… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

路傍の花(ペチュニア):20×20cm  

路傍の花(ペチュニア):20×20cm
<20×20cm:アルシュ>

 1・2ヶ月ほど前、店舗改造を控えていた横浜・世界堂へ行った時、「今、アルシュを買うと筆をおつけします」というような売り出しをしていた。この筆、友人からなかなか使いやすいと聞いていたので、そういう筆があっても良いかなぁと思ってしまったのが間違い。「手頃なものがないか?」探して買ったのがこの水彩紙だった。正方形の水彩紙も格好良いかなぁと思ってしまったのである。小さな絵になるので花のようなものを描くのに良いかもしれないと考えたのである。

 私の場合、花と言っても静物としての豪華絢爛な花や、鉢植えの花を描きたいとはあまり思わない。むしろ、路傍にさりげなく咲く花の方に愛おしさを感じている。そこで今回はそんな花を描いてみた。

 色の発色が思ったより良くない。そう言えばアルシュの発色はちょっと独特のクセがあるような気がする。

category: ┗ 風景スケッチ01

tb: --   cm: 2

コメント

お寺の入り口の花ですか

珍しく花を描く事になったようですね。
これは花の中心がぽつんと濃い色に見えるので
ペチュニアではないでしょうか?
最近青系や縞柄と種類も多いですね。
多年草ではなく毎年植えているものだと思います
夏ばて気味のごんのママ

ごんのママ #- | URL
2010/08/09 18:36 | edit

>ごんのママさん

 絵のモチーフの中では、花が一番人気があるんだそうです。そんなことを聞いたので、花も描いてみよう…なんて思ったんです。

 確かにペチュニアのようですね。
 ありがとうございます。

のび太 #- | URL
2010/08/09 18:44 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ