… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

「巨匠たちの英国水彩画展」  

 巨匠たちの英国水彩画展

 12月9日までとなっている「巨匠たちの英国水彩画展」。遅ればせながら行って来た。

 かなり賑わっていて、全部を見るにはたっぷり2時間はかかるだろうと思われた。そんな状況の中、私はちょっと急いで回ったような感じ。
 個人的な印象としては、
①私たちが描いている水彩画と比べると、細密画に近いものが殆どであり、元々の水彩画とはこういうものだったのか?という感じである。
②多くが鉛筆、ペンなどを併用しているように思った。最近は絵の具だけで描くように努めているが、場合によってはもっと鉛筆やペンを活かして描くこともあって良いかもしれない。いずれにしてももっと神経を使って描くことも考えないといけないかもしれないと、ちょっと反省も…。
③全体としてみれば、やはりターナーの力が抜きんでているように思う。
④ターナーの細かなタッチを見ることができたのが最大の収穫であった。

 ただ会場はかなり暗いと思う。水彩画だから紫外線が厳禁なんだろうと思うが、正直言うともう少し明るいところで見たかった。

category: ┗展覧会・画家

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ