fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●2月末〜3月までの室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
  ・2月28日(水)(戸塚区民センター)多目的S中12:45〜17:00(共通:春風萬里荘)
  ・3月04日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月07日(木)多目的S中12:45〜17:00(茨城農家)
  ・3月18日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月26日(火)多目的S中12:45〜17:00(安曇野穂高神社)
 ●(2024年01〜03月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

寒中お見舞申し上げます  


2024寒中見舞い_サイズ変更


category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: --

多目的S中(共通)/  

 今日の教室は(共通)の日。
 選んだモチーフ写真は、最近の旅の車中からの「中央本線小淵沢あたりの雨上がりの風景」です。印象的な景観でしたので私としてはこんな風景も良いかもしれないと、あまり迷わずに選んだつもりだったのですが…。

240123雨上がり_サイズ変更

 皆さんの印象は、最初から<今日の絵はかなり難しい…>とそう思っていたようです。難しくてやめようかと思っていたという声もチラホラありました。こんな写真を選んだこと…多少反省しなくてはいけません(笑)。

 皆さんなかなか手こずっていたのは確かなようですが、それでも最後にはここまで仕上げてきました。
私の経験では、難しい絵を完成させるとそれだけ確実に腕が上がっていると思います。皆さんにも是非そう考えて、難しい絵に挑戦して欲しいものです。

23012304_23012306_サイズ変更


 さて、今日の私の方はこんな感じで進めていました。

◆第一ステップ
 いつものように白く残しておくべきところを決め、色面を考えながら少し淡めの色を置いていきます。
 特に雲の感じを表現したい部分は大切です。絵の具が濃過ぎないよう気にしながら色を置いていきます。

23012301_サイズ変更

◆第二ステップ
 全体の雰囲気をより作っていくために、さらに暗い部分を見つけながら次の色を重ねていきます。あくまでも雨上がりの水蒸気が上がる雰囲気を大切にしながら色を置いていきます。

23012302_サイズ変更

◆第三ステップ
 同じように、さらに細部を詰めながら色を置いていきます。
 急いで描いた割には、全体の雰囲気はなんとかできてきたようです。今日は始める前の見込みに反して、結構進んでしまったようです。
 後は完成のための手を入れることになります。

23012303_サイズ変更

 

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S(各自)/  

 今日の教室は(各自)の日。
 皆さんの来月の四季彩の会展の作品もそろそろ固まってきたせいか、今日の参加者はいつもより少な目でした。

 今日は、皆さんに(前回に予定していた)展覧会の案内状をお渡しできるようになってようやく気になっていた課題が一つクリアできました。しかし、まだまだ詰めないといけないことは残っていますから、無理しないようにしながら急ごうと思います。

 今日はいつもより参加者が少な目だったので、皆さんが希望する絵へのアドバイスを個別にすることができたものの、皆さんがどんな絵を描いているのか、途中でのアドバイスをすることはできませんでした。時間の配分はなかなか難しいものです。

 講評のため、最後に並んだ絵はこんな具合(先に帰られた方もいたのですが…)。
 今日は並んだ枚数が少なかったせいもあるのか、それぞれ充実した作品が多く並んでいたように思います。
#と言って、他の日がそうじゃないというつもりはありませんが…。褒める言葉も難しいものです(笑)。

IMG_2542_IMG_2543_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

遊彩会:各自/  

 本日の遊彩会は先週に続いて各自の絵を完成することを目標とする時間でした。
 私は、四季彩の会で描きかけになっていた岩手山の絵を完成させようと目論んでいたのですが、思い直してスマホに入っていた画像に着手しました。結果は熱心な方々のお相手に時間を取られて(もちろん言い訳です(笑))、しかもスマホ画像の方は小さすぎてとても描く気分になれず撃沈でした。

 新しく入られた方々も会の雰囲気に慣れて調子が出てきたようです。とても熱心で、上手になりたいという向上心も感じられるので、今までの方々もその熱心さに思わず引っ張られているようです。教室の雰囲気も少し変わってきているような気がします。

 講評のため、最後に並んだ絵は以下のとおり。何人かは描き溜めていた絵を複数枚…という人もいるようですが、私も今日は2枚です。
 それにしても、素晴らしい絵が並んだようです。

IMG_2538_IMG_2540_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(共通)/雪景の岩手山:F6  

 新年2回目の教室は(共通)です。
 画題は、この季節にふさわしく「田沢湖線春木場あたりから見た岩手山」にしました。ネットでも同様な写真を発見できるところを見ると南側から見る岩手山の代表的な風景と思われます。

240115岩手山_サイズ変更

 比較的単純な風景ですから、私のデモの進み方も早かったのですが、最後に皆さんの絵を並べてみれば、この短時間でこれだけ見ごたえのあるレベルにまで到達しているのは大したものだと思います。

IMG_2528_IMG_2530_サイズ変更


 さて、私のデモはこんな感じで進みました。

IMG_1562_サイズ変更

IMG_2515_サイズ変更

IMG_2516_サイズ変更

 空の表現(特に雲)はこのままでは私としても不本意なのでもう少し手を入れたい気分ですが、その他は概ね完成レベルだと考えています。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

「第8回 四季彩の会・絵画展」へのご案内  


 恒例となりました「四季彩の会・絵画展」です。
 今年は2月に開催させていただきます。

 日頃頑張っている皆さんの百点あまりの力作が並びます。
 御覧いただけたらとても嬉しく思います。皆さんにとって大いに励みになると思います。



「第8回 四季彩の会・絵画展」

戸塚区民文化センター3階    
  さくらプラザ・ギャラリーA・B


2024年2月20日(火)~26日(月)
       午前10時~午後5時
(初日は正午から、最終日は午後3時まで)



FB用_サイズ変更 24011002_20240219204420d11.jpg

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: --

遊彩会:各自/  

 本日は遊彩会2024年の初日です。
 新しい方も今現在4人が加わって(あと一人参加予定)、なんだか急に活気づいてきたかのようです。
#と描きましたが、今までが沈滞ムードというわけではありません。とにかくこれまでの人数の2割ほどが増えたわけですから、それだけでもにぎやかになります。
 新しい方々は私の描き方になれていないだけにいろいろ質問もたくさんありますし、私の方も私の絵画の考え方を話すことが多くなり、幾分新鮮な気分もあります。
 やっぱり気分が変わるということだけでも大切なようです。

 今日は、幹事さんが用意したたくさんの写真の中から自分の気に入った写真から描くという時間になります。
 私は、先日描きかけになっていた舞岡公園の絵を仕上げてみることにしました。スマホの写真を使っていますので細部はよくわかりませんが、まあまあの仕上がりになったと思います。
 それがこちらです。
#この絵は、2月開催の「第8回 四季彩の会・絵画展」に展示予定としています。

scan_019_scan_020_サイズ変更 <小春日和の朝(舞岡公園)>

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(各自)/  

 本日は2024年最初の教室です。
 新年を迎えて、また来月の「第8回 四季彩の会・絵画展」を控えてか大勢の参加者でした。今日は大病から帰還された方を始め、コロナ禍以後新たに参入された方が多かったりして、参加者の方もいつも以上に多様だったようです。
 

 私が今日しなければならない仕事は以下のようなものでした。
・今日の絵をスタートさせるために必要なアドバイス
・「四季彩の会・絵画展」出展作品に対する相談、アドバイス
・希望者に対する補筆 etc

 しかし、出展作品の多くは既に決まっているためか、今日は比較的時間的な余裕もあり、これまで気になっていた自分の絵にもちょっと手を入れることができました。

 最後に並んだ皆さんの絵はいつものように多様で、充実したものが多かったようです。私としても楽しい時間を過ごすことができました。

240108各自_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

CRAZY CREEK(クレイジークリーク)の3way SHADE  

 年齢のせいで、最近は外スケッチ道具の軽量化を考えるようになっている。先日のイーゼルの検討もその一つ。
 今日は、ネットをブラブラしていてこんなもの「CRAZY CREEK(クレイジークリーク)の3way SHADE」を見つけてしまった。

000000007051-01-l_サイズ変更

 そうなんだよなぁ。絵を描くんだったら突然の雨や直射日光の下などでこういうものが欲しかったんだよなぁと思いながら眺めてしまった。自立型というところが特に重要なんだと思う。これはクレイジークリークの新作らしい。しかし、どこにも肝心の重量や畳んだ時のサイズが書いてない。
 買うと決めているわけではないが(と言うか、多分買わないとは思うけど(笑))、私の外スケッチ生活にはピッタリ。
#でも、自分の歳を考えろ…というような声も聞こえてきそうである(笑)。

category: ┗画具

tb: --   cm: --

ついでに軽量テーブル  

 座って描く場合には、地上にパレット等を置いておけば良いという考え方もあるが、実はちょっと風が吹いただけでパレットの中に砂や枯葉が入ってくる。少しでもそうしたことを避けようとするとちょっとしたテーブルが欲しくなる。

 私の持っているものの中で最も軽いテーブルとしてはセリアで見つけたプラダンテーブルがある。2つが連結できる。2つで110g。
 組み立てがちょっと面倒なのが難点。使っているうちにいつかは壊れるものと思っていた方が良い。
 右は2枚を重ねて持ち運ぶ状況のもの。

24010601_サイズ変更 24010602_サイズ変更

 もっと無骨で簡単なテーブルがこちら。2つはバラバラ。2つで270g。
 右は無開封の状況。
#このテーブルの下にアルコールストーブなどを置いてその上で湯沸かしをしているYoutube動画などを見ることができる(笑)。

24010603_サイズ変更 24010604_サイズ変更

 他にもいくつか軽量テーブルを持っているが、紹介する機会があるだろうか…(笑)。

category: ┗画具

tb: --   cm: --

ホルベイン 小部屋が取り外せる水彩パレット  

 新年早々、能登半島大地震やそれに続く羽田空港旅客機衝突事故等、激動の幕開けとなってしまいました。
関係される方々には心からお見舞い申し上げます。と同時に私達にもいつ起きるかもしれない出来事として心していきたいと思います。

 2024年、私もそろそろ始動していきたいと思います。

 さて、新年早々興味深い情報を得ましたのでご紹介です。それが「ホルベイン 小部屋が取り外せる水彩パレット」
#わかりやすいネーミングですが、もう少し簡単な呼び方にしてくれないか…とは思います(笑)。
 取り急ぎ、こちらで注文しました。

wcp_mv_サイズ変更

 こういうのが今まで無かったのが不思議なくらいのものでしょう。
 プラスティク製(ABS樹脂製?)にしては多少重いようですが、絵の具の取替、配置転換ができることが最大のメリットでしょう。私としては24色くらいで十分なこと、深めの皿であることも嬉しいことです。
#亀崎さんもお勧めのようですね。

*     *     *     *     *


 これが届いたのが6日。
 意外と大きく重かった(苦笑)。30仕切りのものがあるんだから、24仕切りはもう少し小さくて良かったのに…と思いながら、早速絵の具を入れてみました。

240107_サイズ変更

 色の配列は大きく変わりません。ここで特に考えたのは以下の2点。
 最も良く使用するウルトラマリンライト(=青)、バーントシェンナ(≒赤)、イミダソンイエロー(=黄)を2シェル分を確保すること。但しイミダソンイエローは混色する場合には他の色に負けてしまうので、純色として使いたい場合を考慮して単独に2シェルを確保しています。
 右下の3シェルは新しく使ってみたい絵の具を入れてみました。最近いろいろな方が色が試している分離する絵の具「ハルモニア(クサカベ)」から私が選んだ絵の具。①BlueHole(青緑系)、②DarknessSand(茶系)、③ArcticOcean(グレー系)の3色です。

 やはり気になったので、今までのパレットと比較してみました。
 大きさはやや小さくなりました。
 しかし重量は、今までのアルミのパレットが322g、新しいこのパレットが382g。この重さはちょっと残念。でも色を交換したい要望には柔軟に対応できるので、まあ良しとしましょう。
#実は先日、26仕切りのアルミパレットに同じような色を入れたものを作ったばかり(苦笑)。こちらはもっと小さく重量も145g。
 これの注意点は以下のような点でしょうか。
・親指を入れて持つことが出来ないこと。私はそういう使い方をしていないのでOKですが…。
・滑りやすい、プラスティックだから壊れやすいので取り扱いにちょっと注意が必要。

IMG_2489_サイズ変更


 

category: ┗画具

tb: --   cm: --

外スケッチ:座り姿勢用イーゼル案(その2)  

 12月18日に同じテーマでのイーゼル案を投稿しているのだが、そこに示した三脚を注文すると同時に、さらに軽量の三脚を見つけて注文してしまっていた。
 「SHEIN」というネットショッピングサイトでそれを見つけた。今まで経験したことがないのでちょっと警戒したが、これはどうもインドネシアが本社らしい。
 それがこれ「Ulanzi Mt-14 デスクトップ三脚 スマホカメラ用 伸縮可能 撮影用(576円(送料込み))」。価格が価格だからかなり華奢な作りであるのは仕方ないだろう。

2312182_サイズ変更

 そして同時にAmazonで注文していたのが①「predolo カメラ延長ロッド(1502円(送料込み))」「マイクネジアダプター カメラネジ変換アダプター 1/4オス→5/8メスジアダプター(2個)」及び「サムコス カメラ ネジ 1/4"への1/4" ネジアダプタ 2個セット」(合計419円)
#前者は以前持っていたはずの一脚がどうしても見つからないので、一脚としても兼用できるのでは…と考えての結果である。

 左写真は①を取り付けたもの。高さ36.5〜91.0cm。重さ(自由雲台含む)330g。
 右写真は②に百均で購入した板を張り合わせて、カンナで丸く仕立てたもの(雑な仕上げだけど)である。41.5cm固定。重量(自由雲台含む)210g。
#頂部には既にあった安物の自由雲台(1000円程度)を取り付けている。全体としての強度は期待できないが、絵くらいは描けそうだと思っている。

23122502_サイズ変更 23122501_サイズ変更

 全体の重量がどうなったか整理してみよう。
・今まで使っていたイーゼルセット…イーゼル930g+パレット台250g=1180g。
・12月18日バージョンが467g。
・写真左が330g。
・写真右が210g。

category: ┗画具

tb: --   cm: --

明けましておめでとうございます。  


 2024年が明けました。

 今年もよろしくお願い致します。




 年末から何かとドタバタしているうちに、いつの間にか年が明けてしまいました(笑)。
 今年は「賀状終い」というわけでもなかったのですが、間に合わず失礼してしまいました。

 
 既に喜寿(数えだそうですから)です。
 勝手ながら、今年は年寄の我儘を許してもらうことにしましょう。

 申し訳ありません。

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: --

<2024年1月〜3月>スケジュール  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category: ┗教室日程

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ