… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

透明水彩会展のワークショップ:横浜港の小舟:F6  

 透明水彩会展のワークショップ:横浜港の小舟:F6

 本日は、透明水彩会展と並行して行われたワークショップです。
 キャンセルされた方もいらっしゃいましたが、何とか会場一杯の中で実施することができました。

 今回は、(鉛筆の下絵無しの)簡単なアタリだけで描き始めてみました。
 このワークショップの狙いは、大きく言えば以下のようなものでした。
①初心者が陥りがちな、形にとらわれる描き方からいかに脱したらいいか?
②徐々に絵を仕上げていくという方法をどのように伝えられるか?

 時間が乏しいのでいつもより遥かに手早く描かないといけません。
 そして、私の描き方はマスキングやスパッタリング等の「技法」を使うものではなく、どのようにイメージを表現するかの「技術」と言うべきもの。そして手順よりもポイントポイントで使うテクニックや表現方法にあると思いますので、それを見て、自らも体験して欲しかったのです。

 しかし、実際にはなかなか上手く行きませんでした。
 皆さん、自分の描き方を変えるのはとても難しいもののようでした。ただ、そういう描き方を体験していただければ自分の今後の描き方に少しは自由さが益してくれるかと…期待したいと思います。

 今日の絵は、自分が納得するところまでもって行くにはもう少し手を入れる必要があるのですが、今日のところはそのままアップしておきます。
 ということで、ワークショップ終了後のままの絵が下のもの。上記の絵はその後手直しして、自分なりに完成させたものです。

 透明水彩会展のワークショップ

*     *     *     *     *


 なお、元になった写真見本として見ていただいた過去の絵はこちらです。

 160424 160424

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ