… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

軽量のティーセットと炊飯セット  

 今日の話題も「絵」とは直接関係ありません(笑)。

 以前、ULTS(ウルトラライト・ティーセット)を紹介したことがありました
 最近はさらに軽量化・コンパクト化しています。昨日は、昼食時にこれで味噌汁を作っていました(笑)。

 この缶はダイソーで購入した灰皿。もちろん100円+消費税です。

 141031 

 中にはこんなものが入っています。
#インスタント味噌汁を補充しておかなくちゃ(笑)。

 141031 141031

 これをこんな風に使って湯を沸かすのです。およそ300CCが5分弱でしょうか?アルコールは15CCもあれば十分です。
#もちろん、使用環境には十分配慮していますので気になる方もお見過ごして下さいますよう…。m(__)m
 なお、ウルトラライト・ハイキングを実行している人は、炊飯装置としてこのような湯を沸かす装置だけで行動するようですね。

 141031 141031

注:この灰皿は「水を入れてのご使用は絶対におやめ下さい」との注意書きがあります。水が少し漏れるのです。
 私は、オートウェルドで水漏れしないようにして使っています。


*     *     *     *     *

 ついでにこんなものも紹介してみましょう。

 最近、米食が身体に良いということを知ったので(本当は玄米のビックリ炊きというのをしてみたいとも思っているけど…)、弁当が欲しい時など、時々こんな感じでご飯を炊いたりしています。
#上記のセットでも一合くらいならご飯を炊けないこともないのですが、こちらの方がはるかに簡単で確実です。
 弁当箱のように見えるのは、山好き、キャンプ好きの人にはお馴染みの「メスティン(小)」というもの。これで簡単にご飯が炊けるのです。なお、三角のものはおにぎりケースです。
 これでご飯を炊くのに、多くの人は「ポケットストーブ」を使っているようです。私も当初は「ポケットストーブ」を使っていたのですが、慣れてくるにつれて、どんどん簡便になってきました。手作りの「アルコールストーブ」と「風防兼五徳」です。
 
 141031 141031

 こんな具合でご飯を炊きます(左写真)。
 「ウコンの力」から作ったこのストーブに7~8分目ほどアルコールを注いで、この上にメスティン(1.5合の米と水300ccを入れて20分ほどおく)を置き、着火。そのまま放置して35分(15分ほど炊飯、20分蒸らし)ほどでして朝食という具合です。これを称して「ほったらかし炊飯」と言います(笑)。
 半分は朝食、残り半分は昼食のおにぎりになります。このおにぎりケース2つに丁度入ります(笑)。

 141031 141023

 10万円もする炊飯器でご飯を炊くのも良いでしょう。しかしこんな装置でおいしいご飯を炊くことが出来るということを知っておくのも悪くないでしょう。いざという時にも十分対応できます(笑)。

 こうして簡便な装置でことが足りてしまうことを経験すると、これまでどれほどいらないものに囲まれて生活をしてきていたか…なんてことを考えたりします。

category: ┗その他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ