… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

輝く水辺:F8  

 輝く水辺:F8

 先に描いた絵と似たような構図になるのでちょっと迷っていたが…。
 一応これを描いてススキの絵から離れることにしよう。

 今回は意識的にいつもより淡く描いてみた。

category: ┗ 風景12年

tb: --   cm: 2

コメント

この薄野の絵 色合いが綺麗で好きです。
淡い色のト~ンの移りが夢の中の様な感じです。
水も美しい!ですね。

やはり同じ場所を愛しんで描かれると段々と悟りの境地に
誘われて(いざなわれて)いるのでしょうか。
そういう絵のように感じます。

moji #/02qLiNA | URL
2012/11/18 09:49 | edit

>mojiさん

 法事にて田舎に帰っていました。
 コメントありがとうございます。ご返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

 何度も同じような絵を描いていると力が抜けてくるような感じはやっぱりありますね。「そんなに力まなくても…」という感じでしょうか?
 それだけ淡い色彩の表現には気を使うところもありようです。淡い色彩の方が絵の具の美しさは感じるのかもしれませんね。

のび太 #- | URL
2012/11/19 20:36 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ