… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

またまたアルウィン。これは良い。  

 昨日、友人からある本を借りてきました。「アルウィンの楽しい水彩教室」ですが、これがなかなか良いのです。
 これまで他の本で書かれていたことではあまり感じなかったことなのですが、いちいち共感できるのは、どういうことなんだろうと思うほどです。

 特に気に入ったのは、全Part8のうち以下の3つです。
4.水彩画の技法
 一つの風景を水彩画の5つの技法で描きつつ、それぞれの特徴を簡単に説明しているものなのですが、今、私が迷っていることについて、最適な回答をあたえてくれているかのようです。
5.戸外で描く
 戸外で描く際に必要となる「様々な要素の単純化」の方法、考え方等について説明しているものです。
6.写真を利用する
 実景と写真との違いを明らかにするとともに、写真をもとに絵を描くための考え方、方法等を説明しているものです。

 いずれも今の私にはピッタリの内容で、これまで良くわからなかったことが、随分ハッキリ見えてきたように思います。まだ半分ほどしか読んでいないのですが、是非手許に置きたいと、早速アマゾンに発注してしまいました。私のこれまで見た中で、恐らく最もお薦めの本です。

 すると、同じように「アルウィンの楽しい油絵教室」なんて言うのもあるじゃないですか?いずれも結構な価格なのでちょっと迷いましたが、ユーズド商品で良いと割り切ってこれも発注してしまいました。


category: ┗文献

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/132-f3c41514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ