… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

大銀杏と社:F6縦  

大銀杏と社:F6縦ウォーターフォード
<F6:ウォーターフォード>

 山里の秋です。
 大銀杏とその下のぽつんと建っていた社が、去りゆく秋を象徴しているような気がしました。
 しばらくどう描こうか考えていたのですが…、去りゆく農婦とからめてそんな雰囲気を描いてみました。

 そう言えば、ここには、「逆さイチョウ(逆公孫樹)」の巨樹がある。また、「福徳時のイチョウの落葉」も見てみたいものだ。いつか、そんな季節にちゃんと訪れたいものである。
#村の案内図はこちら(ご注意:左側が北)。

category: ┗ 風景10年

tb: --   cm: 4

コメント

山里の連作、どれも素敵です。

水彩浪人 #- | URL
2010/12/10 18:51 | edit

のび太さん今晩は。
コンスタントなペースで描いておられること、いつも敬服しています。
秋の鮮やかな紅葉は奇跡的ですよね。

こう言っては恐縮ですが、のび太さんの絵を見ていて「とてもいいな」と思う作品が8号に多い気がしました。
ひょっとしてその大きさが合っておられるのではないでしょうか。
少し前になりますが、イギリス館を逆光から描かれたもの、日陰部分の色彩がすばらしいと思いました。

P.S. よそのコメントって、自分のブログ書くのより難しいですね。(返信以外で)はじめて書きました。

タブロウ #b5.M5V.g | URL
2010/12/10 20:21 | edit

>水彩浪人さん

 嬉しいコメントありがとうございます。
 もう少し続けたいと思ってはいるのですがどうなりますか。

のび太 #- | URL
2010/12/10 21:05 | edit

タブロウさん

 コメントありがとうございます。

 本当のことを言うと、この紅葉は枯れ木に紅葉を描いたものなのでちょっと無理があります(^^ゞ。

 本人とすれば、8号で描く時には6号では描くのに不十分かも…というもので、6号の場合には、この風景なら6号でも大丈夫かな?というような区別をしています。意気込みというか覚悟が違うというところは多少あるかもしれません。
 また、描かれた絵はどちらも同じサイズで見ていただいていますので、当然絵の密度が異なっています。
 そんな両面が影響しているのかもしれません。

 コメントで無理に批評めいたことを書こうとすると気が重くなります。気楽で良いんじゃないでしょうか?
 

のび太 #- | URL
2010/12/10 21:11 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ