fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●4月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・4月08日(月)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・4月15日(月)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・4月19日(金)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・4月26日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

柏尾川ポタリング  

 あまりの暖かさに誘われて今日もポタリングである。

 久しぶりに柏尾川方面に行ってみた。
 残念ながら桜にはまだ早いが、河岸には多くの人が久々ののどかな日差しを楽しんでいるようだった。

DSC01251_サイズ変更

 ここもいつか描きたいと思っている風景。

DSC01253_サイズ変更 DSC01252_サイズ変更

 こちらからはいつもの眺めだが、撮影したことはあまりないという気がする。
 このまま描いても面白くないが、工夫をすれば描けるかもしれないと思う。

DSC01255_サイズ変更 DSC01256_サイズ変更

 ↑の対岸に回ってみた。
 こちらは私には親しんだ風景。

DSC01258_サイズ変更 DSC01257_サイズ変更

 環状3号の風景。ここもなかなか良い風景。昔は絵を描こうという気にはならなかったが、今なら描けそうだ。

DSC01259_サイズ変更

 いつもと違う道を走って積極的に迷ってみた。
#本当は舞岡公園の方へ行ける道を探していたつもりだったのだが…。
#しまった。この道を下って左に折れれば「見晴橋」に出られたんだった(苦笑)。後の祭り。

 しかし、風景に出会うのも一期一会。こういうのも良いものだ。

DSC01261_サイズ変更

 下り坂の風景。こういうのも好きだ。

DSC01262_サイズ変更

 サミットストアに寄ってみたが買いたいものがない。
 この後の道はあまりにも複雑すぎて、どこを走っているのかわからない。いつもの道に向かっていることだけは確か。
 途中、元気に坂道を登ってくる若者に出会った。若いということは良いことだ。挨拶をしてくれたのでこちらもお返しして別れた(笑)。

DSC01263_サイズ変更

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

私の額装の方法  

 今更ですが…これを見る方のために、私の額装の方法を整理しておきましょう。参考になることがあれば幸いです。

 この説明では、SMサイズ用の水彩紙の額装の写真を用いていますが、基本的にはF10くらいまでは全く同じ考え方だと思っていただいて結構です。

◆額の考え方

 水彩画ですから、額縁は、基本的にはすべてプレーンで目立たない色調を心がけています。マットもクリーム色としています。
#絵に合わせて額を用意する方もいらっしゃいますが、私は、(個展などでも)絵を見ていただきたいという思いから額は控えめな存在であって欲しいと思うからです。

 ただ、私の絵は水彩画としてはやや強い絵だと思っていますので、軽い装飾を感じるような額のデザインを選択しています。
 絵のサインも、絵の雰囲気や絵の流れを損なわないような色彩、場所を選択するようにしています。

◆絵のマットへの収め方

 額(やそれに付随するマット)に対して、絵の方は何度も入れ替えが生じます。したがって、できるだけ簡単に絵の入れ替えができるよう考えています。あまり多様な額を使わないのもそうした考えからです。
 また、同じ大きさの水彩紙であれば、マットの窓空けのサイズも一定にしています。つまり、絵の差し替えごとに窓サイズとの適合が問題にならないように…です。

 したがって、絵を固定するテープはあまり粘着力が強くなく、剥がしやすいものとして「パーマセルテープ 白(幅25mm)」を常に使っています。写真のように6箇所くらいに使えば十分でしょう。

41TxUmtHOrL_2024032920210260a.jpg IMG_2825_サイズ変更

 そしてテープは、水彩紙の面には強く粘着するよう爪の背でこすりつけるよに圧着し、マットの方に対してはあまり強く粘着しないように気をつけます。マット面は注意して剥がさないと、紙がめくれてしまうからです。水彩紙側は紙自体が強力なのでテープによって水彩紙がめくれることはありません。

 水彩紙の四隅を固定するようにテープを使わないことにも気をつけています。水彩紙を一方向に引っ張ればテープが剥がれるようになっていた方が剥がしやすいからです。

◆額の吊るし紐の結び方

 この紐も縦構図、横構図で度々結び直しが生じますし、絵を吊るす際にも緩まないほうが好ましいものです。
 ネットを見るといろいろな結び方があるようです。ここで紹介する私の結び方は、簡単に美しく結べ、なおかつ絵を吊るす際にもきれいに見えるし(と思っていますが)、紐を解くのも端部を引っ張るだけで簡単に解けてしまうものです。これまでトラブルも全く有りませんのでお勧めできると思います。

①紐のセッティング

 額縁の両端のフックに紐を通し、右からの紐端が額の左側になるように置きます。
 紐の交差のさせ方にも注意して下さい。

IMG_2827_サイズ変更 IMG_2828_サイズ変更

②蝶々結び

 ↑の状態から、紐がピンと張るように引っ張り、交差部をしっかり抑えて蝶々結びをします。通常、これだけでしっかり固定します。蝶々の羽が左右になるようになる結び方はご存知ですよね(笑)。
 右側の延長部分は写真のようにしておけば良いでしょう。

IMG_2829_サイズ変更

③引き解け結びで完成

 末端は写真のように結びます。通常の結び方で良いのですが、輪になるようにしておいたほうが解くのに簡単です。
 これは「引き解け結び」と呼ぶ結び方のようですね。
#つまり、垂れ下がって見える紐の端部から数センチの箇所を持ち、右上に見える輪になる部分に上から通して右側に引っ張ります。


IMG_2830_サイズ変更 IMG_2831_サイズ変更

 左右に結び目ができ、中央が3本になります。これで完成です。
 額を吊るすためのフックは必ず中央の3本に引っ掛けます。

 なお、左右の結び目の紐の端部を引っ張れば、簡単に紐が解けてしまいます。

 いかがでしょうか?!

category: ┗画具

tb: --   cm: --

<平澤薫+「四季彩の会」有志 水彩画展>のご案内  

 いよいよ近づいてきましたので、来るJWS展の会場に置いてもらえるよう、急遽作成しました。
 お近くの方々、関心を持っていただいた方々 是非おでかけ下さいますよう…。

<平澤薫+「四季彩の会」有志 水彩画展>のご案内

2024個展表_1080

2024個展宛名_1080

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(共通:安曇野市穂高神社)/  

 本日の教室は(共通)。画題は「安曇野市穂高神社」です。

DSCF9731_サイズ変更

 いつものようにデモから始まります。
 構図についての考え方、色の置き方等内容は基本的にはいつも同じですが、画題の内容によって異なってきます。
今日は話の内容にいつもより時間がかかったようです。

 建物の複雑な形になってくると不得意な方もおられるので、下描きの段階では私の方も少し丁寧にお相手をしますが、それ以後はできるだけ皆さんの描きたいように描いていただければ良いと思っています。
 今日の絵も、色を置く部分が多いので皆さん苦労されたところも多いようです。
 しかし、最後にはなかなか見ごたえのある絵が並びました。私も、まさか皆さんここまで描き上げてくるとは思いませんでした。最近は、皆さんに度々驚かされます。

IMG_2811_IMG_2815_サイズ変更


 さて、以下はいつもの私の水彩画手順(水彩画法)です。

◆第一ステップ

 構図をチェックし、アタリ程度の簡単な鉛筆スケッチができたら、基本的な色面を作るつもりで色を置いていきます。
 光を意識しつつ、紙の白を残すところを明確にしていくことが重要だと考えています。

IMG_2806_サイズ変更

◆第二ステップ

 肉付けを意図した色と建物の細部表現を意識して、より暗い色を置いています。


IMG_2807_サイズ変更

◆第三ステップ

 さらに細部の雰囲気を作りながらより暗い色を置いています。建物部分のオレンジ色もさらに重ねて色を強くしています。
#水彩絵の具では色を重ねることによって、より美しく深い表現ができるものです。私の水彩画はそれを求めているようです。
#デモで描くと、いつも粗っぽく色を置くことになるので、完成させるためにはいつも苦労します(苦笑)。
 今回も完成には苦労しそうです(笑)。

IMG_2816_サイズ変更


category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

数枚の絵を手直し、仕上げ  

 時間がありましたので、数枚の絵を手直しあるいは仕上げをしていました。

240307kasamaf6y_サイズ変更 <陽を受く農家:F6(笠間)>

240228kasama_f6y_サイズ変更 <秋色の庵:F6(春風萬里荘)>

240213iwaatesan_f6y_サイズ変更 <岩手山雪景:F6>

240123kobuchizawa_f6y_サイズ変更 <雨上がり:F6(小渕沢辺り)>

231214nikoraido_f6y_サイズ変更 <陽を受くニコライ堂:F6>

230921yokohama_f6y_サイズ変更 <横浜駅ウォーターフロントの景:F6>

category: ●水彩画

tb: --   cm: --

春を探して…散歩ポタ  

 久しぶりに風も落ち着いた良い天気です。
 まだ桜には早いので、桜の偵察を兼ねて舞岡周辺をポタリングがてら出かけてみることにしました。

 途中、花一杯の玄関先をちょっとお邪魔しながら、富士山が見えるこの坂を登って行きます。

IMG_2776_サイズ変更 IMG_2777_サイズ変更

 いつもの舞岡公園の中に入って、先日描いた炭焼小屋の前の池からパシャリ。
良く見えないかもしれませんが、池の向こうに炭焼小屋があります。

IMG_2780_サイズ変更 IMG_2778_サイズ変更

 いつものお気に入りの風景を見られるルートを辿ります。

IMG_2781_サイズ変更 IMG_2782_サイズ変更

IMG_2783_サイズ変更 IMG_2784_サイズ変更

 IMG_2786_サイズ変更 IMG_2787_サイズ変更

 途中、菜の花に蜂が留まっているのが見えました。
 そのまま、舞岡公園を上へ抜けて走ります。

IMG_2788_サイズ変更 IMG_2791_サイズ変更

 しばらく走って、ここは貞照寺。ここも花がチラホラ。
 この前の小川を見ていたら、水面を覗いていた地元の方がこの辺りの歴史を語ってくれました。

IMG_2793_IMG_2795_サイズ変更

IMG_2798_サイズ変更 IMG_2800_サイズ変更

 平戸永谷川の緑道。ここも春めいて来たようです。

IMG_2801_サイズ変更 IMG_2802_サイズ変更

IMG_2803_サイズ変更 IMG_2804_サイズ変更

 久しぶりに気持ちの良いポタリングがでした。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: --

「第13回JWS日本透明水彩会展」のご案内  


scan24_007_サイズ変更


第13回JWS日本透明水彩会展 のご案内

日時:2024年4月3日(水)〜4月9日(火)
   9時〜21時(最終日は16時閉場)

会場:丸善丸の内本店4階ギャラリー



 JWSメンバー31名の透明水彩画展です。
 私は、土曜日の12:30〜15:00は会場にいる予定です。

 お近くの方、関心をお持ちの方、是非ご覧下さいますようお願いいたします。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

遊彩会:桜の風景(2/2)/路傍の枝垂れ桜:F6(上山市権現堂のしだれ桜)  

240320yamagata_f6y_サイズ変更

 本日の遊彩会は先週の「桜の風景」の続きです。私は先週の絵をそのままにしていたので、今日は完成させるつもりで出かけたのですが…。

 それぞれ自由に続きを描き始める中、私も私のペースで描き始めていたのですが、絵へのアドバイス等を希望される方々が来てくれます。
 特に今は新しい方が何人かおられるので私も少し丁寧気味にお相手していたのですが、口だけでは澄まずついつい手が出てしまいます。
 結局、私の時間が不足がちになってしまいました。

 皆さんの絵はほぼ完成ということになったようで、今日も力作が並びました。

IMG_2765_IMG_2769_サイズ変更

 手前の絵が私の絵です。前回からあまり進んでいません(苦笑)。

IMG_2767_サイズ変更

*     *     *     *     *


 早いうちに完成させておきたいと思い、20日手を入れて完成としました。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(各自)/  

 本日の教室は(各自)の日。私も幾分気楽です(笑)。

 開始前から、何人かアドバイスを求める人がいたのでその相手をしているうちに、いつの間にか皆さん描き始めているといった感じでスタートしてしまいました。
 一段落したところで、皆さんが描いている様子を見ながら一言二言話しながら一回り。そしてまた希望者にはアドバイスしながらその意味を理解してもらえるよう補筆したり…と言った具合で進みました。

 私のアドバイスは、基本的には空間(主として遠近)、光(陰影というより、日の当たっている部分とそうでない部分を意識すること)、全体の明暗・色調のバランス、筆のタッチ・表現の仕方と水の使い方等々…となります。特に重視しているのが「空間」と「光」をどう表現するか…ということになります。

 もちろん、すべての方に同じようにお相手することできませんが、本日は人数的にもちょうど良い具合で順調に進んだと思います。
 少し早めに帰宅された方も何人かおられましたが、講評のために最後に並んだ絵はこんな感じでした。それぞれ個性豊かな充実した絵が並んだと思います。
 講評では、最近は各人に遠慮することなく<私としてはこう考えるという立場で>お話することが多くなっています。必ずしも私の言うことをその通り実現しようとする必要はないということをわかっていただいた上で、私のように考える立場もある(人間もいる)ことを知ってもらうのが良いと思うようになっているからです。

IMG_2762_IMG_2764_サイズ変更

 今日は、余った自分の時間に自分の絵の仕上げをしているつもりでしたが、やっぱりその時間はあまりありませんでした。


category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

涼風の秋:SM  

scan24_002_サイズ変更

 このところなかなか絵が進みませんでした。
 しかし、そうも言っていられません。もうすぐ「日本透明水彩会(JWS)展」が始まりますから…(苦笑)。

 これは同展に小品として展示させて頂く予定のものです。
#本当は2点を予定していたのですが、適切なサイズの額がなくこの絵1点にさせていただきました。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

遊彩会:桜を描く/権現堂のしだれ桜  

 今日は遊彩会。
 もうそろそろ桜の季節。今日と次回で桜の絵を完成させようというつもりです。各自で写真を用意してそれを描くか、幹事さんが撮りためた写真の中から選ぶか…です。
 私は何枚か写真は用意していたのですが、その中でも以前教室用にと用意していたのに、何故かまだ描いていなかったこの風景を描くことにしました。
 昔、山形県の仕事をしていた頃、レンタカーで周囲を回って見つけた風景です。
 今調べたら、こちらの桜「上山市権現堂のしだれ桜(振袖桜)」だということがわかりました。

IMG1500_1280_サイズ変更

 皆さん、それぞれのペースで描き始めたのですが、新しく入られた方々からいくつかアドバイスをして欲しいという話しがあったり、皆さんの進み具合を見て回ったりしているうちに予想外に時間を消費してしまい、自分の時間があまり取れませんでしたので、私の絵は今日はここまでです。

◆第一ステップ

 桜の木などを描くための下絵をどのように描いたら良いかわからないという方がいましたので、私なりの下絵を一緒に残しておきましょう。この後着色をすることになりますので、必要以上に濃く描いていません。
#近年ではほとんど見かけなくなった「半鐘」を入れようかとも思ったのですが、その必要もないと考え、この構図にしました。

IMG_2755_サイズ変更

 今日は特にデモをする予定ではなかったのですが、桜をどのように描くか見たいという方がいましたので、桜の第一ステップまでを描くことにしました。
 途中写真を撮り忘れたので、今日の絵はいつもの「第一ステップ」よりちょっと進んでいます。

IMG_2756_サイズ変更

*     *     *     *     *


 次週の教室では少しの時間しか掛けられませんでしたので、その翌日20日、手を入れて完成としました。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(共通:笠間の農家)/陽を受く農家:F6(笠間)  

240307kasamaf6y_サイズ変更

 今日の教室は(共通)の日。
 夕方の陽を受けた笠間の農家の写真を皆で描いてみることにしました。
 写真には余計なものなどがたくさんありますが、絵ですからこれを素材として<自分の風景を描く>ことが重要と思います。

240307きらら館前_サイズ変更

 それにしても、何もないものを描くことは難しいものです。皆さん結構苦しんでいたようです。
 それでも皆さん、それなりに苦労してここまで描きあげています。完成作品になったらどんな絵になるでしょうか。ちょっと楽しみです。

IMG_2729_IMG_2730_サイズ変更

IMG_2731_サイズ変更
 

 さて、以下はいつものように私の水彩画法を紹介してみたいと思います。

◆第一ステップ

 全体をどのような配置にするか、そのあたりと簡単な下絵を描いたら、画面全体に淡い色を置いて基本的な色面を作っていきます。ここがそれぞれの色面の中での光を受けている部分の色になるようにしていきます。少しくらい間違っても構わないと考えるくらいで良いと思っています。
 大切なのは白い部分をどこに残していくか…だと私は考えています。

IMG_2725.jpg

◆第二ステップ

 次にそれぞれの明るさに対して、さらに暗い部分を見つけて影の暗さを入れていきます。つまり簡単に言えば日陰の部分を見つけて全体に色を置いていきます。
 影が真っ黒に見える部分まで構わずにこの色を広げて置きます。その方が自然に見える筈だし、その先に進むためにもこれが重要だと思っています。つまり徐々に色を深めていくというわけです。

IMG_2726.jpg

◆第三ステップ

 この段階は仕上げに向けての前段のステップです。
 さらに影の暗い部分を見つけ、そこに色を置いていきます。
 
IMG_2727_20240308223241088.jpg

 この後の仕上げは、あくまでも全体を眺めながら調子を整えていく仕事になると言ったら良いでしょうか?
 私がどのような点を意識して描いていくか、教室では断片的にお話していることですが、いつかそんなことをまとめて説明できる機会があれば…とは思っていますが、さあどうでしょうか。

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

多目的S中(各自)/  

 今日は「四季彩の会・絵画展」が終わって最初の(各自)の日です。

 でも、今日の参加者はいつもの1/3ほど。どうしたことでしょう(笑)。
 展覧会が終わって皆さん気が抜けたか、いつもの日程と異なって月曜日だったからか…しかし、前回だって似たような条件なのに…。あるいか(各自)というのが皆さんが参加しにくかったのか…。しかし、展覧会前は同じ内容でも参加者が多かったのに…。
 とにかく良くわからないのですが、それでも少人数であればそれだけ密にお付き合いできるので悪いことではありません。いつも…ですと、それも困るのですが…(笑)。

 ゆったりした時間の中で、皆さんの絵に補筆してあげることもできたり、余った時間には自分の絵にも手を入れたり…ということで、最後の講評段階には素晴らしい絵が並びました。

IMG_2720_IMG_2721_サイズ変更

 私の絵も、先日の段階より少し進んでこんな風になりました。
 完成までにはもう少しです。

IMG_2722_サイズ変更

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ