… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。
横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。

◆木曜教室(外スケッチだけなら受け入れ可能です。平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。)
「次回は06月22日(木)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。現在募集中です)
 希望者は平澤「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」にご連絡下さい。
「次回は06月23日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(4月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

お絵描きセットのリュックへの収納  

 最近、外で絵を描くための装備が定まってきたようです。最近はこんな感じになっています。

 141116

 私のお絵描きリュックはF8が入る物ですが、今は上記のものに加えて例のULTSが入るようにしています。一人で描くこともあるからです。さらに、昨日加わったフィールドホッパー ST-630もありますので、今日は、それらを効率よく納めようと、いつもの段ボール工作をしてみました。

 大枠の箱は今までのもの。リュックの中で小物がばらけるのがイヤでまず形を決めてしまっています。
 今日はこれに箱上に乗っているULTSを入れるよう、奥に小さな棚を作りました。その下は水と水入れです。手前に牛乳パック入りの筆が入ります。家でも外でもいちいち入れ替えたりするのが面倒なので筆のセットはこれが基本です。
 箱の上に蓋がかかっているのは、買い物した物をこの上に置いたりするので、筆の穂先が痛まないように…というつもりです。

 141115

 筆を押し込んで、さらにパレットとST-630、それにパレット台に差し込む水入れ受けを入れています。

 141115

 今日はこれに小物入れの箱を作りました。
 上部には、コーヒー用の水、下絵用の鉛筆、練り消し等の小物。下部にはクリップや背の低いめったに使わないホワイトのビン、そして布巾(私の場合には雑巾のようになっていますが…(笑))などが入ります。
 わざわざ出し入れできる箱にしたのは、もちろん出し入れのしやすさと、外枠の箱の強化の意味もあってのことです。

 141115 141115

 それらが一つの箱に収まり、F8用リュックの中にはこんな風に収まります。
 大枠の箱の向こう側にはパレット台。イス(持参しない場合もある)など。
 右側のポケットには三脚・傘などが入ります。左側にはイーゼル台、iPad、その他書類、そして 大きなS字金具を入れています。これは電車の中でリュックが倒れないよう引っかけておいたり、風の強い日などにイーゼルが倒れないようリュックを三脚のオモリにしたりするためです。
 こうやって物が収まる場所が決まっていれば忘れ物もしなくて済むかもしれないと期待しているのですが…。確かに最近忘れ物が少なくなりました(笑)。
 
 141115 141115

 いずれにしてもこれが背負える限界かもしれません?いつまでこのスタイルでお絵描きができるか…。

*     *     *     *     *

 そんなことをした後、昨日の絵を完成させました。

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ