… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

教室No9・戸塚区民文化センター/坂の街:F6  

 19日は戸塚区民文化センター。室内の教室です。
 現場で描く教室をしていると、皆さんの絵を見ながら具体的な話しをできる時間がもう少しあると良いと思ったりします。そして、絵についての技法やら私の考え方などをお話しする時間が欲しいと思うようにもなりました。そこで、今季からは月に1回、室内で教室を開催することにしたのです。

 というわけで、まずは建築や町並みの描き方の講義からです。
 この問題の重要なポイントは次の点にあります。
◆自分の目の高さはどこにあるか?(そこに仮想の水平線HLを引きます)
◆建物の消点VPは全てこの仮想水平線上に交わること。
 (消点とは、建物の窓の上下や屋根の庇など水平の部位・部材を延長した時にそれが結ぶ線のことです)
 #友人からいただいた画像を無断申し訳ありませんが使わせていただきす。

 130723

というようなことを図解で説明したのですが…。作図法を基本にお話ししたので、初めての方にはちょっと難しかったかもしれません。
 そして、やはり実際に描く場面を見たいということなので、鉛筆の下絵の描き方、着彩の仕方などを急いで見てもらいました。
 こうして、実際に皆さんにお話ししながら自分が描いていくということも、とても大切な勉強になるのです。
 この日は間違えていつものホルベインの絵の具セットではなく、シュミンケの絵の具セットを持って行ってしまったので、着彩のイメージが戸惑ってしまいましたが…(笑)。実は、最近、自分の課題として、色を重視しているのです。徐々にシュミンケの割合を増やしていこうか…などと考えています。

 さて、皆さんに描いていただこうと思った風景はこちら。町並みに坂道が加わっているので最初からかなり難しい課題だったかもしれません。初めての人もいましたが、皆さん頑張って描いてくれました。

 私の絵は、こんな感じでようやく仕上がりました。課題写真と並べてみます。

 130723 130723
 
 さて、気になっていた選挙が終わりましたので、これからはもう少し私自身が絵を描く時間を増やしていこうと思っているところです。

category: ●教室について

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ