… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

霧中の民家2:F4横  

 霧中の民家2:F4横

 私にとっては、霧の風景を描くのはなかなか難しい。
 そんなわけで、描きながらもいろいろ思案中です。

category:  ┗ スケッチ11年

tb: --   cm: 2

コメント

新境地

こんな景色と出会われて、そして描いたことのないものにチャレンジしようと決意されて、新たな境地!
ディテールの捉え難い景色と相対することによって、ディテールでは描けないもの、色と形、光の本質に迫る。
なんだか、等伯さんが霧の松林と出会った時に起こったことの秘密を見る様な気がします。

Gustav Klim #0FgGOaxQ | URL
2011/11/28 23:01 | edit

>Gustav+Klimさん

 コメントありがとうございます。
 等伯さんが出てきたのには驚きましたが、正直言って、2枚目を描いた後ふと彼の絵を思い出しました。何を考えてあんな絵を描いたんでしょうねぇ。

のび太 #- | URL
2011/11/29 12:09 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ