FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 休止していた教室活動は6月から再開しています。
 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 台風のため明日は延期。10月01日(木) 真鶴漁港(7月からの日程)
■金曜教室
 09月25日(金)都筑民家園(大塚・歳勝土遺跡公園) (7月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。8月4日から再開しています。

 

日曜美術館・福田平八郎  

 日曜美術館・福田平八郎の録画を見た。
#参考:「福田平八郎と日本画モダン」 よく見て…とらえた瞬間

 昔、今のように絵を描くようになることがあるなんて全く考えていなかった頃、多分初めて日展に行った時に最も感動した作品「雨」。こんなのが絵になるんだ~と思った同時に、その深さ格好良さに感激したことを思い出す。
#しかし、調べてみると「雨」は1953(昭和28)年、第9回日展の作品のようだから、私の記憶とは違う。いつの展覧会のことだったんだろう?

 120626雨

 今や絵は何でも可能だし何でもありの時代。彼の絵がデザイン的だという評価があるようだけど、それでも格好良い。しかしその彼が画学生の頃、何でも達者に描くが、もっと対象を良く見るように…と言われていたとか。

 日曜美術館では「漣」を中心に扱っていた。私自身、今現在、こういうデザイン的な絵は、自分自身それほど好きだとは思わないけど、その道を切り開いた凄さはやはり認めざるを得ない。
 しかし、それ以前、第三回帝展特選の「鯉」。これは写実であるが、多分私が今まで見た中でも最も印象深い鯉
であることには間違いない。

 それにしても、絵だけに、描くことだけに捧げた人生…というのはうらやましいと思わざるを得ない。

 原発事故やその後の政権のあり方など、この腹立たしい現実に対し恨めしい気持ちも無いわけではないが、そんなことに心を奪われているようでは仕方ないとも思う。それだけでも絵を描くということは難しい。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 6

コメント

さんせう太夫

のび太さん、森鴎外の『山椒大夫』読まれたことあります?

溝口健二さんが監督された映画はよりお薦めです。是非。


追伸 絵がデザイン的が写実的か・・・あんまり、僕にはどっちでもいい感じです。一番嫌なのが目的に縛られてしか絵が見えないこと。自分の目的に適わない絵の素晴らしさに気付かないことですね。聖なる絵の中にも邪なるものもあれば、邪なる絵の中にも聖なるモノもあると感じるんです。もちろん僕も醜なるものが苦手という偏見の塊ですけどね。

Gustav Klim #0FgGOaxQ | URL
2012/06/27 16:10 | edit

>Gustav Klim さん

 いつもありがとうございます。
 深い話しですねぇ。なるほど、私も反省しなければいけないところがありそうです。心して臨まないと…。

のび太 #- | URL
2012/06/28 06:08 | edit

良かったですね~。あの番組2週(2回)見ました。子供のころ?に家にあった画集でこの『雨』を見て衝撃!脳裏にこびりついていました。
瓦の1枚づつの細かな色での描写!お若い時に超写実で描かれた『鯉』もすごかったですね。
東京のサントリー美術館でしたか?広いロビーの絨毯に「漣」を使われていましたね。正確なデッサンによる写実からあそこまでデフォルメされなんとも穏やかな色と雰囲気の絵になっている所がいいな~!すごい!と大好きな画伯です。

moji #/02qLiNA | URL
2012/06/29 07:43 | edit

>mojiさん

 ありがとうございます。
 最初にこの絵が壁にかかっているのを見た時の衝撃は忘れられません。この頃は福田平八郎という名前も良く知らなかったと思いますが、名前が頭の中にしっかりインプットされたと同時に、この時から日本画というものを好きになったことも確かです。
 mojiさんも好きな画家の一人だったんですね。嬉しい!

のび太 #- | URL
2012/06/29 12:16 | edit

>Gustav Klim さん

 山椒大夫について、ちゃんとレスしていませんでしたね。

 森鴎外についてはいくつか読んだ記憶がありますが、一番記憶に残っているのが「高瀬舟」でした。京都に行った時その川を見てとても意外に思ったのが記憶にあります。
 山椒大夫はこれから読んでみますね。「青空文庫」にありましたから…。

のび太 #- | URL
2012/06/30 20:46 | edit

>Gustav Klim さん

 山椒大夫読みました。
 子供の頃、祖母に物語を聞かされたのを思い出しながら…。盲目になったお母さんが子供達のことを思いながら雀を追っている場面で口ずさむ唄は今でも思い出します。
 何故、祖母はあの話しをしてくれたのか、ですが…。

のび太 #- | URL
2012/07/12 17:59 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ