょうか?

 今日から、私が皆さんの絵へのアドバイスをする順番がアミダで決めるようになりました。

 最後に並んだ絵はこんな感じです。
 なかなか充実した作品群になりそうです。これらのうち、何点が展覧会に並ぶことになりましょうか。

DSC01036_DSC01037_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

今日も1枚  

 今日も何とか1枚仕上げとしました。

scan_037_scan_038_サイズ変更 <海辺の夕刻:F6(尾道)>

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

工場群と廃船:F6(子安運河)  

 昨日の絵にさらに手を入れつつ、今日は以前描いてそのままになっていた絵に手を入れて完成としました。

scan_031_scan_032_サイズ変更 <工場群と廃船:F6(子安運河)>

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(共通)/路地に注ぐ光:F6(シエナ)  

scan_035_scan_036_サイズ変更

 本日は(共通)の日。
 画題となる写真は、シエナの路地の風景を選んでみました。

シエナ_サイズ変更

 建物の風景は、デッサンの重要性が高くなるためなかなか面倒で時間がかかると思います。
いつもデモをしながら、自分でも手こずっていることを感じると、「ちょっと難しい画題を選んでしまったかな?」とちょっと反省もします(苦笑)。しかし、難しいものに挑戦していかないと絵が上達していかないのも事実だと思いますし、「こういう経験も大切かな?」と思い直したりします。

 皆さんも、それなりに苦戦していた様子ですが、最後の講評段階ではこれらの絵が並びました。個人的な事情で途中退席された方もいらっしゃたようですが…。
 私のデモの時間がありますから、皆さんが自分の絵を完成させるには十分な時間ではないのですが、そんな中でここまで描いているわけですからとても立派なものだと思います。

DSC00944_DSC00945_サイズ変更


 さて、いつものようにデモで描いた私の水彩画法です。

◆第一ステップ

 いつものように絵の下地を作るつもりで、ベースになる色を置いていきます。大切なのは白をどこに残すか。そして、(この段階でも)陰影の表現が的確かどうかを確認していくことです。特に左側の壁は、影でありながら右の壁の乱反射がありますから、意外と明るく見えています。

DSC00940_サイズ変更

◆第二ステップ

 暗い色を置きながらデッサンを徐々に固めていきます。それと同時にいろいろな壁面のテクスチャーを感じられるよう表面の微妙な変化を加えていきます。

DSC00942_サイズ変更

◆第三ステップ

 写真では良く見えていないシェードの下をどう描いたら良いか、イメージを整理するために少し時間が欲しいので完全に描かないで敢えて残しています。
 後は、それを描きながら、完成に向けて全体の表現の調整をしていくことになります。

DSC00943_サイズ変更

 何とか、11月4日仕上げとしました。

scan_025_scan_026_サイズ変更

 しかし、さらに気がついたことがあり、11月5日さらに手直し。それが冒頭の絵です。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ