… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

納屋と柿:F8横  

納屋と柿:F8横ウォーターフォード
<F8:ウォーターフォード>

 やはり車で走り回っている時、坂上にちょっと印象的な納屋の建物を見つけました。

 ちょっと惹かれるものを感じたそんな風景に、せっかくなので柿の木におでまし願いました(笑)。



 私の場合、絵を説明したがる傾向がある。だから具象なんだけど…。モチーフももっと絞り込んだ方が良いこともわかっているつもり。
#現代絵画は、もっと自己の表現や、見る人の心を揺さぶる、不安にさせたりもする…そんな方向を求めているような気がする。私の方向とは違うようだ。

 しかし一方、こういう風景から感じた何かを描きたいと思った時、抽象化しすぎたり絞り込みすぎたら、私が描きたいと思ったものをわかってもらうことはできるんだろうか?そんなこと、さらさら考える必要もないことなんだろうか?

 抽象絵画は、見る人との間に共有できるものがなければ何も伝えることはできない。何も感じることはできない。一方、超写実絵画は「わかりやすい」のが良いということらしい。
#最近(かどうかはわからないけど)の日展の受賞作品は超写実の傾向があるような気がしている。それぞれの絵から何も感じるものがないわけではないけれど、ふと面白くないとも思ってしまうのはどうしたことか…。

 絵とは不思議なもの。何が良いのか悪いのか…。しかし、確実に何かがあるのも確かなようだ。みんなそれを求めて描いているんだろうけど…。
420000

category: ┗ 風景10年

tb: --   cm: 8

コメント

何度見ても飽きない絵です。
口では言えない「何か」が伝わってきます。
それが、押し付けがましくないのがまたいいです。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2010/12/07 09:48 | edit

>ふたばさん

 ありがとうございます。
 何よりのお言葉、とても嬉しく思います。

のび太 #- | URL
2010/12/07 09:52 | edit

ふたばさんに同感です。
いかにも内面を掘り下げたような絵は疲れます。何気なく心にスッと入ってくる・・・この絵もそんな感じがします。

ヤボ #.vjKhiP6 | URL
2010/12/08 09:39 | edit

>ヤボさん

 コメントありがとうございます。
 自己を掘り下げた絵なんて描ける筈もありませんが、何気なく心に染みいる絵…これも難しいですよねぇ。

のび太 #- | URL
2010/12/08 10:19 | edit

三毛猫さんの掲示版でお世話になったネコです。
こんばんは。
本当に絵て不思議です。
私も、最近そう思いました。

ネコ #PznwBwmE | URL
2010/12/08 22:41 | edit

>ネコさん

 コメントありがとうございます。
 ネコさんはどこでそんな風に思ったんでしょうねぇ。

のび太 #- | URL
2010/12/08 23:21 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/12/09 01:22 | edit

>鍵コメさん

 嬉しいコメントありがとうございました。
 絵に対する考え方、実のところ私も鍵コメさんのお考えに全く同感します。
 これからも時には覗きに来て下さい。よろしくお願いします。

のび太 #- | URL
2010/12/09 14:07 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ