… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

陰影の表現は難しい  

 絵を描いていると、いろいろな難しさに出会います。その中で最も難しいことの一つが陰影の表現ではないでしょうか?
 陰影は、絵全体のバランスに係わってくる要素ですから、それだけに微妙な表現が求められるように思われるのです。

【陰影の重要性】
 陰影の表現は、画風に密接に関わってくると言います。
 それは陰影の色彩表現のみならず、明かるい部分と陰影部分の明度差が、絵全体のトーンを決定づける重要な要素であるということにも関係していると思います。

 ものの陰と影は、それを作り出す素材によっても、光の反射の具合によっても異なります。それをどう表現するかは、特に私のように、風景画で空間(奥行き)表現を大切にしたいと考えているものには、特に重要だと思われるのです。私にとっては、多分、永遠の課題でしょう。

【表現方法について】
 本当に未熟で恥ずかしいのですが、私なりの考え方・方法です。

・グリザイユ
 奥津国道氏は、モノトーン陰影を描くグリザイユ法が陰影表現に適していると書いています。私も最初試みてみましたが、グリザイユに素材の色を単に重色しただけでは、材質感が適切に表現できないような気がして納得できませんでした。特に、緑の陰影は単なるグリザイユでは無理だと判断しました。

・絵の具を混色して使う
 パレット上で適切な陰影の色を作り出し、それで陰影表現をする方法も、考え方としてはあると思います。しかし恐らく、これだけで、陰影に必要な階調表現をすることは難しいでしょう。この方法にこだわって、多分良いことはないと思います。
 私の場合、最暗部の色彩を作り出した時、絵の具がチョコレートのようになってしまったこともありました。これでは、とても気に入った色になりません。

・グリザイユを考慮した重色(最近の私の方法)
 説明しないとわかりませんね。私が最近意識している方法です。

 陰影の場合にも、基本的には、明るい色彩から着色していくことはどなたもそうしていることでしょうが、私の場合特に意識していることは、陰影のトーンを少なくとも3段階程度には捉えること、植物等の色彩(寒色系)と木材・石材等の色彩(暖色系)は陰影のベースとなる色彩を変えることです。
 濃い陰影の表現は、そのベース色に素材の色を混ぜながら色調を整えていきます。薄い陰影の場合には重色表現を行う場合もあります。
 具体的には、暖色系、特に無機質な素材の場合には、セピアを基本にし、それに若干の混色したものをベースにグリザイユ法を用いることが多くなっているようです。それに対して、寒色系(基本的には、水面とか緑ですが)の場合には、グリザイユ法は殆ど用いません。あまりに色変化が微妙であり、それを表現することこそが、絵画の面白さのような気がするからです。ですから、この場合には、素材色+他の色との混色(または重色)を行い、微妙な色調の変化を作り出すように考えながら描いていることが多いようです。

 これが適切な方法なのかどうかわかりませんが…。

category: ┗技法

tb: 0   cm: 6

コメント

平沢様 伊豆湯ヶ野温泉の風景画拝見いたしました。出来栄えも勿論ですが、多趣味なことに驚きました。骨折の具合は如何ですか??、早く直してテニス復帰してください、マッテマス。

倉林 則夫 #- | URL
2005/10/11 11:57 | edit

陰影はホントに難しいです。陰影が描けませんと、立体感がなかなか出ませんよね。私も以前、奥津氏のグリザイユを真似して、なんとも奇妙な絵ができあがったことがあります。ま、マネのように、陰影を無視して描く手もあるんですが。v-16

チマルトフ #H3kEyMOM | URL
2005/10/11 15:10 | edit

 倉林様 こちらに登場されるとは思いませんでした(^^ゞ。

 そう、テニスの合間にこんなことをやっています。
 仕方なく、しばらくテニスはご無沙汰ですが、復帰して、相手にしてもらえないんじゃないかと密かに心配しています。
 少しでもできるトレーニングをしていないとね。(^_^)v

via_aj #- | URL
2005/10/12 00:22 | edit

 チマルトフさん 度々コメントありがとう。
 陰影はやっぱり難しいですが、絵は2次元の表現でも色彩だけで勝負するのはもったいない。立体的な表現にも挑戦してみたいですね。
#私にはさすがに、時間的な表現まではちょっと…ですが。

via_aj #- | URL
2005/10/12 00:25 | edit

陰影とか色彩とか

陰影とか色彩とか難しくて分かりません出来ません。それなので線で描いて、色は適当に塗り光の濃淡や影は無視、という事で絵手紙風と称して厚かましくも描いています。

山田t #nazA6ICI | URL
2005/10/19 22:26 | edit

 なるほどそういう考え方もありますね。
 私ももっと気楽になって良いんですけどね。
#肩肘張っているんでしょうね。

via_aj #- | URL
2005/10/19 23:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/153-c6c5cf32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ