FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 03月18日(木)みなとみらい地区(01月からの日程)
■金曜教室
 03月12日(金)多目的S10:00~(共通)(01月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

自分の絵とは?  

 絵を描き始めて6年。最近漠然と…であるが、絵画というものを考えている。

 具象、抽象、心象、前衛、さらにはアール・ブリュット(生(き)の芸術、最近はアウトサイダー・アートとも呼ぶらしい。この間TVを見ていて知った。)…等々、あるいは、絵、イラスト、デザイン、グラフィック…様々、絵の具で分ければ日本画、油彩、アクリル、水彩、パステル…等々。描く対象を見れば風景、人物、静物…等々。さらには現代絵画~古典絵画なんて区分も…。水彩画の中だけでもスケッチ、写生、作品…グループ分けしていけば限りなくあるように思える。
 そんな中で、私の絵は透明水彩、具象、風景…、どう整理したところでやけに偏った世界。いろいろ試している人もいるけど、私の場合にはどう考えても、最も描きたいのは風景だと思ってしまうからだし、透明水彩に限定しているのは、一応それが好きで他のものにまで手を出す余裕がないから…。
 あえて説明すればそんなことなんだろう。

 このところ私が毎年応募している水彩連盟ではもともと抽象が多いし、最近はやけにアクリルが多くなっているようにも思う。私はアクリルも水彩?とは思っているが、アクリル画を描いている人からすれば、透明水彩だけが水彩じゃあるまい…と思っているに違いない。今後ますますアクリル画が多くなることだろう。
 何となく不自由さを感じるようになってきている。

     *     *     *     *     *

 私には新しい絵画の世界を切り開こうなどという野心も、資質もないし、残されている時間もないから、好きに描きたい絵を描いていくだけだけど思っている。それでも少しずつ自分の絵が変わっていくのは好きらしいし、自分のスタイルのようなものを創り上げていくのには関心もある。その意味でも透明水彩は結果が早くて良いかもしれない。
 透明水彩の質感や扱いやすさは好きだから、多分、これからも透明水彩で描いていくことになるんだろうと思う。

 今では絵画にはあらゆる表現が許されるようになったが、見る人によっては絵画にしかできない表現を期待するということはあるのだろう。
 尾道の絵についてもそうだが、何枚かは映像的表現過ぎると指摘された。どういう絵がそう見られやすいのかは大体想像できる。恐らく光と影の扱い、対象の絞り込み方などが大きく関係しているんだろうと思う。私はあまり意識したことはないが、絵を描く人たちの間では、映像的表現と絵画的表現の違いに何か境界が意識されているのかもしれない…とも思う。
 私自身、スーパーリアリズムの方向に進みたいと思ってはいないが、写真で扱いやすい風景のモチーフ・表現は絵でも表現したいと思うことがある。その際は特に…かもしれないが、説明的にならないよう特に意識していく必要があるということなんだろう。

 私の絵は絵で自己を表現するというより、風景から感じとったものを表現したいという意識の方が強いようだ。だからどうしても具象的な表現になりやすいんだろう。
 ただ、一般的には、画家は具象的な表現から徐々に心象的・抽象的・象徴的な表現に移行していく傾向があるようだ。私の場合には、それがどこまでできるだろうか?そんな表現がいつになったできるんだろうか?したくなるんだろう。それで何か突き抜けたものを感じさせる表現、いつかそんなところにたどり着けるだろうか?

 具象でも半具象でも良い、説明的ではなく、映像的でもない、自分だけの独自の表現(こういうと軽すぎる気もするけど、「スタイル」と言ったら良いのかもしれない)を持っている。そんな私だけの画風というものができたら良いかなぁ。

 最近、とりとめもなくそんなことを考えてみたりする。



 明日から15日まで、季の会の仲間何人かは、先生と一緒に南フランスお絵描き旅行です。
 充実した成果を楽しみにしていましょう。

category: ┗画論

tb: --   cm: 4

コメント

抽象よりは心象ではないですか?
少なくとも私が目指しているのはそこです。
でも人それぞれ感性も違うのですから惹かれるものも違って当然で、だからおもしろいんですよね。
私もまず手を動かさねばなんですけど(^^;。

ミケ #- | URL
2010/10/05 05:20 | edit

>ミケさん

 コメントありがとうございます。

 私は今年の山は終わりました。今度はミケさんが頑張らないといけない時期ですね。頑張って下さい。でもご無理のないように…。

 最近、稲垣仲静、長谷川潾二郎(菱田春草なども描いていますが…)などの猫の絵を知りました。猫も様々な表現がありますからねぇ。
 ところで「木」は描いているんでしょうか?(別に回答を求めているわけではありませんので気にされませんように…)

のび太 #- | URL
2010/10/05 11:18 | edit

木は描いてません。
目の前に山が来ちゃいましたからね(^^;。
でもうちの団地内にもいくらでも対象になる木があるので、構えずにスケッチでもすればいいんですよね。

ミケ #Pe0og0Jg | URL
2010/10/05 20:24 | edit

>ミケさん

 この構えずに…っていうのがねぇ。なかなか難しいですよねぇ。
 今私は、完全に構えてしまって手が動かない状態です(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2010/10/05 21:16 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ