… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

日本スケッチ画会最終日  

 本日は、日本スケッチ画会最終日。絵の搬出もしたいのに久しぶりの大雨となってしまった。

 雨のためか幾分来場者も少なかったようだが、それでも会期を通しての来場者は4000人を超えているという。来場者の様子を見ていると、その殆どが皆さん絵を描いておられるようだ。

 終了間際、来月早々には京都で個展を開かれる赤坂孝史さんが来てくれた。以前ここにも書いたことのある「たまスケ(たまたまスケッチ会)」のメンバーでもあるので、一杯やりながら、絵について様々な批評・意見交換ができる気楽で貴重な友人でもある。こうしていろいろ絵の世界が広がっていくのも嬉しいことである。
#赤坂さんの初の京都の個展についてはこちらをご覧下さい。お近くの方は是非どうぞ。


 近年、水彩人口は急増しているようだが、自分もやってきてその理由が十分わかる。何しろお手軽に始められる。大きなアトリエがなくても自分の机があれば十分描くことができる。そして何かしら自分の表現意欲を満足させてくれる。しかもそれを究めようなどという気になれば奥も深く難しく挑戦のしがいは十分ある。そんなところじゃないだろうか?
 スケッチ画は、そうした水彩画の入口のような部門と私は考えている。だから最も裾野も広いしこれからもさらに人口が増えていくことだろう。この会に入っておられる方々の多くはそうした水彩画初心者として始められた方も多い。
 聞くところに依れば現段階で60人余(今年も8人参加)。来年の会場はもうワン・フロア増やすことになっているらしい。スケッチとは言いながらその表現の巾もそれだけ広がっていると思う。ただスケッチというだけあってか人物画、静物画が少ないかな?
 今年は本日で終了したが、来年はどうなっているか楽しみである。

 おいで下さった方々、本当にありがとうございました。

 120923 120923

 会場から絵を撤収した後、有志(会員の半数以上の参加)で近くの「がんこ銀座1丁目店」で打ち上げの懇親会。
#3000円会費ながらなかなかの料理。とてもコストパフォーマンスが良い(笑)。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 2

コメント

本日はありがとうございました

あれだけたくさんの方のさくひんが一同に拝見できるのは嬉しいですね..4年ほど続けて見ていますが、線のない作品が増えてきましたね。
平澤さんの作品では、川辺の桜が一番のお気に入りでした。
来年も伺わせていただきます。
私の京都の個展の案内、感謝します。

Aka #q1i7MGEM | URL
2012/09/24 00:08 | edit

>赤坂さん

 作品の数は随分増えたようですね。来年はもう1階増えるのだそうです。まあいろいろな表現方法があった方が、展覧会としては魅力ですよね。

 個展の案内はFBはシェアしても殆どダブった方達ばかりなのでこちらのブログの方が良いかな?と思っていました。時期は2週間ほど前が一番良いかと思っていましたが間際になってしまいました(^^ゞ。
 関西の人々がいろいろ駆けつけてくれそうですから、これまた随分賑やかになりそうですね。うまくいきますよう祈っています。

のび太 #- | URL
2012/09/24 15:32 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ