… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月24日(木)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月25日(金)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

室堂から西方向を見る:F4アルシュ  

室堂から西方向を見る:F4アルシュ

 今度は、室堂から大汝山の反対方向、つまり富山市側を見たところです。

 右手に見えるのが大日岳(この右手に奥大日岳がありますから)、左手は山頂を見せていませんが、天狗山でしょう。富山の市街地は遠く霞の彼方となっています。
 建物は、立山高原ホテル(手前)と、天狗平山荘でしょう。

 ご覧いただくように、ここ室堂は、回りを山々に囲まれたちょっとした別世界なのです。そんな雰囲気を判っていただけるかもしれないと、反対側の風景を描いてみました。この開放感は格別です。
 特に、こんな天気の日には下界を忘れてしまいますね。

・アルシュ/F4:26×36cm/中目/300g/ブロック/白色
・ペン画の方が良さそうだという感想があったので、今回はペン画主体で描いてみました。しかし、前回よりちょっと控えめにペンを使っています。また、山の稜線は鉛筆にしてみました。要するにあまりこだわることはないと考えたのです。適宜使いこなしていけばいいだけですから…。
・この水彩紙は、色味は白いのですが、絵の具を乗せた後は、色が落ち着くというか、見込みより渋くなるようです。

category: ┗ 風景05年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ