… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「小島新田(運河)は11月3日(金)」に延期しました。
「次回は10月27日(金)代々木公園」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

新イーゼル試案(検討中)  

 大型の台風26号が各地に被害をもらたして去ったと思ったら、続いて台風27号、28号がゆっくり列島に近づいています。
 天気予報では午前中雨でしたので、おちついて絵を描くのは難しいと判断して、昨夜次週に延期を決定していました。

 さて、今日の天気は結構明るい曇り空、なかなか雨が降りそうもありません。今日ほど雨が欲しかったことはそうそうありません(笑)。
 昼頃ようやく雨が降り出して少しホッとしました。今日はやっぱり延期にして良かったと…。
 
*     *     *     *     *

 今まで、いくつものイーゼルをその都度作ってきました。
#これは「お道具マン」としての私の趣味でしょうかねぇ。(笑)

 例えばこんなものが…
・簡便なイーゼル(202年10月12日)とそれ以前のものの紹介
#恥ずかしながら、これは今までいじってきたもののほんの一部にすぎません。(笑)

 最近はこの簡便なイーゼルを使うことが多いのですが、これを三脚に固定する部分が出っ張っていて、持ち運ぶ際に結構邪魔なんです。
 私自身はブロック紙を使っていますので、水彩紙そのものに結構な強度があります。だから、水彩紙だけを支えられれば良いんです。そんなことが今回の何回目かの構想の発端にあります。

*     *     *     *     *

 こんなわけで、今回は、今までの経験の中から、使っていて安心感があり、満足度が高かったイーゼルをもとに、改めて写生サイズとしてのものを構想することにしました。

 現在、こんなことを考えているところです。ラフスケッチです。
 今後、部材を吟味しながら11月中(あるいは年内?)に完成させられたら良いな…と考えています。
#もちろん、10月22日の記事の部品も使う予定です。

 注:全体の厚みはせいぜい15mmくらいですね。
   図中左上の説明に「2cmくらいの空間が生まれ」とあるのは「1cmくらい」に訂正しておきます。
   見直すと、結構誤字・脱字も…(^^ゞ。

 131024画具試案

PS
 このアイデアでは特に以下の点を考慮すべきだと思います。念のために…。
◆三脚にエツミ部品で締め付けた後に水彩紙を載せることになるため、どこで留めるかが問題となります。そのため、現在使用のものは、枠木に水彩紙に合わせたメモリを記しています。
◆部材が多いため、あまり重くならないように注意した方が良いでしょう。あくまでも持ち運ぶものですから…。

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ