… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

◆木曜教室
「次回は 03月08日(木)戸塚公会堂 (皆で同じ風景を描く)」です。(1月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 03月09日(金)次太夫堀公園」です。(1月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

私のULTS  

 「ULTS(Ultra Light Tea Set)」…こういう言葉があるようです(笑)。
 最近、ヤマ用品にちょっと凝っています。
 絵を描く時、その場で食事も出来てしまったらどれほど良いだろう。その場で一晩過ごせたらどれほど良いだろう。そんな気分が高じてしまったようです。
 そしてまずは、その場で暖かいお気に入りの飲み物を飲めたら良いな…というので、自分用のセット「ULTS(Ultra Light Tea Set)」を作ってみました。
 それがこれです。簡単そうに見えても、いくつかこの手のものを経験してみての結論です。

 140717 140717

 中に入っているものはこんなもの(左写真)。もちろん飲み物によって中に入れるものが違ってきます。
 そして右写真がアルコールストーブの詳細です。2重になっています。ここが重要なのです。
 コップが2つあるので、一つはアルコールストーブの火を消すためにも使えます。
 何故ボトルが2つあるのか?それはコップに余裕があったこともありますが、フィルムケースの方は、余ったアルコールを入れておくためのもの。ミニマムセットでもあるんですから、あくまでもケチケチ行きましょう(笑)。

 ちなみに、これが、今現在私が最もお薦めする「簡単に作れてかつ効率的なアルコールストーブ」です。

 140717 140717

 これらでお湯を沸かして、お好みの飲み物を楽しみたい(使用する場所に注意することはもちろんです。)…という本当にささやかな楽しみです(笑)。
 燃料はアルコール。条件が悪くても15ccで300ccの湯を5分ほどで沸かすことが出来ます。ちなみにフィルムケースで2回分、ボトルが3回分くらいでしょうか。
 使う時は左写真が基本。大抵の場合、風がありますので風防をつけます(右写真)。何回か使っているので既に焼き焦げていますが…。

 140717 140717

 以前ご紹介したものより随分コンパクトかつ効率的になりました。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ