… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

信州の旅  

 鎖骨骨折の経過の心配はあるのですが、実はこの週末、実家に用件があって、信州の実家に帰ってきていました。

 せっかく実家に帰るので、ついでに車であちこちを回ってきました。主な場所は以下のとおりです。
 今は紅葉の季節。まさに紅葉の中を移動してきたもので、久しぶりに気持ちの良い旅でした。
#この週末の診断は心配ですが(^^ゞ。

大王わさび農場大王わさび農場
 ここでの最大の目的・三連水車は、既に先客が数名いて絵を描いていました。おまけに中央の水車小屋の屋根は修復中。
 しかも、もっとも良いアングルは、通常人が入れるところでは得られません。奥津国道氏の描いた絵は、写真の右手に見える中州から描いたものなのですが、ここに入るには多分許可がいるでしょう。しかも、数百メートル上流から分け入って来ないと入れそうもありません。本当にこれを描こうとすると、なかなか難しいことになりそうです。しかし、もしかしたら将来無くなるかもしれないこの水車を見られたのは嬉しかったですね。
 ここは、自然を生かしながら、丁寧に作り込んであるので描きたい場所はいろいろあります。思ったより、こじんまりしていましたが…。

碌山美術館碌山美術館
 残念ながら逆光でしたので、写真は、絞りを開放したのですがちょっと開けすぎました。

安曇野ちひろ美術館から安曇野ちひろ美術館
 岩崎ちひろ氏は、絵画生活30年間に9300枚の絵を描いたとか。年約300枚ということになります。ほとんど毎日1枚は絵を描いていたということでしょう。
 絵は、やっぱり水彩画が秀逸です。
#写真は、ここからの風景です。

妻籠宿妻籠・大妻籠
 ここは30年ほど前に訪れたことがあります。当時は、町並み保存をして数年ぐらいの時期だったと思います。今では、よく知られていますが、実はこの近くに大妻籠というものもあるのです。今回は、そこも見てきました。

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 3

コメント

調子はいかがですか

その後いかがですか。
早い復活を期待しております。

岩崎ちひろの絵をナマで見ていないんですよ。
というか、プロの水彩のナマ絵を見たことがない。
んー。見たい。たぶんタッチを見るだけで勉強になるだろうなあ。

のほほん父さん #- | URL
2005/11/17 23:06 | edit

ありがとうございます。
18日に医者に行くのですが、その時にハッキリすると思います。
#もう少し我慢するか、リハビリに入れるか、ですね。

岩崎ちひろの美術館は練馬区の方にもありますが、のほほん父さんはどちらが近いんでしょうかね。
それにしても、達者なものでした。改めて感心してきました。

via_aj #- | URL
2005/11/17 23:29 | edit

まだでした残念

 本日の検診では、レントゲン写真を見ながら…。
 骨が形成されつつあるのですが、まだ不十分ということでしょう。また来週までギブス代わりの包帯をしたまま経過を見るということになりました。
 残念。

via_aj #- | URL
2005/11/18 13:32 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ