… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。
横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。

◆木曜教室(外スケッチだけなら受け入れ可能です。平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。)
「次回は06月22日(木)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。現在募集中です)
 希望者は平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。
「次回は06月23日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

故郷:F8  

 故郷:F8

 私の故郷は伊那谷・飯田下伊那地方。
 飯田には高校までしかいなかったが、とても懐かしさを感じる風景の一つが、天竜川の向こうに風越山を望むこうした風景。
 誰にも故郷がある。それは自分の人生、自分の心のよりどころでもあると思う。しかし、それを奪われた人々がいる。失ったのではない。奪われたと言うべきなのだ。
 その心情を思うと胸が痛い。

 そして彼らの故郷を奪った連中は、何事もなかったかのように知らんふりをして、今も高給を受け取っているのだ。これは東電のことだけを言っているのではない。しかもまだ原発を続けようと言うんだから…。
 こんな理不尽なことがあるだろうか?

*     *     *     *     *

  麗日や光沸き立つ我が故郷

#ネット仲間展tmさんが詠んで下さった句です。
 同窓会誌に向けて以下のような文章を添えました。

『故郷』 平澤薫(高17)

 故郷を離れて半世紀以上が過ぎた。
 どこに住んでいてもどんな生活をしていても時折思い出すのはこんな故郷の風景だった。それが自分の心のよりどころでもあり、自分のこれまでの人生を支えてくれたことを思う。こんな故郷があることを本当に幸せに思う。

 しかし一方、そんな故郷を理不尽にも奪われてしまった人々がいる。その心情を思うと胸が痛い。
 私たちは、そのことを、そしてそれでもなおこの国は何も変えようとしていないということも忘れてはならないと思う。

category: ┗ 風景13年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ