… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

称名寺脇広場の2本の木:F4  

称名寺脇広場の2本の木:F4

 相変わらず季節と関係のない絵です。m<(_ _)>m
 今年の1月、称名寺に行ったとき、その脇の全く何もない広場(称名寺の境内はかなり広く、殺風景とも言えるような何もない空間が本堂の脇や裏側にあたりします。)に、2本の木が粛然と立っていました。それが印象に残っていて、いつかこれを描いてみたいと思っていました。

 最初、いつものように「面」タッチで描いてみたのですが、透明水彩の悲しさです。雑木林を背景にして、白く輝いて屹立する樹木を印象的に描くことが難しく、途中であきらめました。
 しかし、このままでは本日は何もしない日になってしまうと、再び挑戦してみました。今度は、「線画」をもとに描いてみました。こちらの方がうまく行ったなどと言う気はありません。本当は、この2本の木をもっと印象的な存在として描きたかったのです。背景色をもっと濃くすべきだったように思います。
 まあ、もっと時間をかけて描くべきだったのでしょうが…。

 こんな風に、全く不本意な時もあるようです。本日は、このくらいでご勘弁を。m<(_ _)>m

 本日は、ミュージックバードから流れるクラシック音楽を聴きながら描いていいたのですが、突然の雨で衛星からの受信ができなくなりましたので、CDに切り換えました。
 最近の、五島龍や樫本大進の曲です。バイオリン曲が大好きなのです。

PS
 こうして掲載後、自分では失敗したと思っていた絵も、もう少し注意深く描けば納得行くものになりそうな気もしてきました。全く別の雰囲気を持った絵になりそうな可能性を感じるのです。

・ワーグマン水彩紙F4/中目/210Kg(特厚)/ブロック
・ブロックタイプの使用は初めてですが、この程度なら水貼りしなくても耐えられるように思います。いや、むしろなかなか良さそうです。
・失敗したものは、同じくブロックタイプの始めて使用したアルシュF4でした。もう少し試してみないといけないのですが、アルシュの色彩は予想以上に地味になるようです。用紙の反応としては、ワーグマンの方が好みかもしれません。

category: ┗ 風景05年

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/126-6d1de4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ