… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

旧前田侯爵邸を描く:F4  

旧前田侯爵邸を描く:F4

 ようやく10日ぶりの(一応ちゃんとした)水彩画です(^^ゞ。

 以前、吉村順三氏設計の日本近代文学館を見に行ったことがあります。近代文学館の施設名からは意外なのですが、ここは小さな公園です。そういう緑深い雰囲気の中に佇むように建っていたのがこの建物です。そんな建築が気になっていたのでここに描いてみました。こういう絵を描きたくなるのは、やはり自然と建築(建物)が生み出す心地よい景観をテーマにしていきたいという気持ちがあるからかもしれません。

 本日は、粗目の用紙に鉛筆画で少し描き込み、淡彩で仕上げるという方法を採用してみました。ウェット・オン・ウェットには惹かれるのですが、それだけが絵ではないと思う部分もあって、私の得意(だと勝手に思っているのですが)な部分を活かした絵も描いてみたいと思ったのです。
 淡彩ですので、少し手抜きのような印象がないわけではないのですが、これ以上描きすぎると却って雰囲気を壊しそうな気もしたので、ここで筆を置きました。

・コットマン水彩紙F4/粗目/230g
・久しぶりにコットマンを使ってみましたが、粗目というのは不思議な魅力があります。心配していたよりうまくいったのかな?という気分もあります。皆さんにどのように見ていただけるかは、相変わらず心配ですが…。

category: ┗ 風景05年

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2005/06/17 00:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/100-dbdb2730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ