… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

F6用スケッチバッグ  

F6用スケッチバッグ

 最近、教室で描く絵のサイズが最初の頃のF6から、そのうちF8やF10になり、また最近F6サイズに戻りつつある。一時期、大きな気持ちで絵を描くためにF8以上にしていたのだが、教室の時間内で描くにはF6は丁度手頃なサイズだと思うようになったからである。
 そう考えたら、急にF6サイズ用のバッグが気になってきた。今のバッグはF8用。ちょっと大きく感じてきたのである。私の場合リュックタイプが希望。

 ネットで探したところ、気になるバッグを見つけた。メーカーは(株)アートフィアーという。
 ホームページには、こんなメッセージが書かれていた。

 鞄の街、兵庫県豊岡(とよおか)。美しい日本海と山や川に囲まれた、豊かな自然と美しい風景のあるところです。円山川や城崎(きのさき)など画題に事欠かないこの街で、2006年、株式会社アートフィアーはスケッチという大人の目的旅のための鞄ブランドARTPHEREとして生まれました。


#以前見たTVでカバンの街だというのは知っていた。コウノトリの放鳥を始めたということも知っていた。おまけに私の田舎と同じ発音であるのも良い(関係ないか…(^^ゞ)。

 私の気になったバッグは写真のもの(ナチュラルII)。ポケットが沢山あり、ある程度のマチがあるのも使いやすそう。但し、HPの写真では色彩がわかりにくい。このページの下四つの写真のうち、左上がブラック、右上がカーキ、下2つがベージュで、実際にはもう少し濃い目の色彩だということだが…。
 だけどもっと高級なものや、奥津国道氏が開発に関わったものもあるようである。ホームページから感じられるこのこだわりが良い。
#すぐにとは言わないがいつかは手が出そうだ。φ(..)メモしておこう。

 このHPで説明されているもの以外に、ネットショップなどでは旧タイプ(ナチュラル…かな?)が出ているものもあるようだ。電話で確認したところ新タイプは<デュポン社の「コーデュラナイロン」に雨に強い「テフロン加工」を施した生地を使用しています。>ということのようである。



 25日、自転車を見るのと一緒にこちらも見てみようと、取扱い店である相鉄ジョイナス・トゥールズと高島屋に回ってみた。
 残念ながら、前者はもう扱っていないようだし、後者にはK-LINE?しか置いていなく、目的としていたNATURAL LINE Ⅱの色彩確認ができなかった。どうやら事前に電話確認しないと空振りになる可能性大である。

 その後、周辺状況を調べてみたが、現物を確認する意外に選択の決定はとてもできないと思うようになった。

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ