… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「小島新田(運河)は11月3日(金)」に延期しました。
「次回は10月27日(金)代々木公園」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

横浜の町並み:F4  

横浜の町並み:F4

 横浜に住んでいて、横浜の町並みを描かないのも片手落ちってものですね。
 そんなわけで、本日はそれほど時間をかけずに、気になっている建物を描いてみました。
 
 最近は、どこの町でも歴史的建造物が保全されるようになってきています。
 横浜市は、文明開化以降の建物が比較的多く町中に残っており、それが町に良く溶け込んだ豊かな景観を形成しています。
 もちろん、市でも比較的早い時期から「都市デザイン室」を設置し、町のデザインを政策的にも重視してきたのですが、その役割には、新しいまちづくりのデザインだけではなく、このようにあちこちに残る歴史的な建物が町の中にしっくりと溶け込んで存在するようその環境を保全・整備することも含まれているのです。

 この建物は、間口が狭いながらも、その存在感は際立っており、近くを通る度に気になっていたものです。近くに寄ってみると、比較的新しい建物のような作りになっていました。「シニアブライアント倶楽部馬車道」とのサインが出ていました。

・コットマン(maruman)/F4/中目(緑表紙)/紙厚不明
・本日は、建物を際だたせるために、対象の建物だけを着彩してみました。
・また、手前の建物の陰をわざわざ入れたのは、絵が平板になるのを避けたかったからです。

category: ┗ 風景05年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ