… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

舞岡公園にて(小谷戸の里):F4  

舞岡公園にて(小谷戸の里):F4

 ここは「横浜市舞岡公園」内の小谷戸の里です。この地区での様々な活動を行う「やとひと未来」の事務局となっています。ケヤキの枝を通して見えてる茅葺きの屋根は明治後期の古民家(平成7年移築)だそうです。

 舞岡公園は、小さな谷戸の地形をそのまま残して公園として整備した場所であり、水田、畑等の農業環境をそのまま保存しながら、そうした体験を可能とすることを特徴としています。全体として開かれた空間としては小さめなので、絵にする気分にはなかなかならなかったのですが、この小谷戸の里の空間はちょっと絵にしてみたい気分になっていました。
 通常なら古民家を絵にするところかもしれませんが、ふと見るとケヤキの足元に「リヤカー」があります。それが私の郷愁を誘い、絵にするならまずはここと思ったのです。

#正直言って、最近の取材の一つ、舞岡公園を描いておこうというちょっと義務的な気分で始めてしまいました。ちょっと反省しています。
 
・コットマン(maruman)/F4/中目(緑表紙)/紙厚不明
・やっぱりこの紙はもう一つという印象があります。
・先の絵が、夏の日差しを意識しすぎた傾向があり、ちょっとやりすぎたかな?と思ったりしたので、本日は、少し控え目にしたつもりだったのですが、いかがでしょうか?
・先の絵もそうですが、こうした風景はF4で描くのはちょっとチマチマしすぎですね。

category: ┗ 風景05年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ