… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

絵の具を溶くために水筆ペンを使う  

 水彩画を描く時重要なのが、絵の具の量を多めに確保することです。特にウェット・オン・ウェットなどを使う時には、絵の具を多めに溶いておくことが必要になります。今までは、水で溶きながら何回も絵の具とパレットの間を往復していたのですが、この方法が間違っていたことを実感しました。最初からパレットに水を必要量出しておき、それに絵の具を溶いていけば良かったのです。
#これって、常識だったのでしょうか?
 この方法の良いところは、筆に、最適な濃度の絵の具を吸わせることができるということです。

 このために最適な用具は「スポイト」だと思うのですが、私の場合には、前に買ってあった「水筆ペン」が役立ってくれました。


#絵を描くのに、私は、水筆ペンの使用をお薦めしません。何故なら、水彩画で最も大切だと思われる水のコントロールが、水筆ペンでは殆ど不可能だからです。
#私にとっては、ようやく水筆ペンの使い道が見つかったというわけです(^^ゞ。

category: ┗参考のために

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/130-e77054d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ