… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

池端の桜:F6横  

池端の桜:F6横
<F6:ウォーターフォード>

 一昨日描いた鉛筆画に着彩したものです。
#着彩しない方が良かったぁ~と言われてももう元には戻れません(^^ゞ。

 鉛筆であれだけ描いてしまうと、着彩の時、どうしても画面が汚れがちになります。
 永山裕子氏は練りゴムを俵状にしてそれを紙の上で転がして、鉛筆の粉をとるんだそうです。笹川弘三氏は、水貼りをする時、浮いてきた鉛筆の粉をティッシュで吸い取るんだとか…。もちろん鉛筆画はそれだけ薄くなります。
 でも、今回は鉛筆のタッチを生かしたスケッチの雰囲気で描いてみようと思ったので、できるだけ絵の具を置くような感じで着彩してみました。
 そういう意味では鉛筆画と水彩画の合成のようなもの。鉛筆画に淡彩でもないし、ミクストメディアなどという大げさなものでもない。そんな感じでしょうか?

category: ┗ 風景10年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ