FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 03月18日(木)みなとみらい地区(01月からの日程)
■金曜教室
 03月12日(金)多目的S10:00~(共通)(01月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

村山槐多展  

 本日は新年会。
 その前に、昔友人からその名を聞いていた「村山槐多展」に顔を出してきました。場所は渋谷松濤美術館です。
 美術館の建物は、建築を学んでいた頃の憧れの一人白井晟一の設計によるものですが、村山槐多について知っている人はあまりいないかもしれません。今日の館内は静かなものだろうと予想しながら行ってみました。

 展示作品の一部(と言っても簡単なスケッチ?と詩)はこちらで見られます
 また、展覧会の様子はこちらの記事で済ませてしまいますが、私の印象は次のようなもの。
#なお、槐多が好んで使ったという色彩「ガランス」とは「ローズ・マダー」(和名「あかね色」)ということらしい。

 展示されていた物は簡単なスケッチやデッサンなどが多く作品と呼べる物は少ないが、それにしてもこれだけの評価はどういうところから来るのだろう。予想以上に多くの方々が熱心に鑑賞していた。
 対象に忠実に描いていると思える絵も何枚かあったが、多くはデフォルメされていたり、写実からはほど遠い物も多い。私にはやはり写実的に描いているものの方が素晴らしいと思える。しかし、逆に言えば、絵とはそれだけではないということも良くわかる。
 しかし、絵はまさに槐多自身のもの。(私のように)自己主張・自己表現に躊躇してしまう絵とは全く異なる。やっぱりこうでなければ強い印象を人に与えることは難しいんだろうか?


#その後、下町の居酒屋で新年会。今日のメインは「肝入りあんこう鍋&白子鍋」。
#美味とリーズナブルな価格で大満足。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/01/25 01:13 | edit

>鍵コメさん

 コメントありがとうございました。

 確かにそうですね。私もそう思います。

のび太 #- | URL
2010/01/25 10:17 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ