fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●2月末〜3月までの室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
  ・2月28日(水)(戸塚区民センター)多目的S中12:45〜17:00(共通:春風萬里荘)
  ・3月04日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月07日(木)多目的S中12:45〜17:00(茨城農家)
  ・3月18日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月26日(火)多目的S中12:45〜17:00(安曇野穂高神社)
 ●(2024年01〜03月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

舞岡公園/小春日和の朝:F6(舞岡公園)  

scan_019_scan_020_サイズ変更

 本日は舞岡公園。2023年最後の教室です。薄曇りの天候でしたが風もなく外スケッチにはこれ以上を求めるのは贅沢というものでしょう。

 いつものように、バスの終点<京急ニュータウン>のバス停から下っていきます。

23122701_サイズ変更 23122702_サイズ変更

23122703_サイズ変更 23122704_サイズ変更

23122705_サイズ変更

 舞岡公園ではまっさきにスケッチの候補地になる小谷戸の里です。
 私が描いたポイントは後でまとめて紹介します。

23122706_サイズ変更

23122707_サイズ変更 23122708_サイズ変更

 小谷戸の里を出て、周辺を巡ります。
 まずは、田んぼから水車小屋です。

23122709_サイズ変更 23122710_サイズ変更

23122711_サイズ変更 23122712_サイズ変更

23122714_サイズ変更

23122715_サイズ変更 23122716_サイズ変更

 次いで、池の方を巡ってみます。
 久しぶりに描いてみようとも思っていたのですが、かっての風景とは随分様変わりしてしまいました。

23122717_サイズ変更 23122718_サイズ変更

23122720_サイズ変更 23122719_サイズ変更

 やはり、当初考えていた候補地で描くことにしようと思って、小谷戸の里に戻ることにしました。

23122721_サイズ変更 23122722_サイズ変更

23122723_サイズ変更 23122724_サイズ変更

私が描こうと思っていたところはこちら。炭焼小屋です。

23122725_サイズ変更 炭焼小屋へ行く小橋の上から…です。

23122726_サイズ変更 23122727_サイズ変更


 今日は、先日考えた軽量イーゼルのセットで描くつもりだったのに、それに不可欠の椅子を忘れてしまいました(苦笑)。仕方なく、近くにあった丸太を椅子にして…。

 そして、今日はこんな具合に絵が進みました。でももちろん、もう少し手を入れないと完成にはなりません。

23122728_サイズ変更 23122730_サイズ変更

23122731_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(各自)/  

 展覧会を控えて、本日は(各自)の教室。
 自分の作品へのアドバイスを期待する人たちが多かったようでした。

 いつもと同様皆さんの気力集中時間が続きます。その間に、順番に皆さんの希望に沿って私も応えています。そのつもりです(笑)。

 そして最後には皆さんのこんな絵が並びました。
 今日は、千差万別というか、玉石混交というか、そんな絵が並んでいます…もちろん冗談です(笑)。
 つまり(各自)の日は、各々のペースで自分の絵に向き合い時間ですから時間の使い方は自由です。展覧会の絵にアドバイスをもらった後次の絵の下絵を描き始めた人や、展覧会の絵の仕上げをしている人もいるから、絵の仕上がり具合はまちまちだからです。

IMG_2385_IMG_2387_サイズ変更

 今日は今年最後の室内教室です。
 来年2月は、8回目の教室展…「第8回 四季彩の会・絵画展」です。つい最近入会したばかりの人もいますが、皆さん腕を上げてきていますからなかなか楽しみです。期待していただいて良いと思います。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

遊彩会:忘年会  

 本日の遊彩会は2023年最後です。
 教室の方は早めに終えてその後忘年会という予定になっています。

 先日の作品展をきっかけに4人の新たな参加者ができましたので(1月からもう一人参加されるようです)、私の方もこれでもそれなりに気を使いながら…です。
 今日はなぜか何かと声がかかることも多く、完成させるつもりにしていた先週の絵には殆んど手をつけられず完成させることができませんでした(笑)。

 忘年会の会場は、遊彩会の最初の忘年会会場と同じ「龍盛菜館」。考えてみれば遊彩会も8年半になりました。

 今回は会場の様子もちらっとご紹介。

 8人くらいの円卓2つでそれぞれにぎやかに楽しく食事が進みます。
 最後には恒例のビンゴです。最近入会された陶芸作家でもある方が提供してくれた陶器がいくつか当選者にプレゼントされました。私のテーブルでは8人中6人が素敵な品を入手できましたが、残念ながら私はこういうのはいつも駄目な方です(苦笑)。
#写真は、雰囲気だけ。これくらいでお許し下さい。

IMG_2372_IMG_2374_320.jpg

 それでも、残念賞としてこちらをお土産にいただいて帰りました(笑)。

IMG_2376_サイズ変更

 皆さん、良い年をお迎え下さいますように…。

category: ●日記

tb: --   cm: --

外スケッチ:立ち姿勢から座り姿勢へ  

 そろそろ外スケッチの軽量化を考えないといけないと思い始めている。
 その中でまずは、今までは立って描いていたスタイルを座って描くスタイルに変えようと思い立った。何しろイーゼルが重いのだ。三脚+雲台だけでも930g。それを軽量化したい。

 もともと鉛筆の下絵スケッチは、私にとっては殆んど構図を決めるのが主だしものの数分もあれば終わってしまう。立って描くのは簡単である。
 座って着彩するスタイルにすれば(椅子は必要だが今までも椅子は持参していたから)イーゼルが軽量化できるのではないかと思ったのだ。座って着彩することにすればパレット台(約250g)も不要になる。

*     *     *     *     *


 ということで、まずは座って描くためのイーゼル選びである。
 小さなイーゼルはカメラ用(それもスマホカメラ用)のものが数多く出ている。それらは高さを確保できるものの、
①荷重負荷に耐えられない。
②足が広げられないので安定感が足りない。
ということで、なかなか良いものがない。
 カメラ用になると、イーゼル(三脚)も極端に高くなる。

 そんな中、「ベルボン Velbon 卓上三脚 カメラ用 専用ケース付き EX-mini 2段 レバーロック」(¥2,054)が見つかった。
 高さには限界があるが座る姿勢に対応するには使えそうだ。構造もしっかりしているし、角度調整も自由だし、 重量も467g(本当はもう少し軽くしたかったが、現在の重量930gの約半分)、価格もまあまあ、ということでまずはこれに決定。ちょっとゴツい感じだが、これは使いやすさとも関係するのでここは我慢。

231218_サイズ変更

 実際に届いたもので確認してみた。
#イーゼル板は、現在のものはあまりにもボロになったので、写真ではとりあえず屋外テーブル用に作ったもので代用している。
#これを機会に軽量なイーゼルを考えることにしよう。

①高さは最高42cmくらい。足を広げて32cmくらい(下左の写真)。これなら何とかなりそうだ。
②雲台の下についているネジでイーゼル板の取り付けは容易になる(下右の写真)。これは助かる。

DSC01183_サイズ変更 DSC01186_サイズ変更

 下の写真は、今使っている椅子と組み合わせたもの。足の開き方を変えて使い勝手を確認している。
#今の椅子、ちょっと座面は低いのだが軽量(295g弱)でまだまだ使える。

DSC01188_サイズ変更 DSC01187_サイズ変更

 ということで、これを実施すれば約700gの軽量化を図ることができそうだ。
#本当はトータルで1Kgくらいは減量したかったのだが…。

category: ┗画具

tb: --   cm: --

今日は3枚完成  

 昨日のんびりしてしまったので、今日は頑張って3枚完成としました。

scan_082_scan_083_サイズ変更 <陽を受くニコライ堂:F6>

scan_013_scan_014_サイズ変更 <蓮雲上の弁天堂:F6>

scan_015_scan_016_サイズ変更 <坂上の農機具置き場:F6(横浜)>

category: ┗ 風景23年

tb: --   cm: --

ニコライ堂/陽を受くニコライ堂:F6  

scan_082_scan_083_サイズ変更

 今日は本当に久しぶりのニコライ堂です。(天気にも恵まれて今日は11人の参加でした。)
 ここ御茶ノ水駅は、現在工事中とかで私の記憶していた御茶ノ水駅とは全く様変わりしていました。
#昔描いた絵はこちら。
 http://3291ahiru.blog1.fc2.com/blog-entry-1133.html(ニコライ堂)
 http://3291ahiru.blog1.fc2.com/blog-entry-1135.html(聖橋からの風景)


 久しぶりに聖橋からの風景を写真に取っておきたかったのですが…。
#写真はEV値の設定を間違っていました。

  水道橋方面はこんな状況で、神田川水面が見えません。

DSC01158_サイズ変更

 秋葉原方面はこんな状況で、結構いい感じです。カメラの設定を間違っていたのが残念。
#写真は、列車を意識して何枚も…。
DSC01160_サイズ変更 DSC01159_サイズ変更

DSC01165_サイズ変更 DSC01164_サイズ変更

 こちら、ニコライ堂が見えます。この左側は「御茶ノ水ソラシティ」という複合施設ができていました。こんな風になっているとは…。周辺にも知らないビルが沢山建ってきていました。
 
DSC01166_サイズ変更

 ここはその「御茶ノ水ソラシティ」の一角。日陰ですがゆっくり描けて嬉しい場所です。
 カメラの設定を見直して、ニコライ堂をいろいろな角度から撮影しながら、絵を描くアングルを探ります。

DSC01175_サイズ変更 DSC01176_サイズ変更

 そして、今日の講評の様子です。写真を撮ってくれた人がいましたので…。

DSC07297_サイズ変更


 私は今日はこんな絵を描いていました。
 予想以上に複雑な建物だったので、今日はいつもより慎重にデッサンを進めることにしました。

 今日の絵はいつもよりずっと淡い色調にしています。
 これで仕上げのほうが良いという意見もありましたが、私は淡さを残しながらもう少し手を加えたいと思っています(笑)。
#左の画像は、尖塔を描き始めたところで写真を撮ってなかったことに気づいて撮影したものです。

DSC01178_サイズ変更 DSC01179_サイズ変更

 御茶ノ水駅に入る前にもう一度聖橋からの風景を撮影したくて寄り道しました。
やはりタイミングを失したようです。朝の光のほうがはるかに魅力的でした。

DSC01181_サイズ変更

 一日置いて16日(日)、一応絵を完成させました。冒頭の画像がそれです。


*     *     *     *     *


 画像を編集するために、今まで「Photo Editor Lite Movavi」というアプリを使っていました。
 ところが本日突然、「このアプリは壊れているから起動できません。アプリを削除して再度「AppStore」でダウンロードして下さい。」というメッセージ。
 指示に従って「AppStore」へ行ったら、もうそのアプリは無くてこの有料アプリ(2つ合わせて¥7000)をダウンロードするしかありませんでした。ずるいけどこんなやり方もあるんだと呆れつつ、仕方なく導入しました。このアプリ、結構気に入っていたのとスライドショー・ムービーができるようだから、また使う機会もあるだろうと…。

231214_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

今日は2枚半(笑)  

 今日は、未完成のままになっている絵などに手を加えていました。
 2枚半と呼ぶには理由があります(笑)。

scan_078_scan_079_サイズ変更 <柿と柚子:F6 >

scan_076_scan_077_サイズ変更 <弁天沼の朝:F6(五色沼)>

 そして、次回の時間を考えてあとは完成のための手を加えれば良いだけとなる段階まで仕上げたのがこちら(笑)。

scan_080_scan_081_サイズ変更 <街角の秋:F6(京橋)>

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

遊彩会:わが町の秋/街角の秋:F6(京橋)  

 もう年末。今月で2023年も終了です。

 今日の画題は「わが町の秋」。幹事さんが撮り集めたあちこちの秋らしい写真を用意してくれていました。
私はその中から「トイスラー記念館」の写真とこちらの京橋の写真、どちらかにしよう。他にこの写真が欲しい方がいたら私は残された写真にしようと思っていました。
 そんなところ、体調不良のために休んでいる人のための写真が欲しいというのでトイスラー記念館の方をお薦めして、私はこちらの写真を描くことにしました。「東京スクェアガーデン」です。このビルの地上階にはモンベル店もありますので、私は京橋に出る時にはいつも立ち寄っています。
 こうしてみると
なかなか複雑な風景ですね。

scan_075_サイズ変更

 今日は皆さんの相談に乗っていたこともあり、ここまでで終了です。
 これは次回完成となります。

scan_073_scan_074_サイズ変更

*     *     *     *     *


 次回は時間も短い予定なので完成できそうもありません。
 それで13日、ある程度進めておこうと手を加えました。これでほぼ9割の出来だと考えています。

 次回は、全体的な調整といった仕上げの手を加えるだけで完成とさせましょう。

scan_080_scan_081_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(共通)/弁天沼の朝:F6(五色沼)  

scan_076_scan_077_サイズ変更

 本日の教室は(共通)。
 モチーフは五色沼の中の弁天沼の風景です。いわゆる普通の風景と言えましょうか。
正面に見える山は簗部山(やなべさん)、右に雲に一部隠れて見えるのが西吾妻山(にしあずまやま)です。

五色沼_1280_サイズ変更

 いつものように私のデモで始めます。こうした風景は下絵が無くても描けると思いますので、直接絵の具で描いていきます。
 本当はPサイズ、Mサイズで描きたいところですが、Fサイズしかありませんので、左右を縮めつつ構図を考えて池を手前の方まで広げてみました。

 皆さんも同じように下絵を描かないで描き始めた人も結構いたようです。無理しなくても良いのですが、無理したほうが上達が早いようにも思いますから、それで良いでしょう。

 皆さん(いわゆる普通の風景画ということもあって)比較的に順調に進んだようです。
最後の講評のために並べた絵にも、皆さんそれぞれの個性ある絵に仕上がってきているように思いました。
 こんな具合です。なかなか見ごたえのある絵が並んだようです。

DSC01154_DSC01157_サイズ変更

 今日の私の絵はこんな感じで進んでいきました。
 絵を描くには比較的単純な風景で、私としてはちょっと面白みが感じられないので、早朝の風景にしてみたつもりです(笑)。

◆第一ステップ

DSC01149_サイズ変更

◆第二ステップ

DSC01150_サイズ変更

◆第三ステップ

 カメラの設定を忘れていたので明るくなりすぎましたので、改めてスキャナーで取り込んだものを右に置いてみました。

DSC01151_サイズ変更 scan_071_scan_072_サイズ変更

 今日はこういう絵なので私の絵も比較的進んだようですが、もう少し手を加えて完成としたいと思います。

 その後13日、完成としました。
 冒頭の画像です。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(各自)/  

 本日の教室は(各自)。
 四季彩の会展が近づいてきているので、皆さんも出展のための作品の仕上げなどで熱意が高まっているようです。

 今日は何名か早めに帰った方がいましたのが、講評の際にはこれだけの作品が並びました。
#ちょっとカメラの設定が間違ってしまったようで、明るくなりすぎました。申し訳ないです。

DSC01146_DSC01147_サイズ変更

 こうして並べてみると、皆さんの絵が絵がますます良くなっているのを改めて感じます。

 講評の際には「まだ途中です。」とお断りする方もいらっしゃいますが、私はいつも「皆さん途中ですから、そんなこと説明する必要はありませんよ。」と笑って言っています。
 事実、多くの方々は講評時間までにある程度仕上げておかないと…と思って、急いで絵を完成させようとしているようですが、それが良い結果になることはほとんどないように思います。これまでの経験から私が思うに、仕上げ段階においては、自分の絵を作品として完成させるには何が必要か…じっくり時間をかけて眺める時間がとても重要なのです。だから、慌てて仕上げるより時間がなければそこで止めておいた方が、完成までの手順を確実にすることができると思います。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ