FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 04月08日(木)多目的S12:45~(各自)(04月からの日程)
■金曜教室
 04月09日(金)舞岡公園(芽吹きの風景)(04月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

木漏れ日の滝:F8  

 木漏れ日の滝:F8

 地図を見ていて、いつものテニスコートの近くにこんなところがあることに今更ながら気づいたので、先日のテニスの帰りに回り道をして寄ってみた。日射しも良い感じだったので描いてみた。
 横浜市内の宇田川の一角にある「まさかりが淵」という場所である。
#ここが人口300万人の都市とはとても思えないそんな場所だと思いますが、いかがでしょうか?

 そろそろ次の展覧会の作品を考えなければいけなくなっている。今回は大きなサイズをあきらめて、F8サイズを中心にしようと考えているので、幹事にタイトルを報告しなければいけない30日までにどこまで描けるか頑張って描いてみよう。
 そしてその中から次の展覧会に展示する作品を決めようと思っている。今日はその手始めの絵である。

category: ┗ 風景12年

tb: --   cm: 4

コメント

またお邪魔します。先日は私のつたないスケッチも見て頂きありがとうございました。
とても横浜とは思えない場所ですね。
水が輝いて見えます。白は何か使っているのでしょうか?滝の部分がきれいです。

トド #p0Bix/3Y | URL
2012/10/18 22:14 | edit

>トドさん

 コメントありがとうございました。
 ホワイトはこのブログにも書いていますが、「Bleed Proof White」というのを使っています。世界堂にもあるようですよ。結構重宝しています。

のび太 #ff.uBqoo | URL
2012/10/19 00:28 | edit

真骨頂

これは正にのび太さんの真骨頂ではありませんか。

例えば印象派以前の絵画はこの無数の真実が混ざり合う世界を一つの秩序に集約して、観念の産物のような世界を創り上げて来たと思います。然し印象派に変わってもその理想感は完全には払拭出来ず、木漏れ日を描いてもルノアールでさえ不自然さを残しました。ルノアールに習った多くの人もこれは光と影の痣だよと思えるものを木漏れ日と称して描いています。

然し、のび太さんは違う。本当に凄い。幾種類もの光と影が覆い重なり紡ぎ出される一種のホログラフィの世界を見抜き、解析出来る感性(目と脳)をお持ちになり、こうして形にすることが出来るのです。ほんとうに凄い。

以前壁に浮かぶレリーフに重なる木の陰の不思議な世界をのび太さんが描かれた絵に感動したことがありますが、のび太さんが波を得意とされる理由もなるほどそうなのか!と納得します。波も決して単一ではありませんからね。複数の波が折り重なって不思議な世界を創り出す。のび太さんはそれも見抜かれるのだと思います。

この作品はその両方を併せ持っている。まさにのび太さんの真骨頂だと思います。

益々の御活躍をお祈りします。

Gustav Klim #0FgGOaxQ | URL
2012/10/19 01:12 | edit

>Gustav Klim さん

 恐れ多く、身に余るお言葉。とても嬉しいですがちょっと持ち上げ過ぎです(笑)。でもありがとうございます。

 具象(形あるモノ)を描くのは好きですが、写真のように描く以上の表現はできないだろうか?と考えています。そういう意味では水に反映するきらめく光を描くのは好きな方なのかもしれません。
 おっしゃられる世界を追求してみるのも一つの方向のような気がしています。貴重なコメントありがとうございました。

のび太 #ff.uBqoo | URL
2012/10/19 15:01 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ