… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

神奈川水彩画展を見て  

 いつものテニスの後、思いついて神奈川水彩画展を見に行きました。この展覧会は、公募・審査付きのものなので、風景画は殆ど無いのですが、絵としてはなかなか見応えがありました。水彩画とは言いながら、透明水彩は殆ど無く、大半がアクリルであると見て良いのだと思います(残念ながら、私には良くわからない)。一見すると、油絵のような雰囲気を持った絵や、日本画のような雰囲気の絵などがありました。水彩画でもなかなか多様な表現が可能であることを知ったのは大きな収穫でした。
 展覧会の絵の評価としては、前向きの評価で言えば、殆どが100号程度の力作揃いであること。そして、否定的な評価で言えば、展覧会向けで作成しているものなので、私にはあまりにも受けを狙った理屈っぽく思われる絵も多い、ということでした。
 その他、ある画廊の絵画教室の人たちの展覧会なども同時に開催されていました。こういうことで、最近わかってきたことは、神奈川県の主要な絵画展は、神奈川県民ホールと横浜市民センターで開催されているということです。しかも、煩雑にです。

 そんな状況に、少しあきれるというか、圧倒されるというか、そんな思いを抱きながら、受付脇で個展の案内ハガキを見ていたら、そこにも多数の個展の案内があります。見ているうちに、今日も近くの画廊でいくつかの個展が行われていることがわかりましたので、疲れてはいましたが、それらも回ってみました。
 中に、大判(50号)の透明水彩を描いている人がいたので、そういう用紙はどこで入手できるのかを聞いてみました。彼のものは、アルシュのロール紙で、世界堂で買ったもののようでした。
#こんなことも知らないんだからイヤになってしまいますね。
 また、別のギャラリーでは、専門の雑誌を見つけました。
#そうか、こういう雑誌もあったんですね。それも当然か。

 いずれにしても、数え切れない程の人々が、それぞれの考え方のもとに、様々な絵を描いています。日本というのは本当に平和な国なんだと改めて思います。そして、その役にも立たないことに注ぐ膨大なエネルギーを思うと恐ろしい程です。
 せめて、そういう環境にやさしい、人々の文化的とも呼ぶべきエネルギーが日本の経済を救うようになって欲しいと思います。
#江戸時代も、そういう文化的なエネルギーが成長無しの経済を支えていたわけですから…。

category: ┗展覧会・画家

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/121-9334c8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ