… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

林間の炭焼き小屋:F8  

林間の炭焼き小屋:F8

 とある公園内にこれがあった。

 何となく描いてみようかという気になった。
 小屋とその周辺に落ちる木漏れ日が心地よかったから…。

category: ┗ 風景12年

tb: --   cm: 2

コメント

のび太さんの『すすき』も木漏れ日も、やっぱり光ですよね。

歩いていて、川、というか疎水というか、その傍で、ススキと出会う度に、思います。
世界のどこかにススキを美しいと思う、もしくはススキの美しさに気付く民族は他にいるのかな?って。
いっとき、セイタカアワダチソウに乗っ取られそうになりましたけれど、今でも、ススキが咲いてくれています。
枯れても美しいススキ。触れても心地良いススキ。色も光も。

Gustav Klim #0FgGOaxQ | URL
2012/11/15 23:37 | edit

>Gustav Klimさん

 絵を描くようになってススキの美しさのようなものに気づいたような気がします。セイアカアワダチソウより遥かに良いですね(笑)。
 セイタカアワダチソウは一時勢力を広げますが、落ち着いてくると本来のススキに戻るようですね。

 いつもコメントありがとうございます。

のび太 #- | URL
2012/11/16 05:23 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ