… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

白の表現…私の場合  

 そろそろ絵を描きたいと思いながら、一ヶ月以上も描いていないような気がしてなかなか手が動きません。

 今日のところは絵をあきらめて、個展の時何人かの方から聞かれた「白の表現」について私なりの考え方を描いてみます。参考になることがあれば幸いです。


 水彩における白の表現は紙の白が最も明るく輝くということは皆さんもご存じのことだと思います。
 それにこだわって、「マスキング液」や「マスキング・テープ」を使われる方もいらっしゃるようですが、私の場合、最近は殆どそれらを使った記憶がありません。

 私の方法では、大きな白は「塗り残し」、小さな白はかまわず「ホワイト」絵の具を使います。
#「塗り残し」はここでは説明は省略しますね。

 小さな白の部分を紙の地色で表現するために「マスキング」を使うためには、最初からデッサンを厳密にして描かなければなりません。それにマスキング液などはどうしてもシャープな形状は難しくなります。そうした点が私の筆の勢いを重要視している描き方にそぐわないような気がするのです。
 だからできるだけ塗り残すようには務めますが、そのために無理はしません。白はあとで描けば良いと思っているからです。
#どうせ絵は離れて見るものだと考えていますので、私は小さな白の部分は気になりません…(^^ゞ。
 良い「ホワイト」絵の具を見つけたことが、そんな考え方を加速しているようです。

 改めてそれをご紹介します。
 このブログでも以前こちらのページ紹介しているのですが、最近の私のお気に入りになっているのが「アメリカ製 bleed proof white(世界堂にて 750円くらい)」です。とても長持ちしますし、一つあっても決して無駄にはならないと思います。私のお薦めのひと品です。

 説明にもありますように「水性で白を塗った場合下地の色が出てこないのでとても使い勝手が良い」ものです。
 場合によっては白すぎることもあるくらいですが、その場合には後で薄く別の色をかけたりして絵に馴染ませたりします。
#白と言ってもいろいろな白があっても良いでしょうし…。そう思って気楽に使っています。

 あまりに簡単に使えますので、使いすぎて絵をこわさないようにご注意を…(笑)。

category: ┗技法

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ